ショットメーカーの技

【ゴルフの裏ワザ】ゆっくり振れますか

投稿日:2020年8月4日 更新日:


 

 

上達に行き詰まっている人に、オススメなのはゆっくり振るという練習です。

スイングをゆっくり振るのは意外に難しいものです、全力で速いスピードで振るよりもゆっくり振るほうが難しいはずです。

 

理由はコントロールが難しいからです

 

インパクトで大切なことは、クラブの芯であるスイートスポットにヒットさせることです。

しかしこのスイートスポットは、クラブにもよりますが大きさが1.5センチから2センチととても小さな範囲です、ここに的確にヒットさせるには、ゆっくり振る練習が効果的です。

 

たとえゆっくり振っても、なかなかスイートスポットに命中させることは簡単ではありません。

 

なぜゆっくりスイングがいいのかというと、一つにはグリップが柔らかく使えるようになるという点です、つまり早く振り抜こうとする時よりも力まなくなります。

 

そのため柔軟なグリップでスイングができ、結果的にヘッドスピードのアップにも繋がり
ます。

 

実際の練習法

 

イボミプロは始動から切り返しまで全く右膝が動きません、これは安定した下半身が存在する証拠で、上半身との捻転を生み出す根源になっています。

 

この捻転のゆったりとした戻りが加速するスイングのスタートとなっています。

インパクトに向けて体の正面でクラブヘッドが両腕を追い越していきます、それはムチの
ようにしなやかでするという動きです。

ムチは振る腕を止めた瞬間、パチンと音が鳴ります、腕を止めるから鞭の先が加速するのです。

 

 

クラブヘッドも同じです、両腕の動きがゆっくりであればあるほど手首の返しによるクラブヘッドの速度は増しビュンとなります。

アプローチの時、腕がゆっくり前方に動けば柔らかい球筋、腕が動かず体の前で手首がクルッと回ればスピンの利いた強い球筋になります。

これと同じで、力まないゆったりした両腕の動きは、下半身のリードで生まれます。

そのリードは右腰の押し込みがあるからできるのです、その右腰の押し込みは右膝の送りがきっかけとなっています。

では右膝の送りはどこから生まれるのか、それは左足親指がしっかり地面をつかんで
いるからです。

下半身をゆっくり動かせばゆっくり振れます。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

早くからフィンガーストロングにしておけばよかった、 レイトヒットはこれだ

レイトヒット   上手い人ほど、手首が動いていないように見える ボールを強く正確に打とうと思うなら、可能な限り長く手首のコックをキープしなければならない。 あなたの目指すものはレイトヒットで …

コックを増やせば、ヘッドスピードも上がる

    ボールを、さらに強く正確に打とうと思うなら、可能な限り長く手首のコックをキープしなければならない。 ヘッドスピードを上げるには、レイトヒットとミート率を上げなければならない …

【ゴルフの裏ワザ】タメがキッチリ出来たらもっと飛ぶ

          ダウンスイング時は、しっかりとインパクトするためにクラブヘッドに意識が行きがちですが、グリップエンドの向き次第で、ヘッドの入射角度 …

ビハインド ザ ボールは、何度言っても言い足りないくらいだ

ビハインドザボールボールは古くから言われている 鉄則です、正確に言うと頭をボールの後ろに止めるわけですが、パワーを増加させたければ下半身をもっと活発に動かせと言われたことがあるはずだ。 しかし足と腰を …

忘れがちなんですよね ハンドファーストなインパクト

プロや上級者に必ずできていること、それはインパクトでハンドファーストになっている事実です。 まさに、ベストゴルファーになれるかどうかの分かれ目となります。 ハンドファーストインパクトができるようになる …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス