ドライバーに自信あり

データーで見た70台でプレーするポイント

投稿日:


 

 

70台で回れることは、だれとでも恥ずかしくないプレーできることを意味し、誰もがあなたとプレーしたいと思うようになることです。

米国のUSGAが、男性のアマチュアゴルファーが79を記録した18000ラウンドを分析した。

 

ショットで絶対やってはいけないのは、OB、池ポチャ、シャンクの3つです。

つまり、ペナルティーとなるショットと、どこに行くかわからないショットです。

 

それをミスと呼びます。それ以外は言い訳をする必要はまったくありません。

250ヤードでラフよりも、200ヤードのフェアウエーのほうが、実際にはロングドライブだといえるのです。

さらに、ダウンスロープよりも平らな所に打てたショットのほうがナイスショットといえます。

次のショットを考えるとそのほうが有利だからです。

 

79を達成する方法は

たくさんのパターンがあるが、USGAは典型的なラウンドは次のように展開することを発見した。

いいラウンドは、八つのフェアウェイキープをし、たった一つだけ深刻なトラブル、深いラフとかぺナルティとなるショットを打つ。

 

8つのホールでパーオンする。

午前中のハーフなら、ショートホールを除く7ホール中4ホールでフェアウエーをキープして、9ホール中4ホールでパーオンすることになります。

50ヤード以内のパーセーブの試みに3回成功する、バンカーショットでは平均してカップから4メートルに寄せられる。

ハーフではパーオンしなかった5ホール中、1ないし2ホールで、寄せワンをする。

一度だけ3パットをし、パット総数は32である。

 

70台で回る人は、目立つようなことは何もせず、単にたくさんのエラーを犯さないだけだと言う。

このデーターから言えることは、フェアウエーキープでは、7ホール中4ホールをフェアウエーに打たねばなりませんから、キープ率約60%が必要です。

ドライバーを狙った場所、例えばバンカーの横に打てるとか風が強いとき、ふけあがりを抑えられる低い球を打てるなど
精度の高いドライバーを打てるようになること。

 

パーフォーのミドルホールで、セカンドショットを載せる技術、UTやショートウッドで180ヤードあたりの精度を上げること。

寄せワンは、ハーフで1ないし2回は成功させる、またバンカーでの失敗は絶対にしないことが必要になります。

必要なのが、同伴競技者があっと驚くショットよりも、地味にしか見えなくてもコツコツとカップに近づくように打ち続けることです。

Aクラスの人たちには、シングルが見えてきたに違いありません。

-ドライバーに自信あり

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シニアプロがやっているドライバー飛距離UP法

ゴルフはいくつになっても上達できる。それも素人ならなおさらです。伸びしろがたくさんある。 体力が低下してきて、教科書通りのスイングができなくなってきたのなら教科書は書き換えた方がいい。   …

ドライバーがまっすぐ飛ぶ方法を手に入られます ② クラブを替えてしまう

  クラブを替えてしまう アベレージゴルファーが、ハードヒッターモデルや難しいクラブを使っていたのでは、上達も遅れますし自分なりのスイングをなかなか見つけることができません。   …

【ゴルフ裏ワザ】ドライバー OBなし 上級者用パワーフェード

        ゴルファーたちはドローボールを打つ講釈は数多く聞く機会があるが   フェードボールについてはほとんどない、フェードはスライスに   極めて似通っており、スライスは疫病神のように嫌われて …

【ゴルフの裏ワザ】ドライバーを簡単に真っすぐ打つ

  ゴルフでまっすぐに飛ばすには、まずは大きな曲がりをなくすことですね   1  巻き込みフックをなくすには? ダックフックともいiいいます、巻き込みフックは、球の飛び出し方向が左 …

【ゴルフの裏ワザ】今どきのドライバーはレベルブローで楽になった

レベルブローの最大のメリットは、特別な事は何もしなくても良いということです。 最近の道具は、とても低重心化が進んでいます。 芝の上にあるボールは上から打つ必要がなくなり、ティーアップしているボールはア …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス