未分類

【ゴルフの裏ワザ】 絶体に体が開かない方法

投稿日:


クラブもそうなんですが、ボールがつかまらず、飛ばないのは「体の開き」も原因の一つです



思い当たるふしとしては、インストラクターから左足1本で立てとよく言われていました、体の回転をよくするためですよね



そのせいなんでしょうが、ダウンスイングで「体を左に回しながら体重を左に乗せる」といった動作を、左の壁を意識してやるもんだから、体が左に大きく動きます

動かせば動かすほど、フェースが開いてしまうんですね。

結果、ボールがつかまらずにスライスのミスや、ボールの頭を叩いてトップのミスが出やすくなるわけです。

 



切り返しで左足を踏み込んだら、その左足の動きを止めてボールを打つだけでOK。

体重を左足に乗せる、体を左に回すといった意識は必要ありません。



ダウンスイングは左足を止めて、フォローでは腕を伸ばしていきます。



最初は手打ちに感じるかもしれませんが、左足を止めることによって、体が開きが抑えられ、ボールを強く、正確にとらえることができます。

上半身の開きを防ぐドリル

 


左手にもクラブを持ち、杖のように体を支えます
左肩が固定されるので、物理的に右肩を突っ込むことができません

下半身の開きを直すためのドリル

右足のカカトを地面に付けたまま打ちます
ダウンスイングで右ヒザが前に突っ込んで、腰が開くのをふせぎます

 


この「強いインパクト」の感覚をつかめば、もっと飛ぶようになります。

これをドライバーでやれば、今までの右にも左にも出る広角打法が、アイアンのライン出しに似たイメージになります



インパクトで体が開かなければ球がつかまるのですが、これがなかなか難しく、アベレージゴルファーをアベレージのままに留まらせている主な要因のひとつですね

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏技】ゴルフのうまい人は、ゴルフクラブの使い方がうまい人?

ある程度ゴルフで上手くなってきても、わかっていないことって多いんですよね。 ゴルフはフォームがすべてではありません、道具をうまく使うスポーツでもあります。 もしクラブの根本的な使い方がわかったら、飛躍 …

腰が切れれば 下半身始動はできる

      「手打ちスイング」にならないよう、腰を切るわけですが、速く腰を切れば肩も速く回ります。   左腰を切るのは、右腰・右肩を引っ張りたいためです。 腰で …

上級者向け インパクトを長くとることのメリット

    やや高度なテクニックになるが、インパクトゾーンで左手の甲の角度はそのままに、前腕を少し回旋させ、シャフトもちょっとターンさせてロフトを殺すようにフェイスを低く押し出すという …

この場面では絶対に使いたいライン出し

      ピンまでの距離が短く、ショット地点のライも良いとなれば、誰もがピンに近づけたいと思うシチュエーションです。 ここで左へのヒッカケなんかが出ると、ガッカリです。 …

【ゴルフの裏ワザ】腰が回らないとお嘆きの貴兄に

ゴルフでは、腰をキレだとか、腰を回せなどよく言われますが、腰自体はなかなか思うようには動かないもの 案外と、全身の力を上手く使えるようになるにはお尻の使い方にコツがあります。 「ボディターン」ではなく …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス