ショットメーカーの技

【ゴルフの裏技】絶対に手打ちをしない方法が見つかった ②

投稿日:2020年1月23日 更新日:


手打ちには絶対になら ない方法

米国のインストラクター ジミィ・バラードの、大きな筋肉を使うことによって、手打ちには絶対になら ない方法のトレーニングとチエック法です。

 

【左上腕が身体に密着しているか】

ミドル・アイアンやショート・アイアンを振る際、左脇の下にハンカチを挟む。

 

クラブのカバーでもよい、あなたがハンカチを落としたら、上腕部と『肩一帯』の連結は外れていて、腕を独立させて動かしている証拠である。

【正しい右肘のうごきができているか】

練習場でクラブ無しで、右手にゴルフ・ボールを握って通常の望ましいアドレス体勢をとる。 その体勢から力強くボールを投げる。

 

 

右腕はどんな反応をしただろうか、もし、あなたが右肘を身体の右脇に凍り付かせようとしたら、完全に不自然な感覚を抱き、結果はワイルド・ピッチになった筈だ。

 

また、あなたが右肘を身体から離して純粋なフライング・エルボーを作ったら、フィーリングと結果はどちらも不快なものとなろう。

 

だが、あなたが自然にボールを投げたら、あなたの右腕の動きは偉大なゴルファーのバックスィングにほぼ似たものになる筈だ

 

【三角形を保つドリル】

ドライヴァーのグリップエンドを胸骨につけ、両手は普通のアドレスのように金属シャフトを握る。

 

そのまま、クラブを腰の高さで左右に何度も振る。

これは身体の中心と《両腕と両肩で形成される三角形》を保つ感覚を養ういい方法である。

 

 

バックスウィングとフォロースルー、共に腰の高さでクラブのトゥは天を指す。

 

このドリルをしながら(そしてフル・スウィングしながら)クラブの位置をチェックし、インパクトでクラブがスクウェアであることを確かめる スウィングの最中、左肘は一貫して地面を指していなければならない。

 

左肘の角度が変われば、クラブフェースのスクウェアな角度も変わってしまう」と説いています。

 

三角形を保てば左肘の向きが変動することはありません。

 

三角形を保つことは正確なショットの基盤なのです。

 

『両手・両腕を真っすぐ引くとどうなるか、結果は、クラブは両手・両腕と肩関節でぐいと後方に引かれ 肩関節の働きで胸を横切るように腕を持ち上げることになります。

 

それは三角形のセンターの動きを伴わない、身体との”connection”を欠いた限定的なものでしかない。

 

センターを伴わない三角形で正しいスウィングは不可能である。

あなたは『三角形を腰の高さに上げた。その後、どうするの』と聞くだろう。

 

その答えは『意図的に何もするな』である。

 

腰の高さに達すると、右腕は畳まれクラブの勢いによって自然に手首がコックされる。

 

ゴルフ・スウィングの間、意識的にコックしたりアンコックしようと努力してはならない。

 

クラブが正しくグリップされ、身体のセンターと共に結合された三角形がテイクアウェイされたら、何の手助けも必要とせず両方の手首はそれらがすべき仕事(コック)をするのです。

 

なるがままにさせればよい。

だから、バックスウィングの初期にコックするゴルファーは、グリップエンドだけでなく両手をもセンターから離反した独立愚連隊にしてしまう。

 

そこから先、ボールの背後で正しい捻転を行うことは出来なくなるし、スウィング弧も縮めてしまい、スウィングは”connection”を失ってしまう。

 

バックスウィングで右腕は必然的に折られるが、偉大なゴルファーたちのスウィングのトップで、センターと三角形は明白に保たれている。

右腕を無理に胸郭に近づけるとか、不自然に高く挙げるのは”connection”(結合)を壊す一般的な過ちである。

 

どちらの場合もクラブはセンターとの共同作業を放棄してしまうため、ダウンスウィングは弱々しい手の動きで操作せざるを得なくなる。

 

両手で作る三角形で、ゴルファーは無関係な動きを最小限にし、大きな筋肉を使い手打ちをしないスイングが出来る。

-ショットメーカーの技
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】疲れた時のミスショットにはわけがある

  ミスショットするのにはわけがある ラウンド後半はいつも疲れて、動かない下半身 曲がるのは当たり前なんですね ラウンドの後半に入ると、ティーショットが乱れてくるゴルファーが多いと思います。 …

ビハインド ザ ボールは、何度言っても言い足りないくらいだ

ビハインドザボールボールは古くから言われている 鉄則です、正確に言うと頭をボールの後ろに止めるわけですが、パワーを増加させたければ下半身をもっと活発に動かせと言われたことがあるはずだ。 しかし足と腰を …

バンスを滑らせるにはコツがあった

    ウエッジでアプローチをするとき、芝の上にボールが載っていて、少し浮いている状態なら安心して打てますが、刈り込まれて極端に短い芝やベアグラウンドに近い、ライの悪いときなどは慎 …

レッスンなどでよく聞かれる、クラブ落ちるイメージとは…。

クラブが落ちるとは ダウンスイングでクラブが落ちるイメージ、とはよく言われることですが実際に実践するのはどうすればいいのか。 クラブが落ちるとは、腕とクラブを一体のまま、真下に引き下ろしてくる感覚です …

上体が突っ込むのは、これが原因だったのか……。

支点がボールの近くになればなるほど、スイングアークは短くなるので飛ばなくなります。 スイングの支点を体の後ろに持っていけば大きなスイングアークが描けます。 支点が腕のあたりにある人は腕の力で振っている …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス