ショットメーカーの技

【ゴルフの裏ワザ】FWには打ち方がある

投稿日:


「ボールを最下点より右に置いてもダフります。 何故でしょう?」
この質問は非常に多いそうです。

 

ここで「アドレスでどこを見て打っていますか?」

と聞いてみますと、ほとんどの方はボールの後ろを見ていると答えました。

 

ダフりたくなくてボールを右に寄せたのに、ボールの後ろを見てはダフる確率は減りません。

 

そもそもボールを右に寄せていたらボールの後ろは見にくいはずです。

正解は元の最下点の位置かむしろボールの前を見ていなければいけません。

 

基本の目線はアイアンはボールの真上、ダフりたくないときはボールの前です。

 

FWは最下点後にヒットするためボールの手前をみます。

FWは払い打つものと思っていませんか?

 

払い打とうとするとボールを左足寄りにセットして、低い位置からヘッドを入れようとしますよね。実はこれがミスになる原因なんです。

 

アイアンのようにダウンブローのイメージで打ってみてください。

打ち込むためのポイントは2つ。

 

ダウンスイングでグリップエンドをボールに向けて下ろすこと

上から打ち込むと球は上がり、飛距離も大幅にアップします

 

球の位置を右にすると、ダウンブローに打てる!

ドライバーよりもボール2つ右に置く

払い打ちをしようとしてするあまり、スイング中に体が浮いてソールでインパクトしたり、トップするミスがでてしまうのです。

 

 

スプーンでの球の高さに悩んでいるゴルファーは、払い打ってボールを上げようとしているが、これが間違いです。

 

ダウンブローで打ち込むことでボールにスピンがかかって上がりやすくなります。

 

真ん中寄りに置いたボールに対し、グリップエンドを向けて降ろしてくるとダウンブローに打ちやすくなります。

球を上げようとすることが大ケガの原因になる

様々なミスが起こり、安定性に欠けてしまう・・・。

ボールを上げようとすると、ダウンスイングで右肩が下がってすくい打ちになってしまい、ダフりやトップが出てしまいます。

 

また、フェースが開いた状態でインパクトしやすいので、スライスの原因にも。

さらに、ボールを左足寄りにセットすると、ヘッドがボールに届かずにフェースの下面やソールでボールを打つミスも出てしまいます。

高い弾道を自分で作りにいくような打ち方をしてしまうんです。

FWはアイアンよりもさらに重心が後ろ側にありますから、フェースは上方向に向きやすい。

そんなFWでしゃくる動きをしてしまったら、当然ダフリやトップが出やすくなってしまいます」

 

 

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】 ピンまで30ヤード 下はベアグラウンド

ピンは狙えますが、ボールはベアグラウンドの上。 バンカー越えで少し打ち上げです。 ピンまでは30ヤードといったところです。   バンカーがなければ、グリーン手前から転がしていけます。 8I、 …

インパクトの左わきに意味がある

        このようなインパクトよく見かけませんか、それがトッププロに多いんです。 結論から言えば、インサイドに引き、左脇を締め挙げるスウィングです。 スラ …

締めるのはヒジではありません脇です

    スポーツの中で、脇を空けていいという動きは存在しないでしょう。 ランニングしかり、相撲やボクシング。ボールゲームでいえばサッカー、野球、そしてゴルフも例外ではありません。 …

こうすればコックはほどけません

  コックをほどくなとよく言われますが、ほどくつもりはないのにインパクトではほどけているというのが普通ではないでしょうか 1、目標方向に向かってクラブを振り抜く意識が強いとほどけやすい、ダウ …

【ゴルフの裏ワザ】疲れた時のミスショットにはわけがある

  ミスショットするのにはわけがある ラウンド後半はいつも疲れて、動かない下半身 曲がるのは当たり前なんですね ラウンドの後半に入ると、ティーショットが乱れてくるゴルファーが多いと思います。 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス