寄せワンアプローチ

アプローチ技 ② 9番アイアンのトウで打つ

投稿日:2020年2月4日 更新日:


アプローチで距離も短いし、グリーン上のラインもストレートで昇り、カップインまでありそうなので、パットで狙いたいのだがラフでパターは使えない。

SW,AWなどを使う場合が多いと思います、しかしバウンドさせたボールはなかなか、カップインまでは難しい。

アプローチでチップインを狙うには、出来るだけ早く直接グリーンにボールを落として、必要以上にボールを高く上げないようにします。

9番かPWのトウで打つ方法です。

 


クラブの先端はスコアラインが入っていませんから、スピンは一切かかりません、。

単なるボールと金属板の接触ですので回転のないストレートな球筋になります。

グリップはパッティンググリップを使う(クラブは短めに握ります)
そして、いつもよりも(グリップを変えた分だけ)ボールに近く立ちます

-寄せワンアプローチ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】アプローチのコツは 12

このアプローチのコツは、12の法則と呼ばれるもので アメリカのティーチング業界では有名な法則なのだそうです アプローチにおけるキャリーとランの比率から、クラブを選択する法則です 例えば、9番アイアンで …

アプローチ技 ③ 5番アイアンでストレートに狙う

  難しいクラブは使わない   アプローチはウエッジという感覚があって、サンドウエッジやアプローチウエッジを使いたくなると思いますが、   そういうときは決まってショート …

上手い人はひじでクラブが上がることを知っている

    アプローチで失敗している原因の一つに、腕が邪魔している場合があります。 「腕が邪魔しているって、腕を使わなければ打てないじゃないか」 グリーン周りのラフからの、5ヤードの普 …

ウエッジはソールで変わるんです

  プロ達は、ウエッジをいろいろ削ったりしているそうですアマもお助けクラブ的に利用できるなら、やってみたい気はします。操作性を求めるなら多面ソールですプロが好んで使うウェッジの多くは、ソール …

アプローチが苦手な人は、ハンドファーストをやめればよい

アプローチが苦手な人は、大概ハンドファーストで構えています。 その理由は、アイアンショットをおぼえる時、ハンドファーストをいやというほど、言われていますから、アイアンを持てばハンドファーストに構えてし …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス