新製品

ゴルフクラブ2020新製品の発表が今年もやってきた

投稿日:


SIMとMAVRIKには意外な共通点があった

2020年の幕開けとともに相次いで発表された、テーラーメイド「SIM」シリーズとキャロウェイ「マーベリック」シリーズ。

「SIM」がブルー、「マーベリック」がオレンジと、。イメージカラーは対照的ながら、。意外な共通点が見られました。

ここ数年のドライバー、特に海外ブランドのドライバーはヘッド後方が。低く下がったシャローバックが当たりでした。

シャローバックにすることで「重心を深く」かつ「重心を低く」することが可能になるからです。

シャローバックを意図的にやめ、ハイバック形状になっています。

これまでの常識を否定するともいえるデザインを採用しているわけです。

それを、偶然の一致かどうかわかりませんが、両社とも採用しているわけです。

空気力学的、そして慣性モーメントを上げるにはハイバックが有利だそうですが、ただしハイバックにすると重心が上がるのでスピン量が増えてマイナス要因になるのだが、…。

SIMはツノのような突起物がソールに配置されており、これはかなり目立ちます

空力力学、そして慣性モーメントを上げるためにあえてハイバックを採用しているとアピールしています。

そして、形状的にはハイバックだと重心が上がるので、それを下げるために、ソールに配置した突起物で重心を下げスピン量が減る設計がなされているそうです。

「型破りな」という意味を持つ
マーベリックはシンプルなデザイン。重量ネジが配されていますが稼働式ではなく、埋め込みタイプになっています


マーベリックもSIMほどではありませんが、空気力学的にはシャローバックよりもハイバックにした方が有利との理由から、ハイバック形状が採用されています。

そして、両モデルとも、テーラーメイドの「ツイストフェース」、キャロウェイの「フラッシュフェース」、どちらも従来モデルを支えてきたテクノロジーをしっかり残しつつ、新シリーズへと進化させています。

-新製品
-,

執筆者:


  1. アバター sEvenbites より:

    I am sure this article has touched all the internet users, its really really good
    post on building up new website.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス