寄せワンアプローチ

アプローチが苦手な人は、ハンドファーストをやめればよい

投稿日:2020年1月21日 更新日:


アプローチが苦手な人は、大概ハンドファーストで構えています。

その理由は、アイアンショットをおぼえる時、ハンドファーストをいやというほど、言われていますから、アイアンを持てばハンドファーストに構えてしまう癖がついています。

 

7番アイアンのような、ミドルアイアンならダウンブローに打ちますからクラブが抜けてくれます。

 

しかし、アプローチでSWをもって、ボールを右足寄りに寄せてショットすると、リーディングエッジが、目標方向に向かうというよりも、むしろ地面方向に向かって,刺さってしまうんです。

アプローチの練習では、意識はリーディングエッジをボールと地面の間に入れようと工夫しますが、なにしろ点を狙っていますから、上手くいくときもありますがダフったりトップしたりすることも多いわけです。

 

ここでは2つの変更をします

1. アプローチのクラブは、SWではなく、ピッチングウェッジや9番にします。

2. ソールに意識を持っていき、
リーデイングエッジの事はしばらく忘れます。

 

 

アプローチの一番の基本は、SWでハンドファーストではなく、ピッチングウェッジや9番でハンドファーストをしないで、ただ、ソールを滑らせれば通常のショットもどんどん向上していきます。

 

構え方は、パターを打つように、シャフトをハンドファーストにさせないでまっすぐに構えます。

ボールの位置もほぼセンターでOKです

この状態でソールを意識して、パター感覚で打ってみてください。

クリーンに当たっても、ボール1個分手前から入っても、ソールが滑って、きれいにボールにコンタクトします。

 

リーディングエッジで点を狙っていた時と違って,
アバウトにゾーンで打っていけます。

このアイアンの後ろのバンスが、ボールを捉える前に
、先に着地していたからクラブソールは必ず滑って
どんな位置から入っても、確実にボールを捉えてくれます

ですからもちろんクリーンにあたっても大丈夫です。

ボールとのインパクトの時、コンタクトする幅が広く
ヘッドがどこから入ってもちゃんとボールを捉えてくれるというのは、ハンドファーストにしないで、バンスを滑らせるということで幅をとることが可能だからなんです。

極端に言えば、リーディングエッジはボールの手前のどこから入ってもよく、ソールさえ滑らせれば、あとはふり幅だけを考えておけばいいことになります。

アプローチが簡単で、楽になります。

-寄せワンアプローチ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アプローチ技 ② 9番アイアンのトウで打つ

アプローチで距離も短いし、グリーン上のラインもストレートで昇り、カップインまでありそうなので、パットで狙いたいのだがラフでパターは使えない。 SW,AWなどを使う場合が多いと思います、しかしバウンドさ …

高度な技!アプローチでスピンをかけて止める

    アプローチでは、低い球でランニングで寄せていくのがアベレージゴルファーには安全確実ですが、砲台グリーンで、グリン面の傾斜がきついような場合は、スピンをかけて止めたい。 &n …

上手い人はひじでクラブが上がることを知っている

    アプローチで失敗している原因の一つに、腕が邪魔している場合があります。 「腕が邪魔しているって、腕を使わなければ打てないじゃないか」 グリーン周りのラフからの、5ヤードの普 …

ミドルアイアンはザックリしないのに、SWでざっくりするのはなぜ

      三つの理由があります、ダウンブロー、フェースローテーションとクラブ選びですヘッドの重みを感じながらゆっくり振れとはよく聞くことですが、アプローチでプロのマネを …

アプローチ&バンカーはこれ一つでOK

結論的には、小さい半径で速くシャープに振ればミスが少なく、バンカーでも砂を薄くとれる。   アプローチもバンカーも同じ振り方でOKです 上りでバンカー越えグリーンは受けていて、ピンは 旗しか …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス