寄せワンアプローチ

アプローチ技 ① 下りの短いアプローチをスピンをかけて止める

投稿日:2020年2月3日 更新日:


セカンドショットがグリーンを外れてラフにとまった。
パターは使えそうにない、しかも下りのラインでピンまで5ヤード、なんとかボールを止めたい。

セカンドショットを、グリーンの奥に外したような場合よく出くわします。

サンドウエッジで距離を合わせるのですが、方向も合わせなければならないので難易度が高い。

 

ダウンブローに打っ

ダウンブローに打ってスピンをかけて止める方法があります。

スピンをかけるには、ロブショットのようにクラブを開いて上げるのが一般的ですが、ハンドファーストにしてスピンをかける方法もあります。

距離の短いアプローチでは、両足を狭めて立っているはずです

アドレスでは、最初からインパクトの状態を作っておきます。

 

左足を30度開いてオープンにする、。左足を開くのは、クラブの通り道を確保してスイングをしやすくすることもありますが、左足を開けば必ず左足体重となっています。

足の幅が狭いですから、バックスイングした時に右足体重となって、クラブが先に落ちてダフルことが多いんです、

右足は少し開いた状態ですが左足体重が絶対条件ですので右足を上げてみる、右足が上がったら左足体重となっています。

腰を45度開いて構えます

肩のラインはカップと同じ目標方向です、ボールをヒットする場合はミドルアイアンと同じくダウンブローに打ちます。

すなわち地面より先にボールを打ちます、ボールの下半球を狙って打ち下ろす感覚です。

下半身はあまり動かさず上半身で距離をコントロールします。

ボールは、ツーバウンド、スリーバウンド目でキュキュとスピンがかかって止まります。

コツは、常に左足体重にしておくことです。

 

 

上りのラインでも左足体重で変わりません、ダウンブローに打ちたいからです。

使うクラブは、SWですがバンスが平らな方が扱いやすい、。特にヒール側が引っ掛かりやすいので、バンスが抜けやすいものが最適です。

 

練習法

練習で便利なことは、家でできることです。

絨毯の上で、2メーターぐらいのところにパターのカップを置いて、練習します。


SWですが、ダウンブローに打つとボールは低く出ます、練習を積んでくるとカップに、パターより良く入るようになります、

プロがパターを使える状況でも、ウエッジで打つ意味が分かってきた感じがします。

カーぺットでも打てるようになったら完成です。

上級者ほどこのショットに興味を示してくれます。

-寄せワンアプローチ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミドルアイアンはザックリしないのに、SWでざっくりするのはなぜ

      三つの理由があります、ダウンブロー、フェースローテーションとクラブ選びですヘッドの重みを感じながらゆっくり振れとはよく聞くことですが、アプローチでプロのマネを …

アプローチ&バンカーはこれ一つでOK

結論的には、小さい半径で速くシャープに振ればミスが少なく、バンカーでも砂を薄くとれる。   アプローチもバンカーも同じ振り方でOKです 上りでバンカー越えグリーンは受けていて、ピンは 旗しか …

ラフからのアプローチ それって、うっかりミスです

    上級者より、アベレージゴルファーの方が上手い人がいます それは、グリーン周りのアプローチで深いラフの場合です   グリーン周りに限らず、ラフというのは沈んでいるよ …

高度な技!アプローチでスピンをかけて止める

    アプローチでは、低い球でランニングで寄せていくのがアベレージゴルファーには安全確実ですが、砲台グリーンで、グリン面の傾斜がきついような場合は、スピンをかけて止めたい。 &n …

ウエッジはソールで変わるんです

  プロ達は、ウエッジをいろいろ削ったりしているそうですアマもお助けクラブ的に利用できるなら、やってみたい気はします。操作性を求めるなら多面ソールですプロが好んで使うウェッジの多くは、ソール …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス