ドライバーに自信あり

ドライバーがまっすぐ飛ぶ方法を手に入られます ② クラブを替えてしまう

投稿日:2020年1月26日 更新日:


 

クラブを替えてしまう

アベレージゴルファーが、ハードヒッターモデルや難しいクラブを使っていたのでは、上達も遅れますし自分なりのスイングをなかなか見つけることができません。

 

スイングを変えるのは時間もかかりますし大変です、エースドライバーはそのままにしておいて、2番手を購入を検討します。

 

もしドライバーが左右に曲がる、特に球がつかまらず右に飛んでしまうようなら重心角という要素が大きな決め手になります。

クラブを水平な台の上に、置くとヘッドはシャフト軸から下ろした垂線に、重心位置がきて静止します。

 

その時垂直線とフェースが作る角度を重心角といいますが、フェース面がどれだけ傾くかという数値です。

 

クラブヘッドの重心がシャフト軸の真下に来ようとするのでフェース面が傾くのですね

ではどれくらい傾くかというと、アイアンの重心角が10度前後なの

に対してドライバーの重心角は、20から30度と言ったところで、この数値が大きいヘッドほどつかまりがいいということになります。

 

 

ということはつまり右に飛んでしまいがちな人は重心角の大きなモデルを選べばいいし、引っかかるのが嫌な人は重心角の小さなモデルを選べば良いということになります。

 

ただしカタログに重心角が表示されているとは限りませんので、その場合は自分で測るしかありませんが、シャフト部分を水平な台におけば、済む話なのでそう悩むこともありません。

 

フェイスがどれくらい傾いている彼は目視できるので捕まりを求める場合はより傾いているものを選べばいいでしょう。

 

あるいは今使っているクラブをお店に持って行って比較してもいいかもしれません。

 

今よりも大きな重心角のモデルに買い換えれば少なくとも、まらないという問題は改善するはずです

 

その時大事なのは、実際にそのクラブをコースでどう使うかですが、

インパクトでシャフトの軸線上に重心が来るようにすると重心角を生かして球をつかまえることができます。

 

インパクトでシャフト軸の延長線上に重心がくるようなイメージでフェースターンします。

もちろん球のつかまりを左右する要素は他にもありますが、重心角が最も大きく影響する要素です。

今時の460 ccの体積と45インチに近い長さのドライバーになってくると、

アドレスをしたときに、このボールのポジションに対してかなりアップライトなんです

10年前のクラブに比べると、シャフトがアップライトで縦に入ってきている

ドライバーが増えています、ということはアドレスをしたときクラブのヘッドが浮くわけです

そうすることによってドライバーの機能としてはつかまりやすくなっています、そんな大型ヘッドが今どきのドライバーの最大の特徴なんです。

 

 

-ドライバーに自信あり
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ゴルフ裏ワザ】ドライバー OBなし 上級者用パワーフェード

        ゴルファーたちはドローボールを打つ講釈は数多く聞く機会があるが   フェードボールについてはほとんどない、フェードはスライスに   極めて似通っており、スライスは疫病神のように嫌われて …

ドライバーを替えて正解でした

ドライバーがやさしくなっているのは事実なんです。 長い重心距離と深い重心深度。   この2点がいまのドライバーの最大の特徴です。 大きなスウィートエリアでミスヒットに強く、クラブもボールも低 …

シニアプロがやっているドライバー飛距離UP法

ゴルフはいくつになっても上達できる。それも素人ならなおさらです。伸びしろがたくさんある。 体力が低下してきて、教科書通りのスイングができなくなってきたのなら教科書は書き換えた方がいい。   …

ドライバーはボール手前30cmが勝負です

    バックスイングの始動は何から始めるか スイングの始動で、間違った動きをすればすべてが失敗のままで進んでいく可能性が高いから、テークバックをいかに上手くひくかが極めて重要です …

【ゴルフの裏ワザ】ドライバーを簡単に真っすぐ打つ

  ゴルフでまっすぐに飛ばすには、まずは大きな曲がりをなくすことですね   1  巻き込みフックをなくすには? ダックフックともいiいいます、巻き込みフックは、球の飛び出し方向が左 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス