ショットメーカーの技

タイミングを重視される方へはフォワードプレスをお勧めします

投稿日:2020年2月20日 更新日:


バックスイングを始めるときできるだけ手でクラブを上げるのではなく体感で上げていきたい、どうしてか

それは手で操作して、苦い経験をしているからだ。

フォワードプレスはほとんどのプロが行っています


アドレスに時間をかけるほど、体が硬直していってテークバックが、ぎこちなくなる。

肩、腕に力が入ってしまう。

そんな傾向のあるゴルファーには、フォワードプレスを取り入れることをお勧めしたい。

手元を飛行線方向に動かすのは岡本綾子やあの世界ナンバー1ど
ばステインジョンソンが必ずを行っています。

マキュロイは左ヒザを、始動の時動かします。

始動では左にハンドルを切りそれから右ハンドルを切るとその後の動きとつながりやすくなります。

いわゆる逆ハンドルを切るということになります
左にハンドルを切ってから切り返しで右にハンドルを入れるようにします。

こうすることでバックスイングの動作にあまりがなくなり、

いつも同じダウンスイングの動きを再現しやすくなります。

フォワードプレスで始動しますと、シャフトプレーンを基準に考えれば手元はプレーンの下に入り、クラブヘッドは上に抜ける形になります、オンプレーに乗せやすくなります。

 

ほかに代表的なフォワードプレスでは、右膝を左膝に寄せるように押し込む方法がある。

岡本綾子がやっていました。

また、アドレス状態から小さく足踏みし、左足に体重がかかったところで右足に体重を移しながらテークバックを開始する方法もある。

この方法には、静から動へのきっかけ作りだけでなく、違う利点もある。

それは、左の小指、薬指、中指の握りがしっかりすることだ。

 

さらに、ハンドファーストの状態になるので、その後のスイングで必要とされる、

手首のカーリングの格好(左手首を手のひら側に曲げ、甲を盛り上げるように使う動作)を始動時に完成させている。

 

実は、スイング中のどこかで作るより、最初に作ってしまった方が易しい。

そして、その後のスイングがシンプルにもなる。


パッティングでは、ストロークがスムーズになるだけではなく、左手首がロックされてストローク中にフェース向きがぶれにくいというメリットがある。

-ショットメーカーの技
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフの裏技】絶対に手打ちをしない方法が見つかった

絶対に手打ちをしない方法   ゴルフの解説でよく出てくる、手打ちって言葉ですが 良くないのは分かるんですが、手打ちをしない方法が なかなか見つからなかった。   そこで、米国のゴル …

ヒンジングでもっとドライバーを飛ばす

日本では、手首の動きをコックで説明することが多いですが、海外ではコックと並びヒンジングと呼ばれる手首の横動作がよく取り上げられます。 ヒンジングとは、蝶番の動きのことで、スイングにおいては、右手首を親 …

上体が突っ込むのは、これが原因だったのか……。

支点がボールの近くになればなるほど、スイングアークは短くなるので飛ばなくなります。 スイングの支点を体の後ろに持っていけば大きなスイングアークが描けます。 支点が腕のあたりにある人は腕の力で振っている …

インパクトの左わきに意味がある

        このようなインパクトよく見かけませんか、それがトッププロに多いんです。 結論から言えば、インサイドに引き、左脇を締め挙げるスウィングです。 スラ …

最近のジャック二クラウスの名言

最近、ジャックニクラウスがゴルフダイジェストで語った名言です。 『クラブを地面に付けてアドレスしたら、インパクトでクラブがその地点に戻るのは自然の理である。 言葉を替えれば、あなたはダフる準備をしてい …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス