ショットメーカーの技

【ゴルフの裏技】絶体ダフらない方法はこれしかない <うまいダウンブローには訳がある>

投稿日:


<うまいダウンブローには訳がある>

 

 

 

 

 

ダウンブローでは、スイングだけでなくグリップやコックをうまく使えば、ミスなくできるようになります。

 

手とグリップ

 

左手をダウンスイングで、左手甲を地面に向けて動かすのが合理的です 。

 

上から下に打ち込みたいなら、右手首を手のひら側に折ったり決してしないはず。

右手のひらを地面に向けて、右手首の角度をキープしていくのが自然です。

 

ダウンブローでヒットするには、インパクトでのコックの動きが重要になります。

 

ダウンスイングではコックを解かず、インパクト手前の一瞬で一気に解くわけです。

そのコックのタイミングを覚えるドリルです。

 

 

アドレスしたら、グリップの位置を動かさずに、右手首をコックします。

コックすると、ヘッドだけが引かれます。

引かれたら、コックを解いてボールを打ちます。

 

 

右手のコックだけ、右手の手首だけでボールを打つわけです。

 

右手を動かさずにコックをするには、右手ではなく、左手で操作するとうまくできると思います。

 

左手を操作して右手のコックで打つのです。

腕は動かさないのでスイングとはいえないアプローチのようなものですが、この右手コックだけでダウンブローで打てるようになれば、それがフルスイングに生かせますので、クセになるほどやってみてください。

 

ルークドナルドはこんなことを言っています。

 

グリップで、アマは左の手のひらを斜めに通すパーム派が圧倒的に多い。

 

これこそがダウンブローに打てない原因なんだ。

「パームで握ると、必然的にクラブをインサイドに引くことになります。

 

なぜならクラブを立てながらオンラインに上げるのに必要な。コックが使いにくいからです 「そのせいで、ダウンスウィングでクラブは寝たままインパクトを迎えるから球を厚くとらえることはできない。

 

 

当然当たりは薄いし、ダフるし、球に威力もない。

 

でも、これは打ち方が悪いというより左手の握り方が悪いからなんだ」。

 

ルークが薦めるのはフィンガーグリップ。

 

指のつけ根で握ることで、クラブを立てやすく、球を上から叩くことができる

「ボールの先のターフがとれる当たりの厚い球を打つためには、左手のグリップをフィンガーで握ることが最大のコツ。

 

 

グリップの指の付け根の関節を平行に横切れば、テコの要領で球を上から叩きやすくなるんだ」。

ルークが言うように、フィンガーで握ることでダウンブローに球をとらえやすくなるほか、指で握ることで『手首を柔らかく使える』というメリットもあります。

 

フィンガーグリップで握れば、手首を柔らかく使えてヘッドスピードも上がる とにかくフィンガーグリップで握る‼ あとはグリップを真下におろすイメージでヒットすれば、ダウンブローの完成です。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】疲れた時のミスショットにはわけがある

  ミスショットするのにはわけがある ラウンド後半はいつも疲れて、動かない下半身 曲がるのは当たり前なんですね ラウンドの後半に入ると、ティーショットが乱れてくるゴルファーが多いと思います。 …

シングルを目指すには得意クラブを作れば最速でなれる

    ゴルファーは好きなクラブが、必ずあるものでドライバーであったり、9番であったり、7番アイアンであったりします。 好きなクラブが、得意クラブであればこれは強い、シングル達は得 …

【ゴルフの裏ワザ】パーオンがスコアを決める

          ゴルフファーはパーオンを目指してプレーしています。 パーオン数でスコアがほぼ決まるから、パーオンを目指せば、 戦略も立てられるとい …

米国のインストラクターが言う軽く振って飛ぶ麻薬とは

  軽く振って飛ぶ麻薬 米国のインストラクターが言う軽く振って飛ぶ麻薬とは それはなんでもないホール、まるで各駅電車の通過駅のようななんでもないホールで起こります。 振った意識もないほど軽く …

上体が突っ込むのは、これが原因だったのか……。

支点がボールの近くになればなるほど、スイングアークは短くなるので飛ばなくなります。 スイングの支点を体の後ろに持っていけば大きなスイングアークが描けます。 支点が腕のあたりにある人は腕の力で振っている …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス