ショットメーカーの技

ダウンブローはフラットな左手が出現すれば完成する

投稿日:2020年2月25日 更新日:


アイアンショットでは、以前ほどターフをとらなくなってきてはいるが、ダウンブローは必要な技術です。

再現性のあるダウンブローの打ち方は、いろいろと報告されていますが、自分に合ったやり方でショットするのが一番です。

 

 

「ボールの数センチほどターゲット方向を見つめながらスウィングし、その数センチほどターゲット方向でディヴォットを取る」とか、胸骨をボール位置にそろえるとかがその例ですが、いずれもスタンスを決めたうえでのやり方となります。

 

実際のコースでは、様々なアンジュレーションがあり、また
ラフでボールが見にくい場合もあります。

かって、ベンホーガンが言っていた平らな左手が一番、オーソドックスで確実な方法ではないでしょうか。

 

フラットな左手首は、「ボールを先に打ち、その後でディヴォットを取り、ボールを押し潰して、正しいスピンを掛ける
技です。

それにはクラブヘッドではなく左手首を先行させることです。


地面に対して左手首を伏せ目に打ち下ろせば、間違いなくボールを押し潰すことが出来、ボールは真っ直ぐ飛びます。

インパクト後も、左手甲を下に向け続けていきます。

 

ただし、クラブフェースを伏せ目にすることでロフトが多少減るため、通常より数ヤード距離が伸びるので要注意です。

 

これが常に実行出来れば、パーオン率が向上するのは間違いありません。

練習では、小さな巾で振り子運動をし、手首を凸型に盛り上がらせることを繰り返すといい」といわれています。

ベンホーガンは実際のコメメントで、
《トップで左手首を上に折って凹形にし(pronation)、ダウンスウィング開始と同時に左手首を凸形にする(supination)》のだそうです。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タイミングを重視される方へはフォワードプレスをお勧めします

バックスイングを始めるときできるだけ手でクラブを上げるのではなく体感で上げていきたい、どうしてか それは手で操作して、苦い経験をしているからだ。 フォワードプレスはほとんどのプロが行っています アドレ …

スイング中左腕を真っすぐ伸ばすのをおすすめしない理由

プロ達のスイング写真からは綺麗に伸びた両手がいつも目に入るので、マネようとして意図的に、特に左腕を伸ばそうとしていませんか?   結論から言うと、彼らは腕を伸ばし切ろうとはしていないし、むし …

両腕が伸びたフォローがとれないとスイングプレーにのっていないかもしれない

インパクトで両手を伸ばす プロの伸ばされた両腕による長いフォローはライフル銃のようです、アマは瞬間折りたたみ式拳銃、それも短い女性用ピストルという感じです。 プロのスイングですと、彼らの打ちたい対象は …

シングルを目指すには得意クラブを作れば最速でなれる

    ゴルファーは好きなクラブが、必ずあるものでドライバーであったり、9番であったり、7番アイアンであったりします。 好きなクラブが、得意クラブであればこれは強い、シングル達は得 …

【ゴルフの裏技】絶対に手打ちをしない方法が見つかった ②

手打ちには絶対になら ない方法 米国のインストラクター ジミィ・バラードの、大きな筋肉を使うことによって、手打ちには絶対になら ない方法のトレーニングとチエック法です。   【左上腕が身体に …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス