ショットメーカーの技

シングルを目指すには得意クラブを作れば最速でなれる

投稿日:


 

 

ゴルファーは好きなクラブが、必ずあるものでドライバーであったり、9番であったり、7番アイアンであったりします。

好きなクラブが、得意クラブであればこれは強い、シングル達は得意クラブを持っています。

 

好きなクラブは、多くの人が今では抜いてしまう5番アイアンというハンデ7の人がいます、

5番アイアンが好きになった理由は、これだというクラブに出会ったからだそうです。

 

そのクラブは、エポンの5番で、このクラブと出会うまでは、5番アイアンはやはり難しく打ちにくいクラブでした。

エポンの5番を手に入れてからは、まずは曲がらないこと、高さが一定なので距離が安定することでした。

 

セカンドショットが160ヤードから180ヤード残り、林や崖が見えているホールなら、楽に打てるショートウッドやUTを回避して5番アイアンで狙ったところに落とすそうです。

シングル突入、あるいは80の壁突破は得意なクラブ1本は欲しいものです。

その得意は上達する上で欠かせないものであり、いろんな打ち方を会得する近道になります。

得意クラブを作ってシングル入りをするには、努力も必要、クラブも必要、運も必要というわけです。

 

指導者に出会える運、ライバルや目標とする方に出会える運と、人にはそれぞれの出会いの運もあるのではないでしょうか。

 

ドライバー飛距離が220ヤード以内であるならばアイアン巧者を目指すべきで、ならば5番または6番アイアン。

ドライバー飛距離が250ヤード以上であるならばパターでしょう。

220ヤードから250ヤードの間ならサンドウェッジ主体のアプローチ技術か。

その理由は、220ヤード以内のドライバー飛距離ならば狙うのはグリーン中央となります。

250ヤード以上の飛距離ならばアイアンでピン狙える回数は多くなり、バーデイチャンスも増えるというもの。

 

パーオン確率が低いのは、220ヤードから250ヤードのドライバー飛距離持つ人で。

220ヤード以内よりも、250ヤード以上の方よりもパーオン確率がなぜか低くなるのです。

220ヤード以内の方よりは強引にピンを狙って行き、250ヤード以上の方よりはアイアンショットに長い距離残るが故のパーオン確率の低さだそうです。

この辺が、ゴルフの戦略の難しさなのでしょう。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アドレスで体重はどこにかけるか?

    アドレスで、体重はどこにかけるのが自分に一番合っているのか、疑問に思っている人も多いと思います。 下半身を安定させるためには、足の中央、土踏まずという人もいれば、飛ばすには …

【ゴルフの裏ワザ】FWには打ち方がある

「ボールを最下点より右に置いてもダフります。 何故でしょう?」 この質問は非常に多いそうです。   ここで「アドレスでどこを見て打っていますか?」 と聞いてみますと、ほとんどの方はボールの後 …

FWはそれなりの打ち方がある

  フェアウェイウッドは払い打つものと思っていませんか ドライバーの延長線で、払い打とうとするとボールを左足寄りにセットして、低い位置からヘッドを入れようとします よね。 実はこれがミスにな …

肩を回りやすくすればヘッドスピードはもっと上がる

スイングは肩ではなく、ボデイターンだという人もいますが、バックスイングの時、左肩が顎の下に入りにくくなってきて、肩が思うように回らないと感じてきたら、回りやすいスタンスにすることもできます。 &nbs …

忘れがちなんですよね ハンドファーストなインパクト

プロや上級者に必ずできていること、それはインパクトでハンドファーストになっている事実です。 まさに、ベストゴルファーになれるかどうかの分かれ目となります。 ハンドファーストインパクトができるようになる …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス