ショットメーカーの技

【ゴルフの裏ワザ】体の軸を中心にコマのように鋭く回転する

投稿日:2020年7月16日 更新日:


 

 

 

体の軸を中心にコンパクトに、その場でコマのように回れば安定したショットが打てるはずです

捉えるポイントも自分に近いところでヒットするので、頭が残ってよくボールが見えている。

ゴルフスイングもこんな風に打てると、クラブをまーるく振れるから、しっかりヒットできます。



トップでは、手を上に置いたままのイメージで、胸の面を右に向けたまま腰と両膝から切り返す。

すると、ダウンスイングは内側から下ろしやすい。

 


シャローで下ろして、肩の回転から切り返えそうとすると、グリップエンドが前に出て、アウトサイドイン軌道を描いてしまう。


胸の面を右に向けて腰のリードで切り返すと、右肘が脇腹横に絞り込まれて下りてきて右腰横に来た時には、背骨は15度右に傾いた状態で右肩のほうが少し低く入ってくる、この時グリップエンドは目標線の右前方を指す。


この位置からグリップエンドを目標方向に引っ張る意識はない。

左手のひらを左後方に向けて押す要領で、背骨を中心に左背中半身を後方に引っ張ることができれば、右肘を曲げたまま体幹の捻じり戻しをするだけで振ることができる。



体の軸を中心に、コマのようにコンパクトに回転して、右腰から左腰の間(インパクトゾーン)で腕の振りと腰の回転を同調させて、腰を切ります、(グリップエンドで切腹するぐらい近くを通る)。

なので、トップから右腰の横に下りてくるまでは、シャフトと左腕はとてもリラックスしていて体に巻き付くように下りてきて、インパクトゾーンの一瞬に、腰を切ることに集中します。

 



トップから振ってしまうと、タメが作れない。


またしっかりインサイドから下ろしてこないと、シャフトのしなりは使えません。

自分から見て8時半の方向から切り込んで、

右腰の横でシャフトの根元をキックポイント(テコの原理)にして、

次の瞬間グリップエンドが左腰を指す動きが一番ヘッドが走るし、

両脇が締まって体の回転と同調するのでとんでもないパワー&スピードを発揮できます。



インパクトゾーンでグリップエンドを浮かせずに左腰を指して鋭く左に回転すれば、

若干のハンドファーストでロフトを立てて捉えられます。

またダウンではヘッドのトゥ側を持ち上げてヒール側から接地させるイメージがあるのでコックが早くほどけることもありません。



インサイドから下ろすと右に行くイメージがある場合は、ダウン直後に右足踵が直線的に上がり、グリップエンドが浮いてフェースが開くからです。

軸回転では、大きな体重移動も必要ありませんし、頭があまり動きません。

シンプルで安定したスイングができます。

そしてその場で回転しますから、腰を切るには最善の方法です。

 

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

腰を切れば絶対に飛ぶ

腰を切れば、飛距離が格段にアップするのは分かっているが、速く簡単には回ってくれないのが腰です。 ゴルフの“腰を切る”とは… イメージは腰のセンターを中心にして左腰が背後に回転し、右側が前方に回転する動 …

ハンディキャップ10と20 どこが違うのか?

    ハンディキャップ20の人は、伸びしろを一番多く持っている人です、大半の練習をウエッジとショートアイアンにしたらすぐハンディキャップ10が実現します。 ハンディキャップ12か …

コックを最後の最後まで解かない方法

      米国のプロがやっている方法です。 3番ウッドを使います、ボールをティーアップしアドレスする。 トップまで行き、いつもの2分の1の速度かそれより遅い速度で腰がボ …

ヒンジングでもっとドライバーを飛ばす

日本では、手首の動きをコックで説明することが多いですが、海外ではコックと並びヒンジングと呼ばれる手首の横動作がよく取り上げられます。 ヒンジングとは、蝶番の動きのことで、スイングにおいては、右手首を親 …

ドライバーをゆっくり上げるのは、もうそろそろやめたほうがいい

少しゴルフがわかってくると、ボールを飛ばすのは腕力ではなくシャフトのしなりだということを理解するようになります。 軽く振ったのに飛んでいるとか、腕に力が入りすぎてスイングスピードが落ちたとかを感じるよ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス