キレるアイアンショット

【ゴルフの裏ワザ】アイアンをうまく打つにはコツがある

投稿日:2020年7月14日 更新日:


一昔前には、プロたちはわらじのようなターフを飛ばしていました、尾崎や青木の時代です

さぞや手首への衝撃も大きかったことでしょう、しかし最近はクラブの進化でレベルブローが主流となっています。


もちろん、地面にあるボールを打つのですから、ヘッドの最下点がボールの先に来るダウンブローなインパクトゾーンにはなります。

ターフは「とる」ものではなく、「とれてしまう」ものなんですね。


クリーンに払い打つイメージでちょうどダウンブローになり、上から打ち込んでターフをとるイメージだとかえってダフリやすくなってしまいます。

豪快にターフをとるプロのアイアンショットはカッコいいものだが、ターフはあくまでもクリーンに打った結果として取れるものとなっています

 



実際にスウィングをすると、ダウンからインパクトにかけて、遠心力によってシャフトが縦にしなってヘッドの先が落ちます

いわゆるトウダウンと呼ばれる現象ですが、結果的に、トウダウンによってインパクト付近でクラブヘッドはアドレス時よりも低い位置を通るわけです。

また、ダウンスウィングでは遠心力で腕の関節も伸び、さらに手首はリリースされます。

すると、ボールだけをクリーンに打つ意識でも、ヘッドが思ったところより下を通って、ターフがとれてしまうわけです。

アマがダフるのは、アドレスと実際のスウィングではクラブヘッドの通る位置が違うというのを知らないことが一番の原因なんです。

試しに、上級者が練習場でアイアンを練習しているのを観察してみるといいと思います。

おそらく、聞こえてくるのはクラブがボールを打つ乾いた音だけで、ヘッドがマットにこすれる音はほとんどいないはずです。

 

 



ステンレスヘッドなら、カチッという、たとえるなら石と石があったような音がします

ハーフトップというと少し大げさかもしれませんが、スコアラインの3~4本目辺りにクラブの芯があるとしたら、練習では下から1~2本目でボールだけを打つ意識があるといいでしょう。

 


それでもコースに出れば、自然と力が入ってスウィングのスピードが上がるので、下から1~2本で打つ意識でも、インパクトでは思ったより「厚く」入ってしまうはずです。


にもかかわらず、コースでも下から3~4本目の芯でとらえようとすれば、手前をダフるのは当たり前。


ですから、練習場のマットでは、板の上のボールを打つような意識が必要でしょうね。

硬い板の上にあるボールを打とうと思ったら、ボールだけをクリーンにとらえるイメージにならざる得ないですから。

 



スコアラインの下から1〜2本目で打つことを、練習では意識しよう。それで本番では自然に3〜4本目にある芯でとらえられる

――練習場でドスンドスンとマットを叩く音をさせているようじゃダメなんですね。

アベレージゴルファーが、いきなりスコアラインの下から1~2本目で打てと言われても、ちょっと難しいと思います。ですから、まずはわざと芯を外して打ってみます

小さいスウィングでヘッドのトウやヒール、スコアラインの下や上などで打つ。

慣れてくれば、自分のフェースのどの部分で打ったかを感じとることができるようになるはずです。


アイアンで難しければ、パターから始めてもいいでしょう。芯がどこにあって、芯でとらえるとはどんな感覚かを知ることがアイアン上手になる第1歩です。


SWを使って、ティアップしたボールを腰から腰のハーフスウィングで打つドリルがいいでしょう。

 



ゴムティならゴムに当てずに、ティペッグならば、ティを飛ばさないように打つのがポイントです。

実際にやっていただければわかりますが、SWでティアップしたボールだけをクリーンに打つのはなかなか難しいはずです。


打点が上下にブレたらクリーンに打つことはできません。

上手く打つためには、手打ちにならずに体の反応でテンポよくクラブを操作する必要があります。最初はティを低めにしてもかまいません。


そして徐々に高くしていき、スウィングの幅も大きくしていくといいでしょう。地味な練習ですが、繰り返し続けることで、切れ味鋭いアイアンショットが打てるようになります。

-キレるアイアンショット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】コントロール性能が高く強い球 『ライン出し』

  ピンを真っすぐに、刺すようなアイアンショットが『ライン出し』だが、 プロの『ライン出し』はちょっと違う。 インパクト後は涼しい目線で低めの飛球を追う。こんなイケメンの『ライン出し』をやっ …

フェースを少し開けば上手に打てる

プロたちは、よくフェースを少し開くと言います クラブを開いたまま打てば、ダフリやスライスの原因になりますが、少しというのはコントロールや,保険を掛ける意味があります。   アプローチでのミス …

人気アイアン!なぜそのアイアンを選ぶのか?

人気のアイアンの要素は、振りやすい、ラフなどで抜けやすい、球がつかまりやすい、ダフリにくい、飛ぶ、打感がいい又は音がいい、球が止まりやすい、などではないでしょうか。 最近、ドライバーもそうだが飛距離が …

拳を下に向けよ ベンホーガンの教え

    アイアンでは拳を下に向けよ、あなたの7番アイアンの飛距離は140ヤードなのに、PGAツアープロは7番アイアンで180ヤードも飛ばすのは、なぜなのか不思議に思ったことはないだ …

インパクトで体が開かなければ、余裕で球がつかまる

体が開かない方法 インパクトで体が開かなければ球がつかまるのですが、これがなかなか難しく、体が開いてしまうと、 右肩がボールに近づいてしまうのでクラブを振るスペースがなくなり、クラブヘッドはボールの手 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス