これぞ裏技

【ゴルフの裏ワザ】腰が回る簡単な方法がある

投稿日:2020年7月10日 更新日:



腰が回っていないなどとよく言われます。

正しく体重移動ができないので、トップで右サイドにしっかり体重をのせられず、パワーがたまらないとか、

コックが早くほどけてしまい、インパクトでフェースが開いてしまうというようなトラブルの原因を作ってしまいます。

このようなトラブルの原因を取り除くには、腰を正しく回転させてやる必要があります

 

腰を回そうとしても、手や腕のように言うことを聞いてくれません

切り返しからダウンスイングにかけては、下半身リードや腰を切るという動きを意識している人も多いと思います。

腰をスムーズに回すにはお尻を回すことを意識すれば、割と簡単にできてしまいます

 

 

ただし、股関節から折り曲げる、前傾姿勢がなければスムースに腰を回転させることはできません

 

1、まずは、左肩を下げながら、右にお尻を回してクラブを上げることで正しいトップを作るります。

2、腕力でクラブを振るのではなく、左の尻を回し、右肩を下げることでクラブを下ろしてくる。

3、前傾姿勢を崩さないためには、インパクトでビハインド・ザ・ボールの意識をもつことも重要です。

4、右腕が伸びた大きなフォロー。手元のポジションが低いままでクラブを振り抜いていきます。

 

スイング中は、ベルト付近を動かそうとするとなかなか無理がある人でも、お尻を回すことを意識すると腰がスムーズに回り前傾姿勢もキープしやすくなります。

バックスイングでは右のお尻を後ろに引くように回し、切り返しからダウンスイングでは左のお尻を引くように回す。

 

ポイントは、自分の後ろに壁があると想定して、お尻が触れるようにアドレスしたら、スイング中は常にお尻が壁に触れているイメージで振ることです。

 

そうすれば腕の通り道ができるので、手元を低い位置にキープすることができる。

ただの‟尻引け”にご用心

お尻を回すときに注意してほしいのは

お尻を意識する目的に下半身リードがあります。

とくに切り返しでは、多くのゴルファーは上半身から切り返してしまうので、体全体が突っ込んだ状態になります。

下半身リードで、手をトップに置いたままお尻を少し動かしてあげると、スムースに下りてきます。

右のお尻か、左かわからないときはアヒルのようにお尻両方を左右に振ってみます、体の固さがとれて心地よいバランスが得られます。

 

-これぞ裏技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コックを解くのを遅らせる

          インパクトの直前まで、コックを解くなとはよく言われる言葉であるが、 しかしどの位置でコックが解け始めているのか、そして解けないよう …

70台でプレーするシングルゴルファー達のコース戦略 

70台でプレーするシングルゴルファー達   ゴルフではパーを重ねバーデイをとることも、成功するには必要なことですが、ミスを減らすゲームでもあります。   とりわけスコアに直結するコ …

【ゴルフの裏ワザ】ダウンスイングで絶体が開かないようにする

  ゴルファーにとって、大きな問題は体が開いてしまうということです インパクトで体が開かなければ球が捕まるのですが、これがなかなか難しくアベレージゴルファーを、アベレージのままにとどまらせて …

コツはクラブをインサイドから下ろすとうまくいく

スライスを防いでボールをつかまえるには、クラブをインサイドから下ろすのがコツ……そんな話はよく耳にする。しかし、いざインサイドからクラブを下ろそうと頑張って振っても、なかなかうまくはいかないものだ。 …

下半身始動のシグナルが出てからダウンスイングを開始する

    下半身始動の大切さは分かるのですが、それを意識しすぎると振り遅れてしまいます。 まずは、下半身始動を体感してみます。 左足と右足の体重移動を足踏みで、大げさにやります。 & …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス