ショットメーカーの技

【ゴルフの裏ワザ】疲れた時のミスショットにはわけがある

投稿日:


 

ミスショットするのにはわけがある

ラウンド後半はいつも疲れて、動かない下半身 曲がるのは当たり前なんですね

ラウンドの後半に入ると、ティーショットが乱れてくるゴルファーが多いと思います。

スライスが出てしまう人、チーピンが出てしまう人、

下半身に問題ありです。 

 


<1>ダウンスイングで最後まで、体重は右足に残ったまま

<2>体重移動が十分できないため、下半身を先に開かざるを得ない

<3>左肘をたたむことができないから、そのまま抜けてしまう

疲れてくると、棒立ち状態になり膝が使えなくなっています。

右に体重が残って、クラブヘッドがインサイドから低く出て、そのまま体が開いて右にも左にも行きます。


応急処置としては

インパクトからフォローにかけて、回転という強い意識よりも、『左向け左』程度でOK。

フィニッシュでは、飛球線方向を向くことが必要です

チーピンが出やすい人は、もともと腕をしっかりと返すことができる人です。

そんな人が、疲れて下半身の動きが止まったら、腕だけが返って、体が動かないからチーピンになります

 

特に傾斜地では、体を安定させようとして両足を踏ん張り、固定しますから下半身が止まって腕だけが返り、ヒッカケが出ます。




チーピンの応急処置としては

意識してダウンから腰を切ります。

腰が切れたスイングでチーピンが出ることはありません。

下半身をスムースに回す方法として、スタンス幅を心持狭めて狭くします、

そして、つま先を開いて下半身が楽な態勢をとります。

腰が動かないと感じたら、お尻を左右に振ってあげます、棒立ちよりも前傾姿勢をとった方が、腰も体も回転しやすくなります。





 

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドライバーをゆっくり上げるのは、もうそろそろやめたほうがいい

少しゴルフがわかってくると、ボールを飛ばすのは腕力ではなくシャフトのしなりだということを理解するようになります。 軽く振ったのに飛んでいるとか、腕に力が入りすぎてスイングスピードが落ちたとかを感じるよ …

絶体にタメがほどけないようにします

手が通るスペースがなくなって、手が上に浮いてタメが消えてしまうシーンよく見かけます。 手が浮くというのは、手だけがおなかのあたりまで上がって来て、手だけで打っています。   そして腕が伸びて …

これをやればゴルフの面白さがわかる

バンスを使ってヘッドを滑らせることができる人は、ゴルフのうまい人です。 ゴルフもボールと遊べればもっと楽しくなるはずです 子供のころからゴルフをやっていた人は、ボール遊びをたくさんやっていたから、上手 …

ハンディキャップ10と20 どこが違うのか?

    ハンディキャップ20の人は、伸びしろを一番多く持っている人です、大半の練習をウエッジとショートアイアンにしたらすぐハンディキャップ10が実現します。 ハンディキャップ12か …

ドライバーがまっすぐ飛ぶ方法を手に入れられます ① 王道は、ハーフスイング

ティーショットでドライバーをまっすぐ飛ばす ティーショットでドライバーがまっすぐ飛べば気持ちの良いものです 距離が出ていなくてもスコアは必ず良くなります。     ドライバーは距離 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス