ショットメーカーの技 未分類

【ゴルフの裏ワザ】絶対に体が開かない方法

投稿日:2020年1月16日 更新日:


 

バンプ

 

プロたちのインパクトでは、ボールをつぶすような、そして叩きつけるような、そんなパワフルな、アクションがありますが、あの瞬間はどこから来ているのでしょうか。

それは、バンプと呼ばれる動きによって出来るのだと言われています。

トップから切り返しの初動で腰を中心に左サイドに押し出す動きのことを言います。

左壁を作って打つ打ち方です。

腕がダウンスイングに入るとき、左の壁に左腰を当ててから、ダウンスイングに入ってゆくというものです

表現としては、「左側のお尻を後ろに引くように横に動かす」や「インパクトで体がCの字になるように」などがありますが、共通して言えることは、トップから左腰をさらに左へスライドさせる動きを指します。

左の壁とは文字通りアドレスした体の左サイドに壁があるとイメージされるものですが、

クラブを持たず左足の外側を壁にぴったりつけてみます。

壁のそばに立って、まずはいつものスタンスを取り、そのままバックスイングしてトップオブスイングの形をつくったら、なるべく手を下さず左腰を壁にぶつけてみます。

 

かなり違和感のある動きですがこれこそが バンプ なんです。

左腰を壁にぶつけることで切り返した時、ベルトのバックルが斜め右を向いていれば ok。

その後は、曲がっている左膝を伸ばすことで左のお尻が後ろにスライドしインパクトを迎えます。

 

プロゴルファーのスイングには必ずこの動きが入っています

体を開かずかつダウンブローに捉えるためには必須の動作だからです

プロゴルファーでは、タイガーウッズやリッキーファウラーのスイングが代表的です。

 

そういう意味ではプロとアマを開ける重要な要素のひとつと言っていいかもしれません。

プロはバンプをしているから、キレの良いアイアンショットが打てるわけですが、

一般のゴルファーは右軸で回転してしまうパターンが多いので、すくい打ちになったり体が開くことで様々なミスを招いてしまいます。

 

しかし難しい動きであるのは事実で、バンプとスエーは紙一重です

まずは自宅の壁でイメージをつかんでみてください

チェックポイントは、左腰が壁に触れた時下半身が斜め右を向いていることです

バックルが斜め右を向いた状態で壁にぶつかり

そこから腕を振り下ろせば体を開かずにボールを捉えることができます

 

-ショットメーカーの技, 未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフボール 20〇〇年モデルや並行輸入品どれがコスパがいいのか?

ゴルフボールをインターネットで探していると、USモデルだったり、並行輸入品だったりしますが、通常に販売されているボールよりも安いんです。     日本正規品と並行輸入品(USモデル …

最近飛ばなくなったとお嘆きの貴兄に…

    ゴルフ場に行って、しばらく会わなかった友達が言うセリフは、決まって最近飛ばなくなってね、である。   年齢とともに体が硬くなってきいているので、まるでアプローチの …

パワーフェードはプロや上級者が好む球筋です。

    こすり球のスライスは、風向きによっては右OBに吸い込まれてしまうこともあるが。 同じ右曲がりの球筋であっても、フェードは強い球筋で狙った場所に運ぶことができます。 &nbs …

下半身から動き出し、捻転差を感じる方法

飛距離を出すには、様々なテクニックがありますが、その一つはやはりロングヒッターに多く共通して見られる、強い捻転を生み出す下半身リードの切返しでしょう。 下半身リードで捻転差を生み出す事が出来ていれば、 …

どうして脇をしめるのですか?

ホームランの世界記録を持つ王貞治選手が現役時代テレビでこんなことを言っていました。   脇が開いていると衝撃に弱いので、バットの芯で捉えても 相手のボールの勢いに負けやすいのです。 でも脇が …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス