未分類

【ゴルフの裏ワザ】ヘッドスピードを上げる最強の方法

投稿日:


 

 

 

レッスンで、クラブを早く振るために、インストラクター
がいつも言うことは

肩を回せ
腰を回せ、腰を切れ
腕を早く振れ
真下に落とせ、右足前でインパクトせよ

これらより、もっと強力なヘッドスピードを上げる方法があります

それは、空手の瓦わりです

空手の瓦割りを行うときの動きのイメージで、体を正面から見て「X」に使います。

「肩甲骨をしっかり旋回させています。アマは肩を水平に回してしまう傾向がありますが、これは体の向きが変わるだけで、肩甲骨が動いていないんですね」。

 


肩甲骨をしっかり動かすことで、上半身と下半身の捻転差ができて、よりパワーが出る。

 


飛距離を伸ばすコツはいくつかありますが「肩甲骨」の使い方が上手い人は飛距離がでます。

バックスイングでクラブが上に振られるのに連動して、腰を回転させるのではなく、切り上げてほしいのです。

イメージとしては空手の瓦割りです。クラブを置いて空手の瓦割りをしてみましょう。

構えたら、左手は下に突き下ろし、右手は肘を高く引き上げます。そのときの右腰の動きが「切れ上がる」動きです。

今度は、右手をつき下ろし、左手ひじを引き上げます

何度か瓦割りの動きをしたら、クラブを持ってバックスイングをし、スイングしてみます

腰を切り上げるとかなり窮屈な感じですが、太ももの裏側が張って力が蓄えられている感覚です。

一方、腰を回転するとバックスイングはしやすくなりますが、太ももはゆるゆるになります。

正しくバックスイングを上げることができれば、体がとても窮屈なので、おのずとヘッドは適正な場所に収まります

上体を開かずにパンチを繰り出す瞬間、右パンチの押しと左サイドの引きで一瞬、頚反射が起こり(体の左への回転に反し、首がちょっとだけ右を向き、軸回転を形成)左の首筋に張りを覚えるはず。とてもゴルフスイングに似ている動きと言える。

お手本は、アダムスコットのスイング、その一番の特徴はバックスイングにあります

「左肩を下げながら行う、きれいなバックスイング。体の入れ替えがきれいに行われています


-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏技】シブコが鍛えたパター技

渋野プロのあのパッティングを見ていたら、我々もしっかりとストロークすることを、前以上に心がけないかんと、思いますよね。 打ち過ぎるのは非常に怖いもの。 それを恐れずにしっかりとゆるまず打てる。 あのパ …

軽く振ってるように見えるのに飛んでるドライバー

    プロゴルファーのスウィングを見て「なんであんなに軽く振っているのに飛ぶんだろう」と感じたことはないでしょうか、。 アーニーエルスやフレッドカプルスは、エフォートレスつまり努 …

アプローチでどうしても、柔らかくは打てずにパンチが入って、強くヒットしてしまう人に

結論ですが、アプローチで強く入ってしまう理由は、コックをつかうからです。 アプローチでは体重移動をせず、大きなコックを使わずに、腕のストロークだけで打つようにします。 イメージとしては右手で転がす感覚 …

クラブをゆっくり振れますか?

  テレビでゴルフ中継を見ていると、300ヤード飛ばすプロ達が,アプローチになるとゆっくりと振っています、まるでスローモーションを見るように。 アプローチではゆっくりしたスイングで、柔らかく …

左足上がりのアプローチ 柔らかく高く上げて寄せたい

    アプローチで、ピンまで30ヤード、少し上りになっていて左足上がりという状況です。     ここで、打ちたい球筋としては、少し柔らかくて高い球を打っていく …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス