ショットメーカーの技

【ゴルフの裏ワザ】軽く振って飛ぶショットとは…

投稿日:


 

 

 

米国のインストラクターが言う軽く振って飛ぶ麻薬とは

それは、なんでもないホール、まるで各駅電車の通過駅のような、なんでもない

ホールで起こる。

 

振った意識もないほど軽くスウイングしたのに、飛んでいると感じることがたま

にあります。

 

あなたは考えたこともないかもしれないが、重力はゴルフスウィングに重要な効

果をもたらす。

 

あなたが努力すべき部分は、バックスウィングだけでしかない、なぜならクラブ

をトップの位置に持っていくのは重力に逆らう行為だからだ。

 

 

 

 

一旦クラブがトップに達してしまったら、その後は逆らわずに重力に従い、すべ

てなるがままに任せればよいのです。

 

ところが、ゴルファーは重力に委ねることなくボールに向かって上半身の力で打

とうとする、このエネルギーの爆発は、スイングの最中の間違った時点で起こ

り、ひっかけや押し出しを招く結果となる。

 

ウイングのトップで求められるのは、両腕とクラブを落下させることであり、こ

の動きはどんな上半身の回転にも先行すべきものである。

 

 

あなたに必要なのは体重を移動させるだけで、他に何もしないことです、重力は

クラブヘッドがボールに向かう旅行を始める前に、クラブを正しい位置に落下さ

せる。

 

一旦クラブが落下すれば、あなたはターゲットに向かって、協力の逆回転をする

ことが可能になる。

 

クラブがボールに向かってパワフルな軌道上にあることは確実である、このクラ

ブの落下の感覚を得るには、上半身の動きを許す前に、右足に向かって両手を落

下させる練習をしてみることだ。

 

あなたの両手が、スローモーションでダウンスウィングを、スタートさせている

ように感じるべきである。

 

コックを解かないことと、両手が落下する間に自然に右手が、まっすぐになる点

に留意、インパクトでのクラブのリリース解くことが、遅すぎるような感覚を抱

くかもしれないが、正しいフィーリングなんです。

 

トップでフッと力を抜くと自然にクラブが落下することが分かります。

 

きついグリップで、力んだスウィングをしているとこの現象は起こせません。

 

ふわーっとクラブを上げ、ストンと落としてからその重力に便乗して振り抜くの

です。

 

練習で、あこういうことだったのかという感覚が味わえましたら、そしてこのク

ラブの落下はフラット目なスウィングが、望ましいドライバーとフェアウェイウ

ッドに間違いなく役立つはずなので、今後とも追求すべき重要課題といえるもの

です。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】 FWでグリーンを狙う

  今どきのFWは、難しい3Wを使わなくても5Wなら、ヘッドスピードが40m/hで190ヤード前後の距離が打てます テイーショットのミスをカバーしたり、打ち上げのセカンドでボールを上げたい場 …

肩を回りやすくすればヘッドスピードはもっと上がる

スイングは肩ではなく、ボデイターンだという人もいますが、バックスイングの時、左肩が顎の下に入りにくくなってきて、肩が思うように回らないと感じてきたら、回りやすいスタンスにすることもできます。 &nbs …

シングルを目指すには得意クラブを作れば最速でなれる

    ゴルファーは好きなクラブが、必ずあるものでドライバーであったり、9番であったり、7番アイアンであったりします。 好きなクラブが、得意クラブであればこれは強い、シングル達は得 …

【ゴルフの裏ワザ】ゆっくり振れますか

    上達に行き詰まっている人に、オススメなのはゆっくり振るという練習です。 スイングをゆっくり振るのは意外に難しいものです、全力で速いスピードで振るよりもゆっくり振るほうが難し …

コックを最後の最後まで解かない方法

      米国のプロがやっている方法です。 3番ウッドを使います、ボールをティーアップしアドレスする。 トップまで行き、いつもの2分の1の速度かそれより遅い速度で腰がボ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス