未分類

【ゴルフの裏ワザ】 絶体に体が開かない方法

投稿日:


クラブもそうなんですが、ボールがつかまらず、飛ばないのは「体の開き」も原因の一つです



思い当たるふしとしては、インストラクターから左足1本で立てとよく言われていました、体の回転をよくするためですよね



そのせいなんでしょうが、ダウンスイングで「体を左に回しながら体重を左に乗せる」といった動作を、左の壁を意識してやるもんだから、体が左に大きく動きます

動かせば動かすほど、フェースが開いてしまうんですね。

結果、ボールがつかまらずにスライスのミスや、ボールの頭を叩いてトップのミスが出やすくなるわけです。

 



切り返しで左足を踏み込んだら、その左足の動きを止めてボールを打つだけでOK。

体重を左足に乗せる、体を左に回すといった意識は必要ありません。



ダウンスイングは左足を止めて、フォローでは腕を伸ばしていきます。



最初は手打ちに感じるかもしれませんが、左足を止めることによって、体が開きが抑えられ、ボールを強く、正確にとらえることができます。

上半身の開きを防ぐドリル

 


左手にもクラブを持ち、杖のように体を支えます
左肩が固定されるので、物理的に右肩を突っ込むことができません

下半身の開きを直すためのドリル

右足のカカトを地面に付けたまま打ちます
ダウンスイングで右ヒザが前に突っ込んで、腰が開くのをふせぎます

 


この「強いインパクト」の感覚をつかめば、もっと飛ぶようになります。

これをドライバーでやれば、今までの右にも左にも出る広角打法が、アイアンのライン出しに似たイメージになります



インパクトで体が開かなければ球がつかまるのですが、これがなかなか難しく、アベレージゴルファーをアベレージのままに留まらせている主な要因のひとつですね

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いつもダウンブローを確実に行うにはどうすればいいか

    理想は、ドライバーではアッパブロー、アイアンではダウンブローです   ダウンブローのインパクトへの準備は、腕が腰の高さになった時点で、手元やクラブヘッドは低い位置 …

シングル達に速く上達するコツを聞いてみた

速く上達するコツを聞いてみた 会社に勤めながらシングルゴルファーになった人たちに、上達したコツを聞いてみました。 毎週練習に行ったり、毎日のクラブのすぶりやパターマットでの練習は、ほとんどの人がやって …

ワンパットの確度を上げたいなら、アプローチはSWよりもPWを選ぶ

    ゴルフはクラブで変わることを十分経験してきたはずだ。 その証拠に、ドライバーは何度も変えてきている。     ウエッジについても同様です、プロが寄せをS …

【ゴルフの裏技】右サイドが活躍する時

  右サイドで火を吹け 一般にはスライス防止のためか、左サイド主導で打てと言われますが 方向性のためにも飛距離のためにも右サイドで、ドカーンと攻撃することの重要性を痛感させられます。 &nb …

80台前半が出せるのは、力がある証

    ドライバーでOBはほとんど出しません、自信があるからドライバーはフェアウェイのどこに落とすかをテイーショットで考えている。   飛距離が必要なホールと、そうではな …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス