未分類

この場面では絶対に使いたいライン出し

投稿日:


 

 

 

ピンまでの距離が短く、ショット地点のライも良いとなれば、誰もがピンに近づけたいと思うシチュエーションです。

ここで左へのヒッカケなんかが出ると、ガッカリです。

 

ヘッドが返ってしまったり、つかまりすぎのミスです。

打ち方がどうのこうのという問題ではなく、ウエッジや9番などは、重心角度が大きくもともと、フェースが動きやすいクラブだからです。

 

ハーフショットやクオーターショットが、真っすぐ飛ぶのを経験されていると思います。

フェース面をあまり変化させないように打っているからまっすぐ飛ぶわけです。

そんな時は、より方向性を重視するライン出しが出番となるはずですが、
あまり多用されてはいません。

何故か、それは距離を正確に打てないと考えるからです。

 

例えば、ピンまで110ヤード、ピッチングウエッジなら丁度の距離です、
普通はフルショットします。

そこで、9番アイアンで、ライン出しクオータースイングなら狙い打ちが出来ます。

受けグリーンで奥に上っているなら、余計にライン出しが有効です。

 

 

次に、狙いにくいライの場合です、フェアウェイバンカーからでは、デッドに狙いはするもののかなり難しいですから、ライン出しショットで「トップでよい」程度で、ボールを転がしてグリーンに乗せるという方法もあります。

次は、プロでも難しいディボット跡からのショット

 

ボールがディボットの後ろ側、クラブが入る方向に近い場合。

ここでの問題はボールが芝より沈んでいるため、ボールにコンタクトしにくい。

そこで、まずはアドレスをオープンに構え、アウトサイド・インを意識した構えをします、

インサイド・アウトよりもヘッド軌道が上から下に向かいやすいので、沈んでいるボールにもコンタクトしやすいのです。

フェース面をやや被せて構えて。ボール手前の芝にクラブが突っかかりにくく、ボールにヘッドをヒットさせやすくします。

 

ディボットの前側、クラブが抜けていく方向に近い場合は、ヘッドが抜けていく方向に芝があるので、抜けにくいのが問題点ですから。逆に、フェースを開いて対応します。

フェースを開くことで、フェース真正面から芝の抵抗を受けることなく抜けやすくなるわけです。

スイングは先程と同じくややカット気味に。

 

この場合、飛距離が出にくくなるので、大きめの番手を選択するようにします。

ライン出しの基本的な打ち方は、

アドレスではクラブを短く持ち、スタンスもやや狭め。

 

 

ボール位置は、通常よりやや右足寄りでハンドファースト。

そしてポイントなるのがフォローです。

インパクト以降はずっとフェース面を変えないように、ヘッドが腰の高さにきたら止める、寸止めショットのイメージでフォローを取ります、。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】カップを絶対に見に行かない方法

      パターのストロークを安定させるには上半身が動き過ぎないこと ですよね 他の人から、体が動いているよとか、カップを見に行ってますよとか言われたことはありませんか …

腰が切れれば 下半身始動はできる

      「手打ちスイング」にならないよう、腰を切るわけですが、速く腰を切れば肩も速く回ります。   左腰を切るのは、右腰・右肩を引っ張りたいためです。 腰で …

クラブをゆっくり振れますか?

  テレビでゴルフ中継を見ていると、300ヤード飛ばすプロ達が,アプローチになるとゆっくりと振っています、まるでスローモーションを見るように。 アプローチではゆっくりしたスイングで、柔らかく …

【ゴルフの裏ワザ】腰が回らないとお嘆きの貴兄に

ゴルフでは、腰をキレだとか、腰を回せなどよく言われますが、腰自体はなかなか思うようには動かないもの 案外と、全身の力を上手く使えるようになるにはお尻の使い方にコツがあります。 「ボディターン」ではなく …

【ゴルフの裏技】ゴルフのうまい人は、ゴルフクラブの使い方がうまい人?

ある程度ゴルフで上手くなってきても、わかっていないことって多いんですよね。 ゴルフはフォームがすべてではありません、道具をうまく使うスポーツでもあります。 もしクラブの根本的な使い方がわかったら、飛躍 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス