パター名人 未分類

【ゴルフの裏ワザ】カップを絶対に見に行かない方法

投稿日:2020年6月30日 更新日:


 

 

 

パターのストロークを安定させるには上半身が動き過ぎないこと
ですよね

他の人から、体が動いているよとか、カップを見に行ってますよとか言われたことはありませんか?

こんな感じです

 



パターのストロークを一定にさせるには下半身の動きを抑える事にプラスして上半身の軸を固定することが大事です。

しかし自分では気付いていないうちにバックスイングやダウンスイングで軸はブレてしまいがちです。


原因は「顔の移動」にあります。人体の構造上、顔の動きに体は付いていくようになっています。

 



顔の移動を抑える事が上体のブレの軽減に繋がります。

やり方は、2つあります まず、普段のアドレスをとったら、右脚と右腰に意識を持っていきます、少し右に体重があることを意識すれば、左に体重は移動しません

次に、ティーを口にくわえます、ティーが動けば、顔が動きます


家で鏡を見ながら、ストロークし頭が動いていないならOK、
顔がそのままで肩だけが動いて、ティーペグの動きもないようなら
自分でチエックできますから、一度やってみてください

パターは基本的に肩の回転のみで行いましょう

 



上半身の軸を安定させても、手だけでパッティングしてしまうと距離感や方向性がなかなか思うようにいきません。パターは基本的に肩の回転のみで行いましょう。下半身のフラつきにも注意しながら肩の回転を使って打つことで、再現性の高いパターのショットが可能になります。

-パター名人, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏技】右サイドが活躍する時

  右サイドで火を吹け 一般にはスライス防止のためか、左サイド主導で打てと言われますが 方向性のためにも飛距離のためにも右サイドで、ドカーンと攻撃することの重要性を痛感させられます。 &nb …

クラブをゆっくり振れますか?

  テレビでゴルフ中継を見ていると、300ヤード飛ばすプロ達が,アプローチになるとゆっくりと振っています、まるでスローモーションを見るように。 アプローチではゆっくりしたスイングで、柔らかく …

最近飛ばなくなったとお嘆きの貴兄に…

    ゴルフ場に行って、しばらく会わなかった友達が言うセリフは、決まって最近飛ばなくなってね、である。   年齢とともに体が硬くなってきいているので、まるでアプローチの …

上級者向け インパクトを長くとることのメリット

    やや高度なテクニックになるが、インパクトゾーンで左手の甲の角度はそのままに、前腕を少し回旋させ、シャフトもちょっとターンさせてロフトを殺すようにフェイスを低く押し出すという …

【ゴルフの裏ワザ】ベテランだから打てる傾斜地の安定ショット

        残り100ヤード、急な打ち上げですがどう打ちますか? 急斜面であることだけで、距離がないのに乗らないのは悔しいですよね 大概のゴルファーは、のぼ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス