未分類

【ゴルフの裏技】 ターゲットにいいショットを放つには狙い方がある

投稿日:


 

アメリカのゴルフアカデミーでは、ターゲットに対して正しく狙いを定めているか否かを最近では AI の力を借りて測定しているそうです。

 

アライメントとはよく聞く言葉で、どこを狙っているかとは無関係に

 

体の各部分、足、膝、腰、肩、腕、目などすべてが同調して同じ方向を指していることです。

 

狙うこと自体は簡単です、ゴルフを知らない人にクラブを持たせれば彼は完璧に、ターゲットを狙うでしょう。

 

しかし、初心者の完璧な狙いは、ボールを数個打った後に変化する、例えば3個のボールをスライスさせたとしたら、彼は左から右へのカーブに備えて左方向を狙い始める。

 

あなたがボールをカーブさせる問題点を抱えているなら、カーブの度合いによって正しくターゲットを狙うのはほぼ不可能に近い。

 

それとは対照的に、良いアライメントが実行できていれば、言いスウィングをし

良いショットを打てるチャンスに恵まれる。

 

 

それはあなたが狙ったターゲットには向かわないかもしれないが、それでも

それはソリッドな、いいショットでありそれを継続できればいずれは正しく狙えるようになるだろう。

 

正しいアライメントとは、足、膝、太もも、腰、腕、肩、目などすべてをターゲットラインに平行に揃えることです、そして最も重要なのはそれらが正しく同調することです

 

ゴルファーには足はクローズ、肩はオープン、目を左や右に傾斜させてどこを狙っているのか見当が付かない人がいる。

 

アライメントの要素の中で重要なのは、肩、腕目である。

足も重要であるが他の要素に比べればかなり格下である、この中で一番気付きにくいのが目です

 

 

目はスウィングに大きな影響を与える、目をターゲットの右に揃えたらおそらくそちらに打つことだろう。

あなたが頭をどちらか一方にかしげたら多分、急角度か過度にフラットなスウィングをするはずだ。

 

 

両目を水平にターゲットラインと平行にすべきで、これはバランスのためだけでなく

方向とスウィングの角度のためにも重要なのである。

リバースピボットのミスを犯す場合、地面を水平でなく角度が付いた目で地面を見ながらスイングする。

 

 

目を水平にすればリバースピボットは起こらない。

帽子のツバやサングラスの縁を目安にして目が水平かどうかチェックすると良い。

ピンにまっすぐクラブを合わせたら、肩、目線はピンの左にセットします

方向性をつかさどる重要な役目をするのは左肩の向きなのです

簡単なチェック方法は、アドレス前にクラブを胸に水平に当ててアライメントをチェックし次いで腰まで下げてまたチェックという点検方を実行します

方向が間違っていれば、決していいショットは生まれない、友達か誰かに後ろからチエックしてもらい

そして修正するのが一番です。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】 絶体に体が開かない方法

クラブもそうなんですが、ボールがつかまらず、飛ばないのは「体の開き」も原因の一つです 思い当たるふしとしては、インストラクターから左足1本で立てとよく言われていました、体の回転をよくするためですよね …

レイトヒットを確認する方法

    レイトヒットはゴルフで最も難しい部分で、それだけ練習が必要ということになります、一言でいえば、両手を落とすことになるんですが、要領はダウンスウィングで右腕の内側に引き付けて …

ドライバーをゆっくり上げるのは、もうそろそろやめたほうがいい

少しゴルフがわかってくると、ボールを飛ばすのは腕力ではなくシャフトのしなりだということを理解するようになります。 軽く振ったのに飛んでいるとか、腕に力が入りすぎてスイングスピードが落ちたとかを感じるよ …

アプローチでどうしても、柔らかくは打てずにパンチが入って、強くヒットしてしまう人に

結論ですが、アプローチで強く入ってしまう理由は、コックをつかうからです。 アプローチでは体重移動をせず、大きなコックを使わずに、腕のストロークだけで打つようにします。 イメージとしては右手で転がす感覚 …

軽く振ってるように見えるのに飛んでるドライバー

    プロゴルファーのスウィングを見て「なんであんなに軽く振っているのに飛ぶんだろう」と感じたことはないでしょうか、。 アーニーエルスやフレッドカプルスは、エフォートレスつまり努 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス