寄せワンアプローチ

ウエッジの魔術 USGA人気インストラクターのウェッジコントロール

投稿日:


多くのゴルファーが両手を使いすぎる、グリップは硬いし空中にあげようと必死になります。

両手はクラブより先行するが小手先で何かしようとせず、クラブヘッドの働きを信じるべきである。

クラブは軽く握る

クラブは、適切な距離へ相応のスピンでボールを運ぶようにできている。

クラブはアドレスから軽く握って、スイングの最後まで維持すべきである。

クラブのトウが空を向いている

 

両手を使いすぎていないかどうかをチェック方法は、

フォロースルーの途中でクラブのトウが空を向いていれば、両手はソフトに使われていてヘッドが自然に回転する理想的状態である。

クラブのトウがターゲットの右を差していれば、両手はかたすぎて、インパクトを通じて妨害する原因となる。

 

ショートアイアンではフルスゥィングでもソフトに振るべきだが、ウェッジは正反対である。

あなたの最高のエッジの範囲が50から90ヤードで今45ヤードのショットが必要な場面だと仮定しよう

 

 

スイングをソフトにしてはいけない、短い距離ではバックスイングを短くししっかりと加速すること、ソフトに打ってしまうと加速が足りず距離のコントロールとジャストミートができないショットになる恐れがある、またバックスピンもかからない。

腕によるスイングとボディターンを省略することにより、バックスイングを短くして、ゆっくりとバックスイングすれば体の各部も正しく動く、そしてボールめがけて攻撃的に振り抜く。

 

もう一つ距離を短く打つ方法はアドレスでクラブフェースをオープンにすることだ。

 

グリップする前にフェイスを回転させてオープンにすればそれはロフトを増やしたことになる、ルスウィングしてもボールは高く上がり、遠くへは飛ばない。

 

ボールがスライス回転で、右へ飛び出すような心配をしないように、ウェッジではボールはスイングパスの方向に飛ぶものでありクラブフェースの方向に飛ぶわけではない。

 

 

バックスイングの長さが距離を決定するが、ボールをソリッドに打とうとしているときにバックスイングの長さを調整するのはなかなか大変である。

 

バックスイングを短くしたい場合には、フォロースルーの長さを短くする。

 

鏡に移った像のように、呼応するからである。

 

そして、フォロースルーの長さを短縮すると間違いなく、クラブは加速されバックスピンを生じる。

バックスピン

ボールを急速に止めるにはボールを、スタンス後方中心からやや右に置く

ボールの後部めがけて鋭く振り下ろすだけでなく、ダウンスイングで頭を岩のように制止させる必要がある。

 

アマはボールをはるか左に置き、すくい上げる様に打つ

これではスピンはかからない、鍵はボールの背後の芝にタッチせずいかにボールをクリーンに打つかどうかにかかっている。

 

 

-寄せワンアプローチ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アプローチ技 ② 9番アイアンのトウで打つ

アプローチで距離も短いし、グリーン上のラインもストレートで昇り、カップインまでありそうなので、パットで狙いたいのだがラフでパターは使えない。 SW,AWなどを使う場合が多いと思います、しかしバウンドさ …

上手い人はひじでクラブが上がることを知っている

    アプローチで失敗している原因の一つに、腕が邪魔している場合があります。 「腕が邪魔しているって、腕を使わなければ打てないじゃないか」 グリーン周りのラフからの、5ヤードの普 …

アプローチが苦手な人は、ハンドファーストをやめればよい

アプローチが苦手な人は、大概ハンドファーストで構えています。 その理由は、アイアンショットをおぼえる時、ハンドファーストをいやというほど、言われていますから、アイアンを持てばハンドファーストに構えてし …

アプローチ技 ① 下りの短いアプローチをスピンをかけて止める

セカンドショットがグリーンを外れてラフにとまった。 パターは使えそうにない、しかも下りのラインでピンまで5ヤード、なんとかボールを止めたい。 セカンドショットを、グリーンの奥に外したような場合よく出く …

アプローチでバックスピンをかけ、ワンバウンドで止める

プロたちのアプローチで魅力的なのは、ピンの横に落ちてワンバウンドで停止するショットです 誰しもができれば真似したいと思っているはずです バックスピンまでは,いらないのですが、ピッチショットをした時、ワ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス