ショットメーカーの技

【ゴルフの裏ワザ】タメがキッチリ出来たらもっと飛ぶ

投稿日:


 

 

 

 

 

ダウンスイング時は、しっかりとインパクトするためにクラブヘッドに意識が行きがちですが、グリップエンドの向き次第で、ヘッドの入射角度やインパクトの強弱が大きく変わります。

 

切り返し直後にグリップを外側に動かすとタメが大きくなります

プロはダウンスイングで手首のコックがキープされ、ヘッドが描く円はテークバックよりも小さく内側に入ってきます。

 

手首のコックがほどけると、ヘッドが遠回りして、効率良くヘッドスピードが上げられないのです

では、どこをどう意識すれば、プロのようにダウンスイングで手首のコックをキープすることができるのか?

ポイントとなるのは手首そのものよりも、グリップの運動方向にある。

トップの位置ではグリップエンドは体の外側を向く。

 

ダウンスイングの前半では、グリップエンドの向きを変えないで、グリップを外側に振り出す。

これができると手首のコックを保てるし、ヘッドが描く円も小さくなる。

腕から振りにいって、右肩が出て手打ちになるのを防ぐことができます。

 

ダウンスイング公判では、球の方向を指すようにすることで、軌道はインサイドから出てきやすくなります。

下に引きおろす感覚は、1リットルのペットボトルを両手で持つドリルが効果的です。

ゴルフクラブの代わりに両手でペットボトルを持って、トップからインパクトまで動かすように体の正面に下ろしていきます。
慣れてきたら、下に向けてややスピードをつけて下ろしてみます。

 

 

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】パーオンがスコアを決める

          ゴルフファーはパーオンを目指してプレーしています。 パーオン数でスコアがほぼ決まるから、パーオンを目指せば、 戦略も立てられるとい …

下半身から動き出し、捻転差を感じる方法

飛距離を出すには、様々なテクニックがありますが、その一つはやはりロングヒッターに多く共通して見られる、強い捻転を生み出す下半身リードの切返しでしょう。 下半身リードで捻転差を生み出す事が出来ていれば、 …

懐を深くすれば楽に早く振れる

        今の打法では背中が少しカーブがついて丸みがあるのが良いのですが、猫背だとお尻が落ち顔が下を向いてしまうので、両手が肩の真下より内側に入り懐がなく …

ヒッカケはバックスイングが原因でした

      プレーの後半、疲れてきてバックスイングがまともに上がらなくなったり、年齢とともにトップの手の位置が下がってくると言われていますから、インサイドに引きすぎたりし …

締めるのはヒジではありません脇です

    スポーツの中で、脇を空けていいという動きは存在しないでしょう。 ランニングしかり、相撲やボクシング。ボールゲームでいえばサッカー、野球、そしてゴルフも例外ではありません。 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス