パター名人 未分類

【ゴルフの裏ワザ】カップを絶対に見に行かない方法

投稿日:2020年6月30日 更新日:


 

 

 

パターのストロークを安定させるには上半身が動き過ぎないこと
ですよね

他の人から、体が動いているよとか、カップを見に行ってますよとか言われたことはありませんか?

こんな感じです

 



パターのストロークを一定にさせるには下半身の動きを抑える事にプラスして上半身の軸を固定することが大事です。

しかし自分では気付いていないうちにバックスイングやダウンスイングで軸はブレてしまいがちです。


原因は「顔の移動」にあります。人体の構造上、顔の動きに体は付いていくようになっています。

 



顔の移動を抑える事が上体のブレの軽減に繋がります。

やり方は、2つあります まず、普段のアドレスをとったら、右脚と右腰に意識を持っていきます、少し右に体重があることを意識すれば、左に体重は移動しません

次に、ティーを口にくわえます、ティーが動けば、顔が動きます


家で鏡を見ながら、ストロークし頭が動いていないならOK、
顔がそのままで肩だけが動いて、ティーペグの動きもないようなら
自分でチエックできますから、一度やってみてください

パターは基本的に肩の回転のみで行いましょう

 



上半身の軸を安定させても、手だけでパッティングしてしまうと距離感や方向性がなかなか思うようにいきません。パターは基本的に肩の回転のみで行いましょう。下半身のフラつきにも注意しながら肩の回転を使って打つことで、再現性の高いパターのショットが可能になります。

-パター名人, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いつもダウンブローを確実に行うにはどうすればいいか

    理想は、ドライバーではアッパブロー、アイアンではダウンブローです   ダウンブローのインパクトへの準備は、腕が腰の高さになった時点で、手元やクラブヘッドは低い位置 …

【ゴルフの裏ワザ】アイアンのライン出し上級編

ピンを真っすぐに刺すようなアイアンショット、『ライン出し』ですが、我々が打とうとするとどうしても、マン振り、打ち込みで叩きつけるようなショットになってしまいます、でも、プロの『ライン出し』はちょっと違 …

【ゴルフの裏ワザ】絶対に体が開かない方法

  バンプ   プロたちのインパクトでは、ボールをつぶすような、そして叩きつけるような、そんなパワフルな、アクションがありますが、あの瞬間はどこから来ているのでしょうか。 それは、 …

シャフトのしなりが感じられない

      ショートアイアンはそうでもないのに、ドライバーになると腕に力が入って上半身で打っているのがよくわかる。 ゴルフの翌日、決まって痛むのが背中から上半身です。 下 …

【ゴルフの裏ワザ】絶対にアーリーリリースをしないために

  ゴルフ場には、いろんなアンジュレーションがあります ダフリやトップの原因は、スイング自体の問題もありますが、アンジュレーションに上手く対応できていない面もあります 中級者や上級者でも、ア …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス