これぞ裏技

コツはクラブをインサイドから下ろすとうまくいく

投稿日:2020年3月8日 更新日:


スライスを防いでボールをつかまえるには、クラブをインサイドから下ろすのがコツ……そんな話はよく耳にする。しかし、いざインサイドからクラブを下ろそうと頑張って振っても、なかなかうまくはいかないものだ。

 

バックスウィングに問題がある

一つ目は、「いきなりインサイドにクラブを引いてしまうと、多くの場合、手元が浮いたり、左わきが開いたりします。これがミスの原因なんです」

左わきが開くと、腕には自分から見て時計回りのねじれが生じ、ダウンではその反動で反時計回りのねじれが生じることで、インサイドから下ろすどころか、むしろアウトサイドからおろすしかなくなってしまいます。

 

 

また、手元が浮くとクラブは正しい軌道から外れ、スウィング中にそれを修正するのは至難の業です。

左わきが開かないように、閉じておく方法があります。

 

 

それは、アドレスで腕の力こぶを内側ではなく、空に向けておくことです。

 

上がりにくいと感じるかもしれませんが、腕を内旋させ方法なんです。

ベンホーガンのダウンザ.フェアウエーに載っている有名なあの画像です。

 

腕と肩だけの動作では、上手くいかなくても腕のローリング、すなわち内旋と外旋を加えるとかなり上手くやれます。

二つ目は、バックスイングを真っすぐ上げようとして、クラブを高く上げます、縦ぶりにしたくなるんですね。

 

当然、左脇の締めが甘くなり、左脇が開いてカット軌道で振り下ろしてきてしまいます。

 

まっすぐ引いて、真っすぐ出せば、まっすぐ飛ぶ、そしてスイングを大きく高くすれば飛ぶとの誤解なんですね。

 

それよりも、体の正面で捉えて、体の回転と腕の振りを同調させ、ミート率を上げるほうが重要です。

まともに当たらなければ、飛ばないし、スライスします。

左脇を開けないようにバックスイングするには、左腕主導で左肘を真下に向けたまま、胸のラインに沿って巻き付けるように挙げるのが正しいのです。

 

このラインに上がるようになればインサイドアタックができるようになりボールも捕まるようになります。

意識的には胸よりもっとした、みぞおちのラインに沿ってあげる必要があります。

 

このくらいにしないと体の左側が開いてアウトサイドからクラブが降りてきてしまいます。

そして、「トップでフェース面は空を向くのが正解。

 

トップからの切り返しでは、右ひじを真下に落とすイメージで、シャフトを後ろに倒し、背中側からクラブを下ろしてきます」

左脇が開いてしまうのは力強く下ろすのを優先するあまり体の左を開けて引っ張り下ろそうとするからです。

右手のひらを上に向けたまま、体の回転でダウンスウィングできていればOK

スライスはアウトサイドイン軌道ですが、フェードはインサイドイン。

インパクトでフェースが少しオープンならフェード、スクェアか少しクローズならドローになります。

-これぞ裏技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

下半身始動のシグナルが出てからダウンスイングを開始する

    下半身始動の大切さは分かるのですが、それを意識しすぎると振り遅れてしまいます。 まずは、下半身始動を体感してみます。 左足と右足の体重移動を足踏みで、大げさにやります。 & …

スライスをさせないで、強いストレートボールを打つには…。

左手甲をボールに向けながらダウンスウィング 真っすぐ飛ばそうとして、インパクトでフェース面を真っすぐ当てようとしているが、それでもフェースは開いてしまいます。   理由は2つ、。 1つ目はゴ …

【ゴルフの裏ワザ】プロのレイト・ヒットをマネてみる

      レイトヒットでヘッドスピードが上がります   ダウンで右肘が先に降りるのは、いわゆるレイトヒットです   ダウンスイングの開始では肩を回す …

【ゴルフの裏ワザ】腰が回る簡単な方法がある

腰が回っていないなどとよく言われます。 正しく体重移動ができないので、トップで右サイドにしっかり体重をのせられず、パワーがたまらないとか、 コックが早くほどけてしまい、インパクトでフェースが開いてしま …

【ゴルフの裏ワザ】ダウンスイングで絶体が開かないようにする

  ゴルファーにとって、大きな問題は体が開いてしまうということです インパクトで体が開かなければ球が捕まるのですが、これがなかなか難しくアベレージゴルファーを、アベレージのままにとどまらせて …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス