ショットメーカーの技

インパクトの左わきに意味がある

投稿日:


 

 

 

 

このようなインパクトよく見かけませんか、それがトッププロに多いんです。

結論から言えば、インサイドに引き、左脇を締め挙げるスウィングです。

スライスを打っていた人が、それを直そうとして修正するのが、

インサイド・アウトのスウィングです。

 

 

「インサイド・アウト」は、スライス防止のためにゴルフ入門者が必ず教わる文句であり、別に珍しいものではありません。

しかし、長年飛行線後方にストレートに引くバックスウィングをして、大体においてまっすぐ打てていた人には目新しいもだったかもしれません。

 

 

飛行線にスクウェアに(ストレートに)引くバックスウィンだと、

トップで左肩突端がボールを指す位置で止まるので、ダウンスウィング開始と同時にすぐさま左方に戻り易い。

 

本当は下半身(膝・脚腰)主導でダウンスウィングを開始すべきなのに、ダウンスウィングのためにスタンバイ状態である左肩は、下半身の動きを待たずに独走して上半身で打ちに行き易いのです、手打ちになりやすいといえます。

 

 

これはアウトサイド・インの軌道でインサイドに引っ張り込み易くなり、インパクト時のクラブフェースの角度次第でスライスになったりプルになったりします。

 

ところが、バックスウィングを(両手が右足の甲の真上を通過するように)インサイドに引くと、先ず左肩が鼻の左横に壁のように立ち塞がり、右肘が身体の近くに位置するのでダウンスウィングで右肘は、右脇腹にくっつくように近づいてきます。

 

 

 

練習魔で有名だったBen Hogan(ベン・ホーガン)のセーターは、この右肘が当たるため常に擦り切れていたそうです。

 

ですから、この右肘の軌道は理想的と云えると思います。

 

さて、左肩です。これを昔は“壁”と呼んでいました、今ではこの言葉はあまり使われていません。

 

 

左肩そのものを壁と考えると、それ以上ターゲット方向へは動かせない、だから上げるしかない…という風に考えます。

 

これは「左脇を締め挙げているように見えます。

インパクト直前に写真①の赤矢印のように左肩を挙げ、インパクト後②青矢印のように後方に引くというメソッドです。

 

この手法は正確さと飛距離の双方に貢献するものです。

LPGAプロミンジー・リーのインパクトです。

 

 

腰は先行して45°程度左に廻っていますが、左肩は廻るのではなく上がっています。

左脇はぴっちり締められていて、隙間はゼロ。

《インサイドに引き、左脇を締め挙げる》スウィングは、正確なショット
コントロールに必須なものなのです。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

下半身から動き出し、捻転差を感じる方法

飛距離を出すには、様々なテクニックがありますが、その一つはやはりロングヒッターに多く共通して見られる、強い捻転を生み出す下半身リードの切返しでしょう。 下半身リードで捻転差を生み出す事が出来ていれば、 …

どうして脇をしめるのですか?

ホームランの世界記録を持つ王貞治選手が現役時代テレビでこんなことを言っていました。   脇が開いていると衝撃に弱いので、バットの芯で捉えても 相手のボールの勢いに負けやすいのです。 でも脇が …

アドレスではどこに力が入っていますか?

    コンペの朝、1番ホールのスタートです、皆さん、力が入り過ぎだなあ…」と思いませんか? 大切な「力の入れどころ」が間違っているようです。 あなたはアドレスで、どこに力を入れて …

いいトップはシンプルなバックスイングの結果です

      バックスイングのイメージは、腕や手を使わないというイメージです。 バックスイングでは、股関節や腰、上半身の捻りを使うことで、意図的に腕を動かしてやるイメージで …

コックを増やせば、ヘッドスピードも上がる

    ボールを、さらに強く正確に打とうと思うなら、可能な限り長く手首のコックをキープしなければならない。 ヘッドスピードを上げるには、レイトヒットとミート率を上げなければならない …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス