寄せワンアプローチ

バックスピンをかける

投稿日:


 

 

 

プロたちのピンにするすると寄っていく、バックスピンは魅力的です。

誰しもができれば真似したいと思っているはずです。

 

アベレージゴルファーが、トミーアーマーにバックスピンをかける秘訣を尋ねたら、トミー―アーマーはこういった。

こちらから聞きたいのだが、140ヤードのショットを打ったとき、ピンをオーバーするかねそれともショート?

アベレージゴルファーはほとんどショートです、じゃあどうしてバックスピンが必要なわけ?

これは耳が痛い話です、ただバックスピンまではいらないのですが、ワンバウンドぐらいで止まってほしい。

そのためには、バックスピンのかけ方が役立ちそうに思えます。

 

 

 

ショートアプローチにおいて、スピンをかける鍵は浅い角度でボールを打つことだ、そのためにはバックスイングで直ちに、前腕部をターゲットラインの内側に誘導し、次いで両脚特に右膝でダウンスイングをリードする。

このスイングプレーンは、スクエアなインパクトを可能にするので余計な調整は全く必要
ない。

 

下半身が上半身をリードする、上半身は下半身にすべてを任せて受け身でいなければならない。

 

 

注意をする点は、

1 スピンをかけようと大きいスイングをするのは間違い、これは正確さと距離のコントロールを失う

2 短いアプローチショットでは、ボール位置は両足の中間よりやや後ろであって絶対に前方ではない。

3 上半身を使うと鋭角のダウンスイングになり、ダフルかボールを裂くようなショットになりやすい。

以下は、100ヤード以内のウェッジショットでより多くのスピンとコントロールを生み出す方法である。

 

 

1 クラブを短く持つ

  ヘッドを制御する感覚が得られる

2 アドレスでまえもってインパクトの角度を両手首で作っておく、このコックを
  スウィング中保持するように。

3 クラブをインサイドに引く

4 しっかりした右膝の上にバックスイングする

  膝の柔軟性はスイング中一定に保つ

5 ボールへ向かう右膝の動きがダウンスイングをリードする

  これはインパクトでの肩の位置を水平にし、浅い角度のヒッティングを可能にする。

 

 

上半身が下半身にリードされている限り、アドレスした通りのインパクトが迎えられる

以上が、最大限にスピンを生むテクニックである、もし低い軌道がお望みならフェイスをクローズに、高い軌道が欲しければフェースを開く、うまくいくとこれは凄いです、に絡みます、うまくいかないとホームランあるいはざっくりで30センチしか動きません。

-寄せワンアプローチ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

上手い人はひじでクラブが上がることを知っている

    アプローチで失敗している原因の一つに、腕が邪魔している場合があります。 「腕が邪魔しているって、腕を使わなければ打てないじゃないか」 グリーン周りのラフからの、5ヤードの普 …

アプローチ技 ① 下りの短いアプローチをスピンをかけて止める

セカンドショットがグリーンを外れてラフにとまった。 パターは使えそうにない、しかも下りのラインでピンまで5ヤード、なんとかボールを止めたい。 セカンドショットを、グリーンの奥に外したような場合よく出く …

ウエッジはソールで変わるんです

  プロ達は、ウエッジをいろいろ削ったりしているそうですアマもお助けクラブ的に利用できるなら、やってみたい気はします。操作性を求めるなら多面ソールですプロが好んで使うウェッジの多くは、ソール …

ミドルアイアンはザックリしないのに、SWでざっくりするのはなぜ

      三つの理由があります、ダウンブロー、フェースローテーションとクラブ選びですヘッドの重みを感じながらゆっくり振れとはよく聞くことですが、アプローチでプロのマネを …

アプローチ技 ② 9番アイアンのトウで打つ

アプローチで距離も短いし、グリーン上のラインもストレートで昇り、カップインまでありそうなので、パットで狙いたいのだがラフでパターは使えない。 SW,AWなどを使う場合が多いと思います、しかしバウンドさ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス