ショットメーカーの技

スイング中左腕を真っすぐ伸ばすのをおすすめしない理由

投稿日:2020年3月6日 更新日:


プロ達のスイング写真からは綺麗に伸びた両手がいつも目に入るので、マネようとして意図的に、特に左腕を伸ばそうとしていませんか?

 

結論から言うと、彼らは腕を伸ばし切ろうとはしていないし、むしろ余裕を持とうとしていますが、ヘッドスピードが速いので伸び切ったように見えるだけです。

 

 

その辺の事情と情報を集めてみました。

野球のバッティングでも、バットを引いた時に腕に力が入っていたら打てないのと同様で、足を踏ん張って、上半身を捻じる意識を無くしてください。

 

胸から腰までをワンピースにして、腰ごと回します。足場以外は「右向け右」です。

 

「捻じる」のではなく「回す」イメージですと、確かに胸が右を向きやすくなりラクです。

 

 

左腕や左肘をバックスイング中に無理に真っ直ぐに伸ばそうとすると、左腕、もしくは腕の動きだけが独立してしまうことがあり、腕の動きと体の動きがバラバラになって飛距離が落ちてしまったり、スイングの軌道が狂ってしまうことがあります。

 

突然出る、訳の分からないチーピンは左腕真っすぐも、原因の一つだというのです。

 

ただ、プロを見てもそうですが、完全に伸ばし切っている人は殆どいませんが、左腕をくの字のように大きく曲げている人も殆どいません。

 

 

左肘ストレートを主張するゴルファー

 

スウィングのトップにおける、若干の弛緩は大きなミスの原因ではないし、そうやっているトップクラスのゴルファーも多い。

 

しかしコントロールされ正確で調和のとれたスイングにとってクラブフェースが、ボールに接する時は左腕はストレートでなくてはならない。

 

だとすればダウンスウィングの最後の最後に任せるより、
スイング中まっすぐな左腕を維持するほうが健全なように思われる。

 

 

ジャックニクラウスは、左腕を守ることは、パワーを減じてしまう怠惰な方法というだけでなく、トップでグリップを緩めてしまう。

左腕をまっすぐに。しかし硬直させないで、単純に腰と肩をターンさせる。

 

アルガイバーガーも左腕を重要視しています
バックスイングの間左腕をできるだけストレートでしかもリラックスさせる、ガチガチに硬直させてはいけない
スウィングの流動性とスピードを犠牲にするからだ。

 

 

しかし最大のスウィングワークを得るためにも腕をまっすぐにする努力は必要だ、一旦、左腕を自由にすると、すぐさま
右腕がスウィングを制圧することになり、自然にトップからうちにいって、アウトサイドインの軌道で振るという悪い結果を生じる。

 

 

左肘が多少折れても構わないゴルファーたち

 

コリーペイビンは、 私はついぞ自分の腕がどれだけ真っすぐか気にしたことがない。

 

肘のところで多少折れても問題ない、ダウンスウィングのエネルギーが、インパクトにかけて左腕をストレートにするのだから、折れててもまっすぐでも違いはない。

 

アルフレッドソン ツアープロ

 

トップでは多少腕が折れても構わない、どうせダウンスウィングでまっすぐになる。

インパクトではパワーを最大限にするため
両腕を可能な限り、体から離す事の方が重要だ。

ハーヴィピーニックコーチは生徒たちに、ヒジをリラックスさせろ、肘はスイングの中の最も重要な関節だと説いていた。

左ひじをストレートにするという試みは、たいていのゴルファーを駄目にするということだ。

 

総じて左肩をあごの下まで回し、なおかつ左腕をまっすぐというのは大変なことです。

絶対に左ひじを折ってはいけないというプレーヤーやコーチはいませんでしたが、腕をまっすぐにしようとして体を硬直させることの危険を、警告する人が多かった。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アドレスではどこに力が入っていますか?

    コンペの朝、1番ホールのスタートです、皆さん、力が入り過ぎだなあ…」と思いませんか? 大切な「力の入れどころ」が間違っているようです。 あなたはアドレスで、どこに力を入れて …

コックを増やせば、ヘッドスピードも上がる

    ボールを、さらに強く正確に打とうと思うなら、可能な限り長く手首のコックをキープしなければならない。 ヘッドスピードを上げるには、レイトヒットとミート率を上げなければならない …

米国のゴルフアカデミーが、アドレスをプロとアマで比較していました。

米国のゴルフアカデミーが、プロとアマのアドレスを比較していました。 調査した結果、アマのショットが安定しないのはショットごとにセットアップが変わってしまうせいもあるが、多くの場合セットアップそのものが …

【ゴルフの裏ワザ】タメがキッチリ出来たらもっと飛ぶ

          ダウンスイング時は、しっかりとインパクトするためにクラブヘッドに意識が行きがちですが、グリップエンドの向き次第で、ヘッドの入射角度 …

レッスンなどでよく聞かれる、クラブ落ちるイメージとは…。

クラブが落ちるとは ダウンスイングでクラブが落ちるイメージ、とはよく言われることですが実際に実践するのはどうすればいいのか。 クラブが落ちるとは、腕とクラブを一体のまま、真下に引き下ろしてくる感覚です …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス