ショットメーカーの技 未分類

【ゴルフの裏ワザ】アイアンのライン出し上級編

投稿日:


ピンを真っすぐに刺すようなアイアンショット、『ライン出し』ですが、我々が打とうとするとどうしても、マン振り、打ち込みで叩きつけるようなショットになってしまいます、でも、プロの『ライン出し』はちょっと違うのです。



ライン出しは、まず、

①スイング中にクラブが必ず体の前にあるように7~8割で振ること。

そして、②スイング中は手首の角度をなるべく変えないように、体の回転で打つことです。

これで余分なスピンがかからず直進性の高い弾道になります。



ダウンスイングで振り遅れたり、インパクトで体が止まって手首が返りすぎると、体の正面からクラブが外れてしまう。

これではインパクトが安定せずにスピン量も一定しないため、曲がりが多くなってしまうのです。



ライン出しはインパクトゾーンを長く、フォローを低く抑えることで、通常よりも上下・左右の余分なスピン量が抑えられ、低弾道で直進性の高いショットになる!

 



目線を低く抑えることで、長く・低いフォローを取るようにします。

パンチショットとライン出しは違います

パンチは強く、ライン出しは長く低く打つ。

パンチショットというのはライが悪い時などに、インパクトを強く打っていくというケースが多いので、どちらかというとスピン量は多めです。



それに対しライン出しは、インパクトゾーンを低く長く出し、スピン量を少なくすることで、球のフケ上がりや、左右へのブレを抑え、直進性の高い球筋になるのです。



ドロー&フェードでライン出し

ドローもフェードも球の位置と打ち方は一緒。スタンスを変えて打ち分ける。

直進性が基本のライン出しだが、プロには横風などに対してはフェードやドローなどでラインを出していくテクがあるそうです

これは、高等テクニックで難しすぎますね

-ショットメーカーの技, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフクラブ】すぐできる!ピンそばに、ピタッと停まるアプローチ

  中上級者ならできる、スピンをかけてピンそばに止めるショットでは まず、自分が得意としている最適クラブを選ぶことです セットクラブのSWならバンスが大きいので難しくなります 一番アマで多く …

アプローチでどうしても、柔らかくは打てずにパンチが入って、強くヒットしてしまう人に

結論ですが、アプローチで強く入ってしまう理由は、コックをつかうからです。 アプローチでは体重移動をせず、大きなコックを使わずに、腕のストロークだけで打つようにします。 イメージとしては右手で転がす感覚 …

コックを増やせば、ヘッドスピードも上がる

    ボールを、さらに強く正確に打とうと思うなら、可能な限り長く手首のコックをキープしなければならない。 ヘッドスピードを上げるには、レイトヒットとミート率を上げなければならない …

腰を切れば絶対に飛ぶ

腰を切れば、飛距離が格段にアップするのは分かっているが、速く簡単には回ってくれないのが腰です。 ゴルフの“腰を切る”とは… イメージは腰のセンターを中心にして左腰が背後に回転し、右側が前方に回転する動 …

【ゴルフの裏ワザ】軽く振って飛ぶショットとは…

      米国のインストラクターが言う軽く振って飛ぶ麻薬とは それは、なんでもないホール、まるで各駅電車の通過駅のような、なんでもない ホールで起こる。   …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス