寄せワンアプローチ

ウエッジの魔術 USGA人気インストラクターのウェッジコントロール

投稿日:


多くのゴルファーが両手を使いすぎる、グリップは硬いし空中にあげようと必死になります。

両手はクラブより先行するが小手先で何かしようとせず、クラブヘッドの働きを信じるべきである。

クラブは軽く握る

クラブは、適切な距離へ相応のスピンでボールを運ぶようにできている。

クラブはアドレスから軽く握って、スイングの最後まで維持すべきである。

クラブのトウが空を向いている

 

両手を使いすぎていないかどうかをチェック方法は、

フォロースルーの途中でクラブのトウが空を向いていれば、両手はソフトに使われていてヘッドが自然に回転する理想的状態である。

クラブのトウがターゲットの右を差していれば、両手はかたすぎて、インパクトを通じて妨害する原因となる。

 

ショートアイアンではフルスゥィングでもソフトに振るべきだが、ウェッジは正反対である。

あなたの最高のエッジの範囲が50から90ヤードで今45ヤードのショットが必要な場面だと仮定しよう

 

 

スイングをソフトにしてはいけない、短い距離ではバックスイングを短くししっかりと加速すること、ソフトに打ってしまうと加速が足りず距離のコントロールとジャストミートができないショットになる恐れがある、またバックスピンもかからない。

腕によるスイングとボディターンを省略することにより、バックスイングを短くして、ゆっくりとバックスイングすれば体の各部も正しく動く、そしてボールめがけて攻撃的に振り抜く。

 

もう一つ距離を短く打つ方法はアドレスでクラブフェースをオープンにすることだ。

 

グリップする前にフェイスを回転させてオープンにすればそれはロフトを増やしたことになる、ルスウィングしてもボールは高く上がり、遠くへは飛ばない。

 

ボールがスライス回転で、右へ飛び出すような心配をしないように、ウェッジではボールはスイングパスの方向に飛ぶものでありクラブフェースの方向に飛ぶわけではない。

 

 

バックスイングの長さが距離を決定するが、ボールをソリッドに打とうとしているときにバックスイングの長さを調整するのはなかなか大変である。

 

バックスイングを短くしたい場合には、フォロースルーの長さを短くする。

 

鏡に移った像のように、呼応するからである。

 

そして、フォロースルーの長さを短縮すると間違いなく、クラブは加速されバックスピンを生じる。

バックスピン

ボールを急速に止めるにはボールを、スタンス後方中心からやや右に置く

ボールの後部めがけて鋭く振り下ろすだけでなく、ダウンスイングで頭を岩のように制止させる必要がある。

 

アマはボールをはるか左に置き、すくい上げる様に打つ

これではスピンはかからない、鍵はボールの背後の芝にタッチせずいかにボールをクリーンに打つかどうかにかかっている。

 

 

-寄せワンアプローチ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高度な技!アプローチでスピンをかけて止める

    アプローチでは、低い球でランニングで寄せていくのがアベレージゴルファーには安全確実ですが、砲台グリーンで、グリン面の傾斜がきついような場合は、スピンをかけて止めたい。 &n …

アプローチでバックスピンをかけ、ワンバウンドで止める

プロたちのアプローチで魅力的なのは、ピンの横に落ちてワンバウンドで停止するショットです 誰しもができれば真似したいと思っているはずです バックスピンまでは,いらないのですが、ピッチショットをした時、ワ …

ウエッジはソールで変わるんです

  プロ達は、ウエッジをいろいろ削ったりしているそうですアマもお助けクラブ的に利用できるなら、やってみたい気はします。操作性を求めるなら多面ソールですプロが好んで使うウェッジの多くは、ソール …

【ゴルフの裏ワザ】アプローチのコツは 12

このアプローチのコツは、12の法則と呼ばれるもので アメリカのティーチング業界では有名な法則なのだそうです アプローチにおけるキャリーとランの比率から、クラブを選択する法則です 例えば、9番アイアンで …

バックスピンをかける

      プロたちのピンにするすると寄っていく、バックスピンは魅力的です。 誰しもができれば真似したいと思っているはずです。   アベレージゴルファーが、トミ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス