ショットメーカーの技

【ゴルフの裏ワザ】 FWでグリーンを狙う

投稿日:


 

今どきのFWは、難しい3Wを使わなくても5Wなら、ヘッドスピードが40m/hで190ヤード前後の距離が打てます


テイーショットのミスをカバーしたり、打ち上げのセカンドでボールを上げたい場合には、FWが最適です


UTとの比較では、UTはアイアンとFWの中間という位置づけです、ヘッドスピードが速いならUTを選ぶ選択肢もありです

 

 



ロングアイアンよりもシャフトが長く、ヘッドの体積が大きいが
簡単に球を上げることができることができるのがメリットです



ボールのポジションは、真ん中だったアイアンのボールの位置は、クラブが長くなるにつれて少しずつ左足寄りになっていくのが、正しいボールのポジションです。


FWを正確に飛ばすには、まずは芯をとらえることです

1.  100ヤードだけ打つ フェース面を真っすぐにあてる
    4時、8時でOK

2.  150ヤード 芯でこれを打てればOK

FWは滑らせる意識が強く、苦手な人はすくい打とうとしたり、払い打とうとします。

 

そうではなく、むしろアイアンのように上から打ち込み気味にダウンブロー

に打てば、球は上がるのでおすすめです。

アイアンよりクラブのシャフトが長いので、短く持てば打ちやすくなります。

 

セカンドが180ヤード以上あり、しかも砲台でグリーンが高い位置にあるような場合は、高い球で上から落とすイメージです。

 

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国のゴルフアカデミーが、アドレスをプロとアマで比較していました。

米国のゴルフアカデミーが、プロとアマのアドレスを比較していました。 調査した結果、アマのショットが安定しないのはショットごとにセットアップが変わってしまうせいもあるが、多くの場合セットアップそのものが …

【ゴルフの裏ワザ】 ピンまで30ヤード 下はベアグラウンド

ピンは狙えますが、ボールはベアグラウンドの上。 バンカー越えで少し打ち上げです。 ピンまでは30ヤードといったところです。   バンカーがなければ、グリーン手前から転がしていけます。 8I、 …

懐を広くしてクラブの通り道を確保する

70台のスコアが年2、3回くらい出るような、Aクラスの人でも、「アウトサイドインのスイングで飛距離が伸びないことを自覚しているし、もっと掴まったボールでショットを安定させたいと思っているものです。 ま …

ヒッカケはバックスイングが原因でした

      プレーの後半、疲れてきてバックスイングがまともに上がらなくなったり、年齢とともにトップの手の位置が下がってくると言われていますから、インサイドに引きすぎたりし …

ドライバーをゆっくり上げるのは、もうそろそろやめたほうがいい

少しゴルフがわかってくると、ボールを飛ばすのは腕力ではなくシャフトのしなりだということを理解するようになります。 軽く振ったのに飛んでいるとか、腕に力が入りすぎてスイングスピードが落ちたとかを感じるよ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス