キレるアイアンショット

【ゴルフの裏ワザ】コントロール性能が高く強い球 『ライン出し』

投稿日:


 

ピンを真っすぐに、刺すようなアイアンショットが『ライン出し』だが、
プロの『ライン出し』はちょっと違う。

インパクト後は涼しい目線で低めの飛球を追う。こんなイケメンの『ライン出し』をやってみたい

絶対に曲げたくない状況で使われるライン出しでは、ライン出しは、まず、


①  スイング中にクラブが必ず体の前にあるように7~8割で振ること。そして、

②  スイング中は手首の角度をなるべく変えないように、体の回転で打つことです。これで余分なスピンがかからず直進性の高い弾道になります。

 



ダウンスイングで振り遅れたり、インパクトで体が止まって手首が返りすぎると、体の正面からクラブが外れてしまう。

これではインパクトが安定せずにスピン量も一定しないため、曲がりが多くなってしまう。

しっかり小回りが利いている感じが、心地よい

 



ライン出しはインパクトゾーンを長く、フォローを低く抑えることで、通常よりも上下・左右の余分なスピン量が抑えられ、低弾道で直進性の高いショットになる!


プロは、目線を低く抑えることで、長く・低いフォローを取るという


目線が上がると体や肩が持ち上がりフェースも浮いてしまうので球が抑えられない。というのがその理由らしい

 



パンチショットとライン出しはどう違うのか?

パンチは強く、ライン出しは長く低く打つ。


パンチショットというのはライが悪い時などに、インパクトを強く打っていくというケースが多いので、どちらかというとスピン量は多めです。

打ち込むからスピン量が多くなるわけです

 



それに対しライン出しは、インパクトゾーンを低く長く出し、スピン量を少なくすることで、球のフケ上がりや、左右へのブレを抑え、直進性の高い球筋になるのです。

 


プロ達は、ライン出しのインテンショナルショットをどう打ち分けているのか?

『球は左足かかと内側』、『手は体の真ん中』のセットアップはドロー&フェード共通。

フェードは少しかぶり気味にアッパーで左に振っていくことで左に打ち出す


ヘッドの最下点はボールより手前となって、フェースがやや被った状態のアッパー軌道でとらえた球にはフェード回転がかかる。

 



ドローはクローズドスタンスで肩はスクェアの構えから、ちょうどフェースがローテーションをし始めるところでインパクトして右に打ち出すらしい、むずかしい

プロの言い方を借りると、アゲンストのときに球を抑えようとして上から打ち込むと、タテ方向のスピンが入りすぎて逆に吹き上がってしまう。

だから、サイドスピンをかけたドロー球で風の下を潜って前に進んでラインを出すイメージを持っているという。

ボールの真横を目がけて横から入れてくるのがポイント。

『ヘッドを押し込む』というのは、インパクト後もフェースにボールを乗せたまま、左足の前まで乗せて運ぶようなイメージ。これでヘッドが低く長く出る。

ヘッドを手で『押し込もう』とすると左ワキが開く。正しいのは、フェースにボールを乗せて『右足で押し込んでいき』ながら『手を返していく』とドローになる。というが

曲がり幅が大きくなるので、フェードの方がやさしい

 



片手でクラブを振ると小細工できないぶん、体の回転に自然と腕がついていって振り抜く感覚がつかめる。

腕が体から外れないように意識をしてスイング練習するのが、上達への近道

-キレるアイアンショット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】アイアンをうまく打つにはコツがある

一昔前には、プロたちはわらじのようなターフを飛ばしていました、尾崎や青木の時代です さぞや手首への衝撃も大きかったことでしょう、しかし最近はクラブの進化でレベルブローが主流となっています。 もちろん、 …

インパクトで体が開かなければ、余裕で球がつかまる

体が開かない方法 インパクトで体が開かなければ球がつかまるのですが、これがなかなか難しく、体が開いてしまうと、 右肩がボールに近づいてしまうのでクラブを振るスペースがなくなり、クラブヘッドはボールの手 …

人気アイアン!なぜそのアイアンを選ぶのか?

人気のアイアンの要素は、振りやすい、ラフなどで抜けやすい、球がつかまりやすい、ダフリにくい、飛ぶ、打感がいい又は音がいい、球が止まりやすい、などではないでしょうか。 最近、ドライバーもそうだが飛距離が …

ショットメーカーはアイアンで強い球を打つ

素晴らしいアイアンショットを放つプレイヤーは、ボールを見ているとわかりますがさすような球なんですね。 ボールをヒットしてから、右腕をさらに伸ばして強いボールを打っています、プロがよく言うボールを押して …

困ったことにパー3が苦手となってきた

    チャンスホールと思われるパー3には意外にも罠が沢山あります。 ショートホールでアイアンショットするとき、ティーアップしたボールを打ちますが、ティーが高いと数ミリとは言え影響 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス