ショットメーカーの技

ダウンブローはフラットな左手が出現すれば完成する

投稿日:2020年2月25日 更新日:


アイアンショットでは、以前ほどターフをとらなくなってきてはいるが、ダウンブローは必要な技術です。

再現性のあるダウンブローの打ち方は、いろいろと報告されていますが、自分に合ったやり方でショットするのが一番です。

 

 

「ボールの数センチほどターゲット方向を見つめながらスウィングし、その数センチほどターゲット方向でディヴォットを取る」とか、胸骨をボール位置にそろえるとかがその例ですが、いずれもスタンスを決めたうえでのやり方となります。

 

実際のコースでは、様々なアンジュレーションがあり、また
ラフでボールが見にくい場合もあります。

かって、ベンホーガンが言っていた平らな左手が一番、オーソドックスで確実な方法ではないでしょうか。

 

フラットな左手首は、「ボールを先に打ち、その後でディヴォットを取り、ボールを押し潰して、正しいスピンを掛ける
技です。

それにはクラブヘッドではなく左手首を先行させることです。


地面に対して左手首を伏せ目に打ち下ろせば、間違いなくボールを押し潰すことが出来、ボールは真っ直ぐ飛びます。

インパクト後も、左手甲を下に向け続けていきます。

 

ただし、クラブフェースを伏せ目にすることでロフトが多少減るため、通常より数ヤード距離が伸びるので要注意です。

 

これが常に実行出来れば、パーオン率が向上するのは間違いありません。

練習では、小さな巾で振り子運動をし、手首を凸型に盛り上がらせることを繰り返すといい」といわれています。

ベンホーガンは実際のコメメントで、
《トップで左手首を上に折って凹形にし(pronation)、ダウンスウィング開始と同時に左手首を凸形にする(supination)》のだそうです。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

絶体にヘッドアップしない方法

    レッスンでは頭を動かすなとか、ミスの原因はヘッドアップとか とかく頭が動きすぎたことが原因で、ミスと言われるケースが多い。   しかしやっかいなのは本人に、自覚があまりない …

【ゴルフの裏ワザ】軽く振って飛ぶショットとは…

      米国のインストラクターが言う軽く振って飛ぶ麻薬とは それは、なんでもないホール、まるで各駅電車の通過駅のような、なんでもない ホールで起こる。   …

アドレスで体重はどこにかけるか?

    アドレスで、体重はどこにかけるのが自分に一番合っているのか、疑問に思っている人も多いと思います。 下半身を安定させるためには、足の中央、土踏まずという人もいれば、飛ばすには …

【ゴルフの裏ワザ】疲れた時のミスショットにはわけがある

  ミスショットするのにはわけがある ラウンド後半はいつも疲れて、動かない下半身 曲がるのは当たり前なんですね ラウンドの後半に入ると、ティーショットが乱れてくるゴルファーが多いと思います。 …

ハンディキャップ10と20 どこが違うのか?

    ハンディキャップ20の人は、伸びしろを一番多く持っている人です、大半の練習をウエッジとショートアイアンにしたらすぐハンディキャップ10が実現します。 ハンディキャップ12か …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス