ショットメーカーの技 未分類

【ゴルフの裏ワザ】アイアンのライン出し上級編

投稿日:


ピンを真っすぐに刺すようなアイアンショット、『ライン出し』ですが、我々が打とうとするとどうしても、マン振り、打ち込みで叩きつけるようなショットになってしまいます、でも、プロの『ライン出し』はちょっと違うのです。



ライン出しは、まず、

①スイング中にクラブが必ず体の前にあるように7~8割で振ること。

そして、②スイング中は手首の角度をなるべく変えないように、体の回転で打つことです。

これで余分なスピンがかからず直進性の高い弾道になります。



ダウンスイングで振り遅れたり、インパクトで体が止まって手首が返りすぎると、体の正面からクラブが外れてしまう。

これではインパクトが安定せずにスピン量も一定しないため、曲がりが多くなってしまうのです。



ライン出しはインパクトゾーンを長く、フォローを低く抑えることで、通常よりも上下・左右の余分なスピン量が抑えられ、低弾道で直進性の高いショットになる!

 



目線を低く抑えることで、長く・低いフォローを取るようにします。

パンチショットとライン出しは違います

パンチは強く、ライン出しは長く低く打つ。

パンチショットというのはライが悪い時などに、インパクトを強く打っていくというケースが多いので、どちらかというとスピン量は多めです。



それに対しライン出しは、インパクトゾーンを低く長く出し、スピン量を少なくすることで、球のフケ上がりや、左右へのブレを抑え、直進性の高い球筋になるのです。



ドロー&フェードでライン出し

ドローもフェードも球の位置と打ち方は一緒。スタンスを変えて打ち分ける。

直進性が基本のライン出しだが、プロには横風などに対してはフェードやドローなどでラインを出していくテクがあるそうです

これは、高等テクニックで難しすぎますね

-ショットメーカーの技, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

絶体にヘッドアップしない方法

    レッスンでは頭を動かすなとか、ミスの原因はヘッドアップとか とかく頭が動きすぎたことが原因で、ミスと言われるケースが多い。   しかしやっかいなのは本人に、自覚があまりない …

【ゴルフの裏ワザ】腰が回らないとお嘆きの貴兄に

ゴルフでは、腰をキレだとか、腰を回せなどよく言われますが、腰自体はなかなか思うようには動かないもの 案外と、全身の力を上手く使えるようになるにはお尻の使い方にコツがあります。 「ボディターン」ではなく …

両腕が伸びたフォローがとれないとスイングプレーにのっていないかもしれない

インパクトで両手を伸ばす プロの伸ばされた両腕による長いフォローはライフル銃のようです、アマは瞬間折りたたみ式拳銃、それも短い女性用ピストルという感じです。 プロのスイングですと、彼らの打ちたい対象は …

軽く振ってるように見えるのに飛んでるドライバー

    プロゴルファーのスウィングを見て「なんであんなに軽く振っているのに飛ぶんだろう」と感じたことはないでしょうか、。 アーニーエルスやフレッドカプルスは、エフォートレスつまり努 …

バンスを滑らせるにはコツがあった

    ウエッジでアプローチをするとき、芝の上にボールが載っていて、少し浮いている状態なら安心して打てますが、刈り込まれて極端に短い芝やベアグラウンドに近い、ライの悪いときなどは慎 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス