これぞ裏技

コックを解くのを遅らせる

投稿日:2020年6月13日 更新日:


 

 

 

 

 

インパクトの直前まで、コックを解くなとはよく言われる言葉であるが、
しかしどの位置でコックが解け始めているのか、そして解けないようにするにはどうしたらよいのか。

スイングが早すぎていまいち実感できないのです、それではコックを解かなかったらどうなるのか。

3時から9時までのハーフスイングをします、3時の時コックをつくりそこからスイングして9時で留めます。

 

あとはこのスイングを素早く繰り返すとコックを解かないでスイングしていることになります。

解かなければボールには当たらないので空振りとなりました。

 

次に練習の時にクロスハンド、つまり左手と右手を入れ替えてグリップ、
素振りすると、コックを解くことが遅れ、しかもリストを使わずにスイングできることになり完成されたスイング作りに役立つといわれています。

プロが勧めるこんな方法ならやれそうです。

 

ジェイソンデイのスイングはオーソドックスでアマチュアのお手本になるが是非ともマネしてみたいのがインパクトの迎え方だ。

デーに限らず世界の一流プロはアイアンはもちろんのこと、ドライバーを手にした時もハンドファースト気味の状態で、インタクトを迎えている。

 

アイアンのハンドファーストは気をつけていたが、ドライバーのハンドファーストは意識していなかった。

確かに多くのゴルファーはインパクトでハンドファーストになっていないし、手首のコックも解けている。

手元よりもヘッドが前に出た状態でボールをヒットしている。

インパクトで、ヘッドが走るのを見ようと思っているのは勘違いだ。

ドライバーもアイアンもインパクトで手首のコックを解かない方がヘッドが
走る、理由はインパクトゾーンで手首のコックを解かない方がシャフトのしなり戻りを一瞬で強く発生させることができるからだ。

手首のコックをキープしダウンスイング後半で、手元の動きにブレーキをかけると減速する。

ブレーキをかけた反動で、シャフトはグイグイっと鋭くしなり戻ってヘッドが走る、車の運転で急ブレーキを踏むとその反動で頭がフロントガラスに近づくはずこれと同じことが発生するのである。

インパクトゾーンでは、ヘッドを走らせることが大事だがヘッドを走らせようとしないほうが、手首のコックをキープした方がヘッドは走る。

インパクトの直前でヘッドを寸止するわけです。

 

寸止め練習をするとシャフトのしなり戻りでヘッドが鋭く走るのを体感できる

ハンドファーストならスライサーは得意です、いつもドライバーヘッドは手追い越していない

インパクト後一瞬で手を追い越させるのはいいが、ヒッカケが怖い

-これぞ裏技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】ダウンスイングで絶体が開かないようにする

  ゴルファーにとって、大きな問題は体が開いてしまうということです インパクトで体が開かなければ球が捕まるのですが、これがなかなか難しくアベレージゴルファーを、アベレージのままにとどまらせて …

【ゴルフの裏ワザ】プロのレイト・ヒットをマネてみる

      レイトヒットでヘッドスピードが上がります   ダウンで右肘が先に降りるのは、いわゆるレイトヒットです   ダウンスイングの開始では肩を回す …

【ゴルフの裏ワザ】腰が回る簡単な方法がある

腰が回っていないなどとよく言われます。 正しく体重移動ができないので、トップで右サイドにしっかり体重をのせられず、パワーがたまらないとか、 コックが早くほどけてしまい、インパクトでフェースが開いてしま …

コツはクラブをインサイドから下ろすとうまくいく

スライスを防いでボールをつかまえるには、クラブをインサイドから下ろすのがコツ……そんな話はよく耳にする。しかし、いざインサイドからクラブを下ろそうと頑張って振っても、なかなかうまくはいかないものだ。 …

スライスをさせないで、強いストレートボールを打つには…。

左手甲をボールに向けながらダウンスウィング 真っすぐ飛ばそうとして、インパクトでフェース面を真っすぐ当てようとしているが、それでもフェースは開いてしまいます。   理由は2つ、。 1つ目はゴ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス