ドライバーに自信あり

【ゴルフ裏ワザ】ドライバー OBなし 上級者用パワーフェード

投稿日:


 
 
 
 
ゴルファーたちはドローボールを打つ講釈は数多く聞く機会があるが
 
フェードボールについてはほとんどない、フェードはスライスに
 
極めて似通っており、スライスは疫病神のように嫌われているからです
 
しかしフェードは偉大なプロたちが好む球筋です
 
ベンホーガンはフェードで有名というか彼がフェードを有名にした張本人です。
 
ジャックニクラウス、全盛時のビリーキャスターもフェードでした。
 
青木は何度もリードしていながら、フックで優勝を逃したため
 
フェードをマスターするべく打ち込み、会得したグリップを
 
ひもで巻いて風呂に入る時でも解かなかったそうです。
 

 
それほど一流プロはフェード打ちに心血を注いだようです
 
あなたも乗り遅れないように
 
パワーフェードの要点は次の2つ
 
1 ボールを打つまで右肩の高さを保持する
 
2 ボールを打つまで右手は左手を超えない
 
またボールを打つまでクラブヘッドは両手を超えたりしない
 
あなたはスライス防止に、インサイドアウトのスウィングをしろと
 
教えられているので右肩を落とし、クラブを体に近寄せてフックを
 
出すように努めているはずだ。
 
誰しもスライスよりフック望むからだ、パワーフェードでは単純に
 
ダウンスウィングで右肩を高くし続ける、右肩を落としてはいけない
 
当面、新規だし違和感があるだろう、右肘が身体から離れながちになり
 
ターゲットラインを横切るようなスウィングをもたらし、結果はプルか
 
スライスになる。
 
 
これを防止するには、ダウンスウィングの最初で右肘を体に引き寄せる
 
ことだこれはベンホーガンが閉路を打つときにやっていたことです
 
引き寄せた右肘は往々にしてフックと関連付けられる、しかし
 
高い右肩を実現する限りフックにはならない
 
ボールを打つまでコックを維持せよ
 
アイアンのインパクトでは、両手は若干ボール位置より先行しています
 
ドライバーではボールの真上、左手はストロンググリップにすることを
 
オススメする、右手は柔らかく握り決して左手を超えない返さない
 
パワーフェードは必ず左から右へ、飛行するとは限らない
 
しかし、ボールは旅の終わりで右手を向いて着地するのが普通である

バックスを短くしてはいけない、スウィングの長さはパワーの鍵である
 
インパクトで解かれる両腕と両手首もパワーの源泉だ
 
くどいようだが手首を返さないように
 

 

-ドライバーに自信あり

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドライバーを替えて正解でした

ドライバーがやさしくなっているのは事実なんです。 長い重心距離と深い重心深度。   この2点がいまのドライバーの最大の特徴です。 大きなスウィートエリアでミスヒットに強く、クラブもボールも低 …

安定したドライバーを手に入れるには、曲がり幅にこだわる

米国のルーリッキオ氏のフェアウエーキープ率とスコアの関係では、 90切りには、3ホールに1回のフェアウェイキープ シングルになるには、2回に1回以上のフェアウェイキープ が必要になるそうです。 &nb …

シニアプロがやっているドライバー飛距離UP法

ゴルフはいくつになっても上達できる。それも素人ならなおさらです。伸びしろがたくさんある。 体力が低下してきて、教科書通りのスイングができなくなってきたのなら教科書は書き換えた方がいい。   …

データーで見た70台でプレーするポイント

    70台で回れることは、だれとでも恥ずかしくないプレーできることを意味し、誰もがあなたとプレーしたいと思うようになることです。 米国のUSGAが、男性のアマチュアゴルファーが …

【ゴルフの裏ワザ】ドライバーを簡単に真っすぐ打つ

  ゴルフでまっすぐに飛ばすには、まずは大きな曲がりをなくすことですね   1  巻き込みフックをなくすには? ダックフックともいiいいます、巻き込みフックは、球の飛び出し方向が左 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス