ショットメーカーの技

ドライバーがまっすぐ飛ぶ方法を手に入れられます ① 王道は、ハーフスイング

投稿日:2020年1月25日 更新日:


ティーショットでドライバーをまっすぐ飛ばす

ティーショットでドライバーがまっすぐ飛べば気持ちの良いものです

距離が出ていなくてもスコアは必ず良くなります。

 

 

ドライバーは距離が一番出るクラブですから狂いだすと、OB が心配になります。

 

 

真っすぐ飛ぶようになれば安定感がグッと増します。

 

 王道はハーフスイング

 

ゴルフを5年とか10年やっていても、大概1ラウンドで1回はドライバーのOB が出る方は、ドライバーの曲がらないショットを体に覚え込ませる必要があります。

 

 

アドレスでは通常のドライバーショットのコンタクト版を作ります

 

グリップはシャフトを握るぐらい短く握ります

 

スタンスは肩幅ぐらいで、スイング幅を3時、9時程度でまずは150ヤードを打ちます。

 

出来るだけフェース面を立てるようにして、まっすぐな球を打ちます。

 

ボールは低く飛びますがストレート型の安定した球が出るはずです

安定して飛ぶようになったら180ヤードに距離を増やします。

 

 

そして200ヤードになったら成功です。

 

 

200ヤードでは寸止めショットになっていると思います

 

この寸止めがフェース面を変えない唯一の方法です。

 

 

 

ドライバーを普通にフルショットしているとティーグラウンドが右を向いていたり、打ち下ろしの狭いホールなどではアドレスの方向を間違え

大きく曲げてOB を打ってしまいがちです。

 

 

この練習をマスターすればフェイス面が変わる瞬間がわかってきますから、

曲がるリスクをかなり抑えられるので自信を持ってドライバーを打つことが出来ます。

 

 

自信を持って打てれば真っすぐ飛ぶ確率もグンと上がります

ます

-ショットメーカーの技
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

下半身から動き出し、捻転差を感じる方法

飛距離を出すには、様々なテクニックがありますが、その一つはやはりロングヒッターに多く共通して見られる、強い捻転を生み出す下半身リードの切返しでしょう。 下半身リードで捻転差を生み出す事が出来ていれば、 …

両腕が伸びたフォローがとれないとスイングプレーにのっていないかもしれない

インパクトで両手を伸ばす プロの伸ばされた両腕による長いフォローはライフル銃のようです、アマは瞬間折りたたみ式拳銃、それも短い女性用ピストルという感じです。 プロのスイングですと、彼らの打ちたい対象は …

【ゴルフの裏ワザ】体の軸を中心にコマのように鋭く回転する

      体の軸を中心にコンパクトに、その場でコマのように回れば安定したショットが打てるはずです捉えるポイントも自分に近いところでヒットするので、頭が残ってよくボールが …

忘れがちなんですよね ハンドファーストなインパクト

プロや上級者に必ずできていること、それはインパクトでハンドファーストになっている事実です。 まさに、ベストゴルファーになれるかどうかの分かれ目となります。 ハンドファーストインパクトができるようになる …

バンスを滑らせるにはコツがあった

    ウエッジでアプローチをするとき、芝の上にボールが載っていて、少し浮いている状態なら安心して打てますが、刈り込まれて極端に短い芝やベアグラウンドに近い、ライの悪いときなどは慎 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス