未分類

シャフトのしなりが感じられない

投稿日:


 

 

 

ショートアイアンはそうでもないのに、ドライバーになると腕に力が入って上半身で打っているのがよくわかる。

ゴルフの翌日、決まって痛むのが背中から上半身です。

下半身の使い方が、まだ足りないのかもしれない、または上半身だけで打っているのかもしれない。

そういえば、シャフトのしなりをほとんど感じていなかったのです。

釣り竿でおもりを飛ばすとき、手元のテコを利用して、遠くに飛ばす、釣り竿のロッドのしならせ方を、ゴルフでは全く実感していませんでした。

 

スイング全体が硬く見える場合は、手首もロックされたように固く見えます。

この手首を少しリラックスした状態で使えれば、釣り竿のロッドをしならせるような使い方ができます。

 

シャフトがSかRか確かめる時、ワッグルをしますが、手首には力が入っていません、力を込めてしまうとSもRもその差を感じ取ることができないからです。

 

 

手首を緩い状態にして、ドライバーのヘッドだけを左右に振れば、SとRの差を感じ取れると思います。。

 

 

ドライバーがトップの位置に来たら、手首の緊張感をとってあげる、特に左手の張りを少し緩めれば、ドライバーヘッドが下りてくる時、しなりを感じますからヘッドを押し込むように走らせることができます。

ゴルフのスイングにおいて、シャフトは4回しなる。テイクバックで左に、トップにかけてその逆に、ダウンスイングからインパクトでは右にしなっていたシャフトが腰のあたりから左にしなり戻る。インパクトは左にしなった状態でボールをとらえたあと、フォローでしなり戻る。この4つのしなりがあると言われています。

ダウンスイングからインパクトにかけて、横のしなりと縦のしなりを同時に発生させる「斜めしなり」が、最も効率的にボールを飛ばすシャフトの使い方であり、インパクト時には左へしならせつつ、下へもしならせる。

斜めしなりとは、ダウンスイングで手元を真下に振り下ろす、縦のしなりと、左腕の外旋(スピネーション)で作る横のしなり。これを同時に行うことが斜めしなりです。

手首だけで、しなりを最大限に利用できるわけではありませんが、一つの要素です。

 


トップで手首のハリを緩めた時の状態は、ドライバーヘッドが軽く上下に動くこと、誰かに引っ張られたら、抜けてしまう程度のグリップの強さにしておくことです。

グリップを緩める感覚とは違います、緩んだグリップは逆にしなりがなくなってしまいますから、その辺は負荷のかかり方で判断します。

フェースの芯にボールが当たらないと、HSのムダ使いで終わってしまいます。

フェースの芯で確実にボールを捉えるには、シャフトのしなりを活かしてスウィングすることがポイントになります。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏ワザ】絶対に体が開かない方法

  バンプ   プロたちのインパクトでは、ボールをつぶすような、そして叩きつけるような、そんなパワフルな、アクションがありますが、あの瞬間はどこから来ているのでしょうか。 それは、 …

ワンパットの確度を上げたいなら、アプローチはSWよりもPWを選ぶ

    ゴルフはクラブで変わることを十分経験してきたはずだ。 その証拠に、ドライバーは何度も変えてきている。     ウエッジについても同様です、プロが寄せをS …

70台で回わる人の流儀

  シングルプレイヤー 70台で回ることはだれとでも恥ずかしくなくプレーできることを意味し、もっと重要なことは誰もがあなたとプレーしたいと思うようになることです。 シングルゴルファーって、あ …

【ゴルフの裏技】右サイドが活躍する時

  右サイドで火を吹け 一般にはスライス防止のためか、左サイド主導で打てと言われますが 方向性のためにも飛距離のためにも右サイドで、ドカーンと攻撃することの重要性を痛感させられます。 &nb …

【ゴルフの裏ワザ】 絶体に体が開かない方法

クラブもそうなんですが、ボールがつかまらず、飛ばないのは「体の開き」も原因の一つです 思い当たるふしとしては、インストラクターから左足1本で立てとよく言われていました、体の回転をよくするためですよね …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス