未分類

いつもダウンブローを確実に行うにはどうすればいいか

投稿日:


 

 

理想は、ドライバーではアッパブロー、アイアンではダウンブローです

 


ダウンブローのインパクトへの準備は、腕が腰の高さになった時点で、手元やクラブヘッドは低い位置に保たれ、左手の甲が右に回転することなく、フェースは開くことなく

 

左手の甲は下を向いたままインパクトを迎え、そのまま両腕が伸びていきます。

 

この段階では、腕や手首のローリングは起こっていないし、無理にフェースターンもしていません、従ってクラブを返す動作は一切していないということです。

では、ダウンブローのアドレスはどうすればいいか

 

素振りをすれば、ヘッドの最下点は左ワキの下に来ます、ですから実際のスイングでも素振りのように振り抜けば、自然とインパクトは体の真ん中=ボール位置にくるはずなのです。

 

つまりダウンブローに打つには、ボールを最下点の前で捉えることが不可欠であり、ヘッドの最下点は左ワキの下が目安です

 

 

ところが実際は、“大きく強く”振る意識が無意識に働き、バランスを崩してしまっているケースが多い。

 

米国のゴルフアカデミーでは、ボールをセンターから左足かかとよりに寄せたら、センターに胸骨を揃え、目線をボールの先に置けと言っています。

ボールの位置は、個人の感覚の問題もありますからセンターから左足かかとの間で好きな位置に決めます。

 

アミカソレンスタムが59を出した時ダウンブローについてこう言っています。

ダウンブローはクラブフェースでボールに多量のバックスピンを与えそれがボールを
上げる

私はミドルアイアンではスタンスの中央から1インチ約2.5センチほど
ターゲット側にボールを配置する、そこがスウィング弧の最低点である

プロはアプローチでも、ダウンブローに打っています

フェースは好みでオープンまたはスクエアーに構えますが、インパクトでは56度のウェッジなら、50度のロフトで当たっているのです。

つまり、ダウンブローで実際のロフトよりも幾分フェースが立った状態になっています。

フェースを開いている理由は、開いたまま打ち抜いてもボールとのくっつきが甘いのでさほどスピンはかかりませんが、ダウンブローに打ち、なおかつしっかりとフェースターンを入れることでスピンがかかるからです。

要領は、バックスイングが上がったら、シャフトを軸回転させながら振り下ろしてボールをとらえます、このとき意識するのは左手の使い方で、左手でしっかりシャフトを回します。

そうすると手の甲が張ると思いますが、ここが重要なポイントで、。その状態でハンドファーストにインパクトするときれいにボールをダウンブローでとらえられます。

一方、アマの場合は、すくい上げるインパクトなので、フェースはオープンではなく、クローズフェースになっています。

ダフリもトップもあるし、しっかり当たると左に強く出てしまう結果になってしまうのです。

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドライバーをゆっくり上げるのは、もうそろそろやめたほうがいい

少しゴルフがわかってくると、ボールを飛ばすのは腕力ではなくシャフトのしなりだということを理解するようになります。 軽く振ったのに飛んでいるとか、腕に力が入りすぎてスイングスピードが落ちたとかを感じるよ …

【ゴルフの裏ワザ】絶対に体が開かない方法

  バンプ   プロたちのインパクトでは、ボールをつぶすような、そして叩きつけるような、そんなパワフルな、アクションがありますが、あの瞬間はどこから来ているのでしょうか。 それは、 …

【ゴルフクラブ】すぐできる!ピンそばに、ピタッと停まるアプローチ

  中上級者ならできる、スピンをかけてピンそばに止めるショットでは まず、自分が得意としている最適クラブを選ぶことです セットクラブのSWならバンスが大きいので難しくなります 一番アマで多く …

シングル達に速く上達するコツを聞いてみた

速く上達するコツを聞いてみた 会社に勤めながらシングルゴルファーになった人たちに、上達したコツを聞いてみました。 毎週練習に行ったり、毎日のクラブのすぶりやパターマットでの練習は、ほとんどの人がやって …

手打ち防止の練習法と技

      下半身を軸にして、コマのようにターンして打ちたいが、 体のターンと腕が同調していないのが、手打ちです。 なおす方法は簡単ですが、一筋縄ではいきません &nbs …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス