ショットメーカーの技

アドレスで体重はどこにかけるか?

投稿日:


 

 

アドレスで、体重はどこにかけるのが自分に一番合っているのか、疑問に思っている人も多いと思います。

下半身を安定させるためには、足の中央、土踏まずという人もいれば、飛ばすにはカカト体重という人もいます。

 

日本人として、初めて米女子ツアー賞金女王に輝いた岡本綾子、そのスウィングは彼の野球のイチローがバッティングの参考にしたと言われています。

そして、岡本がそのスウィング論をまとめたのがレッスン
です。

その名著レッスンの中で、岡本は体重配分 以上に力点が重要だと説いたうえで、私が特に気をつけているのは両足の裏
、それぞれ親指の付け根の骨の出っ張った部分、

ここに力をかけて、地面をグリップすると言っています。

 

あえて言えば、両足の甲の上から、親指の付け根のところに大きな五寸釘を打ち込んだイメージで、この部分ががっちり大地を踏みつけ離れないようにしておくのがポイントです。

五寸釘とは何とも凄い表現だが、親指付け根を固定することでスウィング中も回転軸が外側へずれにくくなるのだという。

見た目もコンパクトで、ドラム缶の中で回っているようなスイングですからそのような表現になるのでしょう。

岡本はスイングではいつも重心は、体の内側にかかっていなければ安定しないそうです。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アドレスではどこに力が入っていますか?

    コンペの朝、1番ホールのスタートです、皆さん、力が入り過ぎだなあ…」と思いませんか? 大切な「力の入れどころ」が間違っているようです。 あなたはアドレスで、どこに力を入れて …

両腕が伸びたフォローがとれないとスイングプレーにのっていないかもしれない

インパクトで両手を伸ばす プロの伸ばされた両腕による長いフォローはライフル銃のようです、アマは瞬間折りたたみ式拳銃、それも短い女性用ピストルという感じです。 プロのスイングですと、彼らの打ちたい対象は …

タイミングを重視される方へはフォワードプレスをお勧めします

バックスイングを始めるときできるだけ手でクラブを上げるのではなく体感で上げていきたい、どうしてか それは手で操作して、苦い経験をしているからだ。 フォワードプレスはほとんどのプロが行っています アドレ …

肩を回りやすくすればヘッドスピードはもっと上がる

スイングは肩ではなく、ボデイターンだという人もいますが、バックスイングの時、左肩が顎の下に入りにくくなってきて、肩が思うように回らないと感じてきたら、回りやすいスタンスにすることもできます。 &nbs …

懐を深くすれば楽に早く振れる

        今の打法では背中が少しカーブがついて丸みがあるのが良いのですが、猫背だとお尻が落ち顔が下を向いてしまうので、両手が肩の真下より内側に入り懐がなく …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス