ショットメーカーの技

ヒッカケはバックスイングが原因でした

投稿日:


 

 

 

プレーの後半、疲れてきてバックスイングがまともに上がらなくなったり、年齢とともにトップの手の位置が下がってくると言われていますから、インサイドに引きすぎたりしてヒッカケが出てしまします。

 

その時自分では意識していないのに、クラブをシャローに振ってヒッカケが出てしまう時があります。

縦にクラブを上げるのが、やりにくくなっているか腕が捻じれていないか、インサイドに引きすぎているかなどです。

原因は、クラブを後方に引くだけで、上に上がっていませんでした。

 

バックスイングの始動は、「低く真っすぐ引け」です

それを意識しすぎると、左腕が伸びてしまいインサイドに引きやすくなります、そして腕が捻じれていませんからテークバックの手の位置が低くなり、上に上がっていかなくなります。

この状態を、チェックする方法があります、アドレスでドッジボールに持ち替え、まずはまっすぐ引いてみます、そこから体の後ろではなく、頭を飛び越え飛球線方向にドッジボールを投げているかをチェックします。

ドッジボールが、右脚後方に飛んでいるのならインサイドにもアウトサイドにも上がることになります。

プロのバックスイングから、トップを見るとクラブヘッドは飛球線方向か斜め空を向いています。

ドッジドールを自分の頭越しに、飛球線方向に投げるには、腕を内旋、すなわち車なら左ハンドルを切らねばなりません。

 

右に回転するのだから、右旋回かと誤解されそうですが、左旋回のイメージです。

腕の動きを左旋回させると、股関節に体重をうまく乗せることができます。

このとき左腕が右腕の下に潜り込むような挙動が起こるが、これが「左ハンドルを切る」ということです。

逆に始動時に、右旋回させると股関節に乗らないで、どこまでも体が回ってしまいます。

しかし、その動作を行うタイミングにコツがあって、始動では左にハンドルを切り、それから右ハンドルを切ると、その後の動きとつながりやすくなります。

 

いわゆる「逆ハンドル」を切るということになりますが、なぜこの動作が必要かというと、始動から右にハンドルを切ってしまうとクラブフェースが開きすぎてしまうからです。

 

また体の捻じれもなくなってしまうため、飛距離をロスすることになってしまいます。

ですから、いったん左にハンドルを切ってトップへ行った後、切り返しから右にハンドルを入れていきます。

簡単に理解する方法は、アドレスで手首だけを動かしてフルコックします、クラブのシャフトは地面と平行で、トウは9時を指しています。

この状態のまま、手首を固定してトップまで上げます、そうすると体と腕のねじれが理解できます。

-ショットメーカーの技

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コックを増やせば、ヘッドスピードも上がる

    ボールを、さらに強く正確に打とうと思うなら、可能な限り長く手首のコックをキープしなければならない。 ヘッドスピードを上げるには、レイトヒットとミート率を上げなければならない …

ハンディキャップ10と20 どこが違うのか?

    ハンディキャップ20の人は、伸びしろを一番多く持っている人です、大半の練習をウエッジとショートアイアンにしたらすぐハンディキャップ10が実現します。 ハンディキャップ12か …

早くからフィンガーストロングにしておけばよかった、 レイトヒットはこれだ

レイトヒット   上手い人ほど、手首が動いていないように見える ボールを強く正確に打とうと思うなら、可能な限り長く手首のコックをキープしなければならない。 あなたの目指すものはレイトヒットで …

ダウンブローはフラットな左手が出現すれば完成する

アイアンショットでは、以前ほどターフをとらなくなってきてはいるが、ダウンブローは必要な技術です。 再現性のあるダウンブローの打ち方は、いろいろと報告されていますが、自分に合ったやり方でショットするのが …

これをやればゴルフの面白さがわかる

バンスを使ってヘッドを滑らせることができる人は、ゴルフのうまい人です。 ゴルフもボールと遊べればもっと楽しくなるはずです 子供のころからゴルフをやっていた人は、ボール遊びをたくさんやっていたから、上手 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス