最近のゴルフの話題

ダウンブローのボール位置をターゲット寄りにする理由

投稿日:


 

 

かつて、アニカソレンスタムが59を出した時、ダウンブローについて、こう言っていました。

 

アベレージゴルファーはティーアップされていないと、ボールを空中に上げようと努力するが、アイアンでボールを上げるにはヒットダウンしなければならない。

ダウンブローはクラブフェースで、ボールに多量のバックスピンを与える、それがボールを上げる。

ダウンブローを確実に行うにはどうすればよいか、

ボール一から始めることだ、私はミドルアイアンではスタンスの中央から1インチ約2.5センチほど、ターゲット側にボールを配置する。

 

そこがスウィング弧の最低点である、なぜほとんどのアイアンでボールを、タンス中央よりターゲット側に置くか。

長いクラブでは、大きなスイングアークで体を回転させねばならない、この動きはスウィングの最低点を前方に動かす、ボールが後方だとダウンスイングで体重を前方に移すに必要な時間が不足する。

 

スピードアップしないうちに、打ちに行かねばならないので
早期にクラブヘッドが地面を打つことになる。

これは大きなスウィングを必要としないショートアイアンでは問題ないが、5番アイアンだとクラブをリリースするための時間が必要である。

ボールをスタンス前方に移せば、ソリッドなインパクトに必要な貴重な一瞬を確保できる。

-最近のゴルフの話題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3分でアウトサイドインを直す方法

アウトサイドインでスライスが出る悩みを持っているゴルファーのなんと多いことか。 アウトサイドインにクラブが下りてくる原因の一つに、右ひざが前に出て、右肩が突っ込みクラブが右上から下りてくるのが、典型的 …

軸回転するのはこれだったんですね

    体重移動を 少なくして、ボールを打つ動作をするのは 極めて不自然と感じる人が数多くいます。 ツアープロのような 理想に近いスイングをする人達の場合、 軸回転を中心において、 …

上手い人の考え方と戦略

      他のスポーツは体力のある若い人が圧倒的に有利です。実際にゴルフでもそうですが、シニアが勝ったり、上位に来れるのもゴルフの特徴です。 70歳の人が20歳の人にグ …

80、90、100を切るこんな方法はどうですか?

  パーオンでスコアは決まる 1ラウンドで3回パーオンすれば、スコア100を切ることができます、いつも行っているゴルフ場のホールを思い浮かべてみてください。 得意なショートホールやパーファイ …

リストコックは上達へのもう一つの鍵

    コックした手首が、正しいタイミングでアンコック 、そして リストターンしリリースされて始めて 効率の良い動きをみせます。 しかし、手首のコックとかリストターンといった動きは …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス