未分類

【ゴルフの裏ワザ】絶対にアーリーリリースをしないために

投稿日:


 

ゴルフ場には、いろんなアンジュレーションがあります
ダフリやトップの原因は、スイング自体の問題もありますが、アンジュレーションに上手く対応できていない面もあります

中級者や上級者でも、アーリーリリースをしてしまいミスにつながることは、よくあります



アーリーリリースは、「ほどきが早い」「すくい打ち」などと言われている現象で、野球のピッチャーで言えば始動直後、ボールを持った手首は手の平側に丸まっていますが、肩を過ぎるあたりから手の甲側に折れ曲がり、ボールを投げる瞬間まで、手首の角度は手の甲側に折れ曲がったまま。


手の甲側に折れ曲がった指は、リリースする時になると伸ばされ、ボールを投げる瞬間に伸ばされた指の筋肉が縮もうと一瞬はじくことでボールに勢いが付いて、速いボールを投げることが出来ます。


アーリーリリースになると、砲丸投げのように常に右手首が手の平側に折れ曲がった状態のまま投げると言うことで、押しているだけですから、当然スピードは出ません。

アーリーリリースは次のような原因があります



1. 体重が右足に残れば、クラブは手前に落ちる

2. 下半身始動ができない

3. 右手を甲側に折ってスナップで打っている

4. バックスイングは腕だけでヒョイとあげる

まずは、自分が手打ちかどうかを知る方法です


それはとても簡単な方法で、スローモーションでボールを打つだけです。

いつものスイングでボールを打つのに2秒かかるとしたら、少なくともその3倍の6秒はかけてください。

ただスイングのスピードを落とすのではなく、テークバックからフィニッシュまで一定のスピードで動くのがポイントです。

手打ちの人は、ゆっくりスイングが難しく、普段インパクト付近でクラブのスピードを落としません。



体と腕を同調して動かせるようになればゆっくりと等速にスイングできるようになりますし、フェースにボールを乗せてターゲットに運ぶようなイメージが出てきます。
スローモーションスイングは、地味ですがやってみるとわかります、手打ちを簡単に直すことができます。

宮里藍プロもトーナメントの練習場で1分以上かけて1スイングを行っていたりするなど、スローモーションスイングは古くから伝わる効果的な練習方法です。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

軽く振ってるように見えるのに飛んでるドライバー

    プロゴルファーのスウィングを見て「なんであんなに軽く振っているのに飛ぶんだろう」と感じたことはないでしょうか、。 アーニーエルスやフレッドカプルスは、エフォートレスつまり努 …

この場面では絶対に使いたいライン出し

      ピンまでの距離が短く、ショット地点のライも良いとなれば、誰もがピンに近づけたいと思うシチュエーションです。 ここで左へのヒッカケなんかが出ると、ガッカリです。 …

腰が切れれば 下半身始動はできる

      「手打ちスイング」にならないよう、腰を切るわけですが、速く腰を切れば肩も速く回ります。   左腰を切るのは、右腰・右肩を引っ張りたいためです。 腰で …

【ゴルフの裏技】右サイドが活躍する時

  右サイドで火を吹け 一般にはスライス防止のためか、左サイド主導で打てと言われますが 方向性のためにも飛距離のためにも右サイドで、ドカーンと攻撃することの重要性を痛感させられます。 &nb …

レイトヒットを確認する方法

    レイトヒットはゴルフで最も難しい部分で、それだけ練習が必要ということになります、一言でいえば、両手を落とすことになるんですが、要領はダウンスウィングで右腕の内側に引き付けて …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス