ショットメーカーの技

【ゴルフの裏技】絶体ダフらない方法はこれしかない <うまいダウンブローには訳がある>

投稿日:


<うまいダウンブローには訳がある>

 

 

 

 

 

ダウンブローでは、スイングだけでなくグリップやコックをうまく使えば、ミスなくできるようになります。

 

手とグリップ

 

左手をダウンスイングで、左手甲を地面に向けて動かすのが合理的です 。

 

上から下に打ち込みたいなら、右手首を手のひら側に折ったり決してしないはず。

右手のひらを地面に向けて、右手首の角度をキープしていくのが自然です。

 

ダウンブローでヒットするには、インパクトでのコックの動きが重要になります。

 

ダウンスイングではコックを解かず、インパクト手前の一瞬で一気に解くわけです。

そのコックのタイミングを覚えるドリルです。

 

 

アドレスしたら、グリップの位置を動かさずに、右手首をコックします。

コックすると、ヘッドだけが引かれます。

引かれたら、コックを解いてボールを打ちます。

 

 

右手のコックだけ、右手の手首だけでボールを打つわけです。

 

右手を動かさずにコックをするには、右手ではなく、左手で操作するとうまくできると思います。

 

左手を操作して右手のコックで打つのです。

腕は動かさないのでスイングとはいえないアプローチのようなものですが、この右手コックだけでダウンブローで打てるようになれば、それがフルスイングに生かせますので、クセになるほどやってみてください。

 

ルークドナルドはこんなことを言っています。

 

グリップで、アマは左の手のひらを斜めに通すパーム派が圧倒的に多い。

 

これこそがダウンブローに打てない原因なんだ。

「パームで握ると、必然的にクラブをインサイドに引くことになります。

 

なぜならクラブを立てながらオンラインに上げるのに必要な。コックが使いにくいからです 「そのせいで、ダウンスウィングでクラブは寝たままインパクトを迎えるから球を厚くとらえることはできない。

 

 

当然当たりは薄いし、ダフるし、球に威力もない。

 

でも、これは打ち方が悪いというより左手の握り方が悪いからなんだ」。

 

ルークが薦めるのはフィンガーグリップ。

 

指のつけ根で握ることで、クラブを立てやすく、球を上から叩くことができる

「ボールの先のターフがとれる当たりの厚い球を打つためには、左手のグリップをフィンガーで握ることが最大のコツ。

 

 

グリップの指の付け根の関節を平行に横切れば、テコの要領で球を上から叩きやすくなるんだ」。

ルークが言うように、フィンガーで握ることでダウンブローに球をとらえやすくなるほか、指で握ることで『手首を柔らかく使える』というメリットもあります。

 

フィンガーグリップで握れば、手首を柔らかく使えてヘッドスピードも上がる とにかくフィンガーグリップで握る‼ あとはグリップを真下におろすイメージでヒットすれば、ダウンブローの完成です。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】絶対に体が開かない方法

  バンプ   プロたちのインパクトでは、ボールをつぶすような、そして叩きつけるような、そんなパワフルな、アクションがありますが、あの瞬間はどこから来ているのでしょうか。 それは、 …

ヒンジングでもっとドライバーを飛ばす

日本では、手首の動きをコックで説明することが多いですが、海外ではコックと並びヒンジングと呼ばれる手首の横動作がよく取り上げられます。 ヒンジングとは、蝶番の動きのことで、スイングにおいては、右手首を親 …

早くからフィンガーストロングにしておけばよかった、 レイトヒットはこれだ

レイトヒット   上手い人ほど、手首が動いていないように見える ボールを強く正確に打とうと思うなら、可能な限り長く手首のコックをキープしなければならない。 あなたの目指すものはレイトヒットで …

タイミングを重視される方へはフォワードプレスをお勧めします

バックスイングを始めるときできるだけ手でクラブを上げるのではなく体感で上げていきたい、どうしてか それは手で操作して、苦い経験をしているからだ。 フォワードプレスはほとんどのプロが行っています アドレ …

今以上にヘッドスピードを上げる最強の方法

レッスンでクラブを速く振るために、インストラクターがいつもいうことは、肩を回せ、腰を回せ、腰をキレ、腕をましたに落とせ、右足前でインパクトせよ、   これらよりもっと強力なヘッドスピードを上 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス