ショットメーカーの技

シングルを目指すには得意クラブを作れば最速でなれる

投稿日:


 

 

ゴルファーは好きなクラブが、必ずあるものでドライバーであったり、9番であったり、7番アイアンであったりします。

好きなクラブが、得意クラブであればこれは強い、シングル達は得意クラブを持っています。

 

好きなクラブは、多くの人が今では抜いてしまう5番アイアンというハンデ7の人がいます、

5番アイアンが好きになった理由は、これだというクラブに出会ったからだそうです。

 

そのクラブは、エポンの5番で、このクラブと出会うまでは、5番アイアンはやはり難しく打ちにくいクラブでした。

エポンの5番を手に入れてからは、まずは曲がらないこと、高さが一定なので距離が安定することでした。

 

セカンドショットが160ヤードから180ヤード残り、林や崖が見えているホールなら、楽に打てるショートウッドやUTを回避して5番アイアンで狙ったところに落とすそうです。

シングル突入、あるいは80の壁突破は得意なクラブ1本は欲しいものです。

その得意は上達する上で欠かせないものであり、いろんな打ち方を会得する近道になります。

得意クラブを作ってシングル入りをするには、努力も必要、クラブも必要、運も必要というわけです。

 

指導者に出会える運、ライバルや目標とする方に出会える運と、人にはそれぞれの出会いの運もあるのではないでしょうか。

 

ドライバー飛距離が220ヤード以内であるならばアイアン巧者を目指すべきで、ならば5番または6番アイアン。

ドライバー飛距離が250ヤード以上であるならばパターでしょう。

220ヤードから250ヤードの間ならサンドウェッジ主体のアプローチ技術か。

その理由は、220ヤード以内のドライバー飛距離ならば狙うのはグリーン中央となります。

250ヤード以上の飛距離ならばアイアンでピン狙える回数は多くなり、バーデイチャンスも増えるというもの。

 

パーオン確率が低いのは、220ヤードから250ヤードのドライバー飛距離持つ人で。

220ヤード以内よりも、250ヤード以上の方よりもパーオン確率がなぜか低くなるのです。

220ヤード以内の方よりは強引にピンを狙って行き、250ヤード以上の方よりはアイアンショットに長い距離残るが故のパーオン確率の低さだそうです。

この辺が、ゴルフの戦略の難しさなのでしょう。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

下半身から動き出し、捻転差を感じる方法

飛距離を出すには、様々なテクニックがありますが、その一つはやはりロングヒッターに多く共通して見られる、強い捻転を生み出す下半身リードの切返しでしょう。 下半身リードで捻転差を生み出す事が出来ていれば、 …

絶体にタメがほどけないようにします

手が通るスペースがなくなって、手が上に浮いてタメが消えてしまうシーンよく見かけます。 手が浮くというのは、手だけがおなかのあたりまで上がって来て、手だけで打っています。   そして腕が伸びて …

腰を切れば絶対に飛ぶ

腰を切れば、飛距離が格段にアップするのは分かっているが、速く簡単には回ってくれないのが腰です。 ゴルフの“腰を切る”とは… イメージは腰のセンターを中心にして左腰が背後に回転し、右側が前方に回転する動 …

アドレスではどこに力が入っていますか?

    コンペの朝、1番ホールのスタートです、皆さん、力が入り過ぎだなあ…」と思いませんか? 大切な「力の入れどころ」が間違っているようです。 あなたはアドレスで、どこに力を入れて …

ビハインド ザ ボールは、何度言っても言い足りないくらいだ

ビハインドザボールボールは古くから言われている 鉄則です、正確に言うと頭をボールの後ろに止めるわけですが、パワーを増加させたければ下半身をもっと活発に動かせと言われたことがあるはずだ。 しかし足と腰を …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス