キレるアイアンショット

ショットメーカーはアイアンで強い球を打つ

投稿日:2020年2月22日 更新日:


素晴らしいアイアンショットを放つプレイヤーは、ボールを見ているとわかりますがさすような球なんですね。

ボールをヒットしてから、右腕をさらに伸ばして強いボールを打っています、プロがよく言うボールを押しているわけです。

 

空手の突きの動きや野球のピッチャーで言えば、直球を投げる時の腕の使い方です、テニスでいえばフラットサーブやスライスサーブをする時の腕の使い方です。

右腕を内旋させるうでの使い方は、腕がまっすぐ前に伸びていく、目標方向にボールを飛ばすには、フェース面を目標に向けたまま動かすことだと思っている場合は、ただの振り子運動なので打ったあと、すぐにヘッドが上昇してしまう。

ゴルフクラブはシャフトの右側に重心があるので、何もしないとフェースが開きたがる特性を持っています。

そのためフェースの向きを変えずにまっすぐボールに当てようとすると、フェースが開く方向に働き、ボールをつかまえにくくなります。

さらには手首の角度が早めにほどけてしまうので、ダフったり、しゃくり打ちになるなどのミスを引き起こします。

インパクトは当たった瞬間だけとなり、長く押せないのでパワーも出ません。

 

そもそもフェイスは、ボールに当たる前は開いていて当たった後に閉じます、つまりフェースターンするわけです。

クラブに遠心力を利かせて正しくバックスイングしたところから切り返すとフェースは開きますが、その開いたフェースを閉じるのがクラブの正しい使い方です。

 

 

このときシャフトを軸にフェースを回すのがポイントで、この動作を入れることにより、クラブヘッドはボールの手前で落下せずにボールをとらえ、フェースターンしながら打ち抜くことができます。

このように、シャフトを軸にクラブヘッドが回転するとフェースがボールを押すのでインパクトゾーンが長くなり、強くて精度の高い弾道になります。

真っ直ぐ打とうとして、フェース面をまっすぐに保って、打とうとするのでは、フェースターンができません。

腕を内旋しながら伸ばすと、これだけの動きでフェースは90度以上左に向きます。

 

フェースターンができて、力を入れなくても強いボールが打てるわけです。

インパクト後、左手は手のひら側に、手首が曲がっていることになります。

アイアンは、トップから直線的に振り下ろし、右腕を内旋しながら前に突き出す動きをすればフェースターンができています。

-キレるアイアンショット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

7番アイアン何ヤード飛びますか?飛び系アイアン160Y以上ランキング

    25年前くらいから試打クラブが5番から7番に変わりました。   7番が試打クラブになれば、飛ぶ7番を作ろうとするメーカーが増えてきます。 飛ばないアイアンよりも飛 …

インパクトで体が開かなければ、余裕で球がつかまる

体が開かない方法 インパクトで体が開かなければ球がつかまるのですが、これがなかなか難しく、体が開いてしまうと、 右肩がボールに近づいてしまうのでクラブを振るスペースがなくなり、クラブヘッドはボールの手 …

フェースを少し開けば上手に打てる

プロたちは、よくフェースを少し開くと言います クラブを開いたまま打てば、ダフリやスライスの原因になりますが、少しというのはコントロールや,保険を掛ける意味があります。   アプローチでのミス …

人気アイアン!なぜそのアイアンを選ぶのか?

人気のアイアンの要素は、振りやすい、ラフなどで抜けやすい、球がつかまりやすい、ダフリにくい、飛ぶ、打感がいい又は音がいい、球が止まりやすい、などではないでしょうか。 最近、ドライバーもそうだが飛距離が …

困ったことにパー3が苦手となってきた

    チャンスホールと思われるパー3には意外にも罠が沢山あります。 ショートホールでアイアンショットするとき、ティーアップしたボールを打ちますが、ティーが高いと数ミリとは言え影響 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス