ショットメーカーの技

【ゴルフの裏ワザ】タメがキッチリ出来たらもっと飛ぶ

投稿日:


 

 

 

 

 

ダウンスイング時は、しっかりとインパクトするためにクラブヘッドに意識が行きがちですが、グリップエンドの向き次第で、ヘッドの入射角度やインパクトの強弱が大きく変わります。

 

切り返し直後にグリップを外側に動かすとタメが大きくなります

プロはダウンスイングで手首のコックがキープされ、ヘッドが描く円はテークバックよりも小さく内側に入ってきます。

 

手首のコックがほどけると、ヘッドが遠回りして、効率良くヘッドスピードが上げられないのです

では、どこをどう意識すれば、プロのようにダウンスイングで手首のコックをキープすることができるのか?

ポイントとなるのは手首そのものよりも、グリップの運動方向にある。

トップの位置ではグリップエンドは体の外側を向く。

 

ダウンスイングの前半では、グリップエンドの向きを変えないで、グリップを外側に振り出す。

これができると手首のコックを保てるし、ヘッドが描く円も小さくなる。

腕から振りにいって、右肩が出て手打ちになるのを防ぐことができます。

 

ダウンスイング公判では、球の方向を指すようにすることで、軌道はインサイドから出てきやすくなります。

下に引きおろす感覚は、1リットルのペットボトルを両手で持つドリルが効果的です。

ゴルフクラブの代わりに両手でペットボトルを持って、トップからインパクトまで動かすように体の正面に下ろしていきます。
慣れてきたら、下に向けてややスピードをつけて下ろしてみます。

 

 

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

これをやればゴルフの面白さがわかる

バンスを使ってヘッドを滑らせることができる人は、ゴルフのうまい人です。 ゴルフもボールと遊べればもっと楽しくなるはずです 子供のころからゴルフをやっていた人は、ボール遊びをたくさんやっていたから、上手 …

アドレスではどこに力が入っていますか?

    コンペの朝、1番ホールのスタートです、皆さん、力が入り過ぎだなあ…」と思いませんか? 大切な「力の入れどころ」が間違っているようです。 あなたはアドレスで、どこに力を入れて …

米国のゴルフアカデミーが、アドレスをプロとアマで比較していました。

米国のゴルフアカデミーが、プロとアマのアドレスを比較していました。 調査した結果、アマのショットが安定しないのはショットごとにセットアップが変わってしまうせいもあるが、多くの場合セットアップそのものが …

【ゴルフの裏技】絶対に手打ちをしない方法が見つかった

絶対に手打ちをしない方法   ゴルフの解説でよく出てくる、手打ちって言葉ですが 良くないのは分かるんですが、手打ちをしない方法が なかなか見つからなかった。   そこで、米国のゴル …

忘れがちなんですよね ハンドファーストなインパクト

プロや上級者に必ずできていること、それはインパクトでハンドファーストになっている事実です。 まさに、ベストゴルファーになれるかどうかの分かれ目となります。 ハンドファーストインパクトができるようになる …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス