ショットメーカーの技

コックを最後の最後まで解かない方法

投稿日:2020年8月11日 更新日:


 

 

 

米国のプロがやっている方法です。

3番ウッドを使います、ボールをティーアップしアドレスする。

トップまで行き、いつもの2分の1の速度かそれより遅い速度で腰がボールを通過するまでダウンスイングする、

この際、手は肩とクラブとワンピースで、一体となって動くように。

クラブがボールに到達する前で動きを止める。

手がボールの位置に達するまで手首のコックを保持する。

ロックされたままの手が、ボールを通過してもクラブヘッドはまだボールの6インチ手前であるように努力する。

 

 

このボールを打つ、直前で止める練習を繰り返す。

次第に少しずつスピードアップするが、ボールを打たないようにクラブをコントロールすること。

最後にもっとスピードアップし、コックを保持する努力は継続しながら今度は動きを止め
ずになるがままにボールを打つ。

これがレイトヒットを会得するコツである。

 

 

ロックしたまま解かないと、とんでもなく右のほうへ打ってしまうような恐怖感を持ち
ますが、実際には遠心力の作用で自然にコックは解かれてしまいます。

この方法はあまりにも早く遠心力に降参するのではなく、最後の最後まで遠心力に抵抗するクセを身つける練習法と言えます。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

絶体にヘッドアップしない方法

    レッスンでは頭を動かすなとか、ミスの原因はヘッドアップとか とかく頭が動きすぎたことが原因で、ミスと言われるケースが多い。   しかしやっかいなのは本人に、自覚があまりない …

これをやればゴルフの面白さがわかる

バンスを使ってヘッドを滑らせることができる人は、ゴルフのうまい人です。 ゴルフもボールと遊べればもっと楽しくなるはずです 子供のころからゴルフをやっていた人は、ボール遊びをたくさんやっていたから、上手 …

米国のインストラクターが言う軽く振って飛ぶ麻薬とは

  軽く振って飛ぶ麻薬 米国のインストラクターが言う軽く振って飛ぶ麻薬とは それはなんでもないホール、まるで各駅電車の通過駅のようななんでもないホールで起こります。 振った意識もないほど軽く …

ドライバーをゆっくり上げるのは、もうそろそろやめたほうがいい

少しゴルフがわかってくると、ボールを飛ばすのは腕力ではなくシャフトのしなりだということを理解するようになります。 軽く振ったのに飛んでいるとか、腕に力が入りすぎてスイングスピードが落ちたとかを感じるよ …

どうして脇をしめるのですか?

ホームランの世界記録を持つ王貞治選手が現役時代テレビでこんなことを言っていました。   脇が開いていると衝撃に弱いので、バットの芯で捉えても 相手のボールの勢いに負けやすいのです。 でも脇が …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス