ショットメーカーの技

【ゴルフの裏ワザ】 ピンまで30ヤード 下はベアグラウンド

投稿日:


ピンは狙えますが、ボールはベアグラウンドの上。

バンカー越えで少し打ち上げです。

ピンまでは30ヤードといったところです。

 


バンカーがなければ、グリーン手前から転がしていけます。

8I、9Iなどでボールの横っ面を叩いてやればいいのですから、かなり楽です。

仮に9Iでバンカーを越えるようなショットをすればグリーン奥にこぼれてしまいます。

 難しい場面ですが、ここはSWで高めの弾道で狙わねばなりません。

 このベアグラウンド、カラカラに乾いています。

これなら少し安心です、ソールが滑ってくれます。

 



 アドレスではボールが真ん中よりやや右に来るように立ちましょう。

ソールを滑らせ始める位置です。

 リーディングエッジをきれいに入れてボールを取っていけます。


ダフらないようにと、あまりボールを右に位置させると、弾道が低くなってグリーン上で止まらなくなるので注意が必要です。

 ボールの弾道を高くしたいからといって、フェースを開いてはいけません。

開くと硬い地面にはじかれやすくなって、トップボールのミスを招きます。

シャフトは真っすぐで、ハンドファーストにはしません



 フェースはあくまでスクエアにして使います

 ショット時はできるだけ上下動を抑えてスイングします。具体的にいうと、手元はほとんどノーコックにして、右手の角度はテークバック、切り返し、ダウンスイングでも変えません。肩の回転で振っていきます

両腕で作った三角形を、崩さないように

スイングはトップをコンパクトにして、大きくフォローを取っていきます。

 


手を胸の高さまで振り抜きます。インパクトをつくろうとしてはいけません。

ボールの下を滑らせてボールを拾っていくイメージで振りましょう。

低い入射角で、リーデングエッジが入って来て、ボールの下部にあたっています

 大きなトップをつくって小さなフォローで終わるようなスイングは最悪です。

インパクトゾーンに向かってスイングがどんどん緩んでいき、軌道が狂ってミスショットになります。

 体は左に流さずその場で振ること。

 



顔はボールに向けて、ヘッドがインパクトゾーンを走り抜けるのを見るように意識しましょう。

 ヘッド軌道を正確に保ってスイングするのは、どんなショットでも同じですが、この場面では特に大事にしなければなりません。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏技】絶体ダフらない方法はこれしかない <うまいダウンブローには訳がある>

<うまいダウンブローには訳がある>           ダウンブローでは、スイングだけでなくグリップやコックをうまく使えば、ミスなくできるようになりま …

FWはそれなりの打ち方がある

  フェアウェイウッドは払い打つものと思っていませんか ドライバーの延長線で、払い打とうとするとボールを左足寄りにセットして、低い位置からヘッドを入れようとします よね。 実はこれがミスにな …

【ゴルフの裏ワザ】アイアンのライン出し上級編

ピンを真っすぐに刺すようなアイアンショット、『ライン出し』ですが、我々が打とうとするとどうしても、マン振り、打ち込みで叩きつけるようなショットになってしまいます、でも、プロの『ライン出し』はちょっと違 …

ダウンブローはフラットな左手が出現すれば完成する

アイアンショットでは、以前ほどターフをとらなくなってきてはいるが、ダウンブローは必要な技術です。 再現性のあるダウンブローの打ち方は、いろいろと報告されていますが、自分に合ったやり方でショットするのが …

懐を広くしてクラブの通り道を確保する

70台のスコアが年2、3回くらい出るような、Aクラスの人でも、「アウトサイドインのスイングで飛距離が伸びないことを自覚しているし、もっと掴まったボールでショットを安定させたいと思っているものです。 ま …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス