ショットメーカーの技

【ゴルフの裏ワザ】パーオンがスコアを決める

投稿日:


 

 

 

 

 

ゴルフファーはパーオンを目指してプレーしています。

パーオン数でスコアがほぼ決まるから、パーオンを目指せば、

戦略も立てられるというものです

ルウ・リッキオ氏はUSGAのハンディキャップ委員会のメンバーでした、


彼は90台、80台、70台のゴルファーを隔てるものは何なのかに疑問を抱き、

ハンデ30のゴルファーからPGAツァー・プロまでを対象に研究した結果。


パーオン率がスコアを決定づけていることを発見しました。

パット数がスコアを左右するのは間違いない。

しかし、パットよりもパーオン率がスコアを良くする最も重要な要素である。

 

 


「リッキオの法則」 『95から(パーオンのホール数の2倍)を差し引いた数がスコアに等しい』

95-(パーオン数✕2)=スコアになります。


これは1回2回のラウンドのデーターでなく、ラウンド数が多ければ正確性が増してくるものです。

パーオンの技術力によって、スコアが左右されるということです。
その許容差は、±2ストロークの許容差ということ。

具体的に考えると
1ラウンドで、パーオンが「ゼロ」の人は、スコアが95±2(93~97)になります。

パーオンを1回すると、スコアが2ストローク良くなります。
ロングホールを4回パーオンすると、スコアは87±2(85~89)になり、80台で周れます。

 

パー5は2オンなど無理して狙わずに、テイーショットを確実にフェアウエーに置いて、3オンを狙うのがベストのようですね。

この数値よりも、スコアの悪い人は、パーオンさせる技術よりも、それ以外の問題点を抱えていることになります。

 



OBが多い。パターが苦手。アプローチが苦手。のようになります。

逆にこの数値よりも、良いスコアの方は、パーオンさせるショットの技術よりも、パターとか小技が得意な方と言えるでしょう。

 


パーオンさせるためには、フェアーウエイキープが重要になってきます。

必ずグリーンを狙うショットが打てる場所が重要です。

ラウンドするティーによって違いますが、セカンドショットの距離(150y前後)をたくさん練習しましょう。


アベレージゴルファーなら、150ヤードを7番、6番、5番で打てるようにしておくというのも強力な方法です

ピンが手前でオーバーしたくないなら、7番 真ん中のピン位置で、ピン筋を狙うなら6番でコンパクトなライン出しショット、ピンが奥でグリーンが受けているなら、5番のクオーターショット

セカンドショットの距離が、パー3の距離にもなります。

パーオン率を高めるには、ティーショットがフェアウエーに行けば断然有利になります

特に夏ラフは、きついのでラフからだと途端にパーオンが減ります

 

 



そして、心の余裕としてOB+スリーパット 1回づつは自分に許すと決めれば、精神的に安定します

5番ホールでOBが出ても、とうとう出たかで済みますし、午後からの10番で3パットなら、よく持ちこたえたとなります

パーファイブが4ホール、パースリーが4ホール、すべてパーオンして、8ホールで、70台  出そうな気がするがこれが難しいんだなァ

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

両腕が伸びたフォローがとれないとスイングプレーにのっていないかもしれない

インパクトで両手を伸ばす プロの伸ばされた両腕による長いフォローはライフル銃のようです、アマは瞬間折りたたみ式拳銃、それも短い女性用ピストルという感じです。 プロのスイングですと、彼らの打ちたい対象は …

【ゴルフの裏ワザ】疲れた時のミスショットにはわけがある

  ミスショットするのにはわけがある ラウンド後半はいつも疲れて、動かない下半身 曲がるのは当たり前なんですね ラウンドの後半に入ると、ティーショットが乱れてくるゴルファーが多いと思います。 …

肩を回りやすくすればヘッドスピードはもっと上がる

スイングは肩ではなく、ボデイターンだという人もいますが、バックスイングの時、左肩が顎の下に入りにくくなってきて、肩が思うように回らないと感じてきたら、回りやすいスタンスにすることもできます。 &nbs …

ビハインド ザ ボールは、何度言っても言い足りないくらいだ

ビハインドザボールボールは古くから言われている 鉄則です、正確に言うと頭をボールの後ろに止めるわけですが、パワーを増加させたければ下半身をもっと活発に動かせと言われたことがあるはずだ。 しかし足と腰を …

【ゴルフの裏ワザ】 FWでグリーンを狙う

  今どきのFWは、難しい3Wを使わなくても5Wなら、ヘッドスピードが40m/hで190ヤード前後の距離が打てます テイーショットのミスをカバーしたり、打ち上げのセカンドでボールを上げたい場 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス