未分類

プロのスイングでは、 バックスイングの軌道とダウンスイングの軌道が異なるのはなぜか

投稿日:


 

 

ガルシアのスイングを、分解写真で見るとバックスイングで上げた軌道とダウンスイングで降りてくる軌道は、異なります。

 

スイングプレーンを見ると、ダウンスイングの方がインから下りてきています。

 

一方、松山英樹のバックスイングではダウンスイングと軌道がほぼ重なります。

 

左への重心移動によってダウンスイングが始まりますが、切り返し直後の段階では、手元とクラブが背中側にあって視界には入ってきません。

 

この段階では、手もクラブも見えていません。見えないということは不安につながります。

このときゴルファーがどうするかというと、ゆっくりとまっていられなくなったら、早めに手元とクラブを前方に振り出そうとするので、アウトサイドからクラブが下りてきたり、アーリーリリースを併発します。

 

 

スイングプレーンをイメージすると、自分の後ろにシャフトプレーンがあって、そこにクラブが収まっている状態です。

 

切り返しの時点でクラブは視界に入りませんし、正しく下ろしてくると、手元が腰の高さに下りてきても、クラブはまだ視界には入ってきません。

シャフトが地面と水平な位置まで下りてきたときに、ようやくクラブが目に入りますが、それはまるで背中から下りてきたような感じなのです。

 

いったんこの感覚に慣れればなんてことはありませんが、どうしても早く視界に入れて安心したくなるので、右サイドが突っ込んでしまうのです。

この癖を修正するには、右手が体から離れないように引き付けることが必要になってきます。

切り返しの難しさのもう一つの点は、左右の上半身が別々の動作をしなければならないということです。

 

というのは、切り返して左重心に入っているときは、同時に体を開いていく方向に運動を発生させていますが、クラブの軌跡的にはシャフトが倒れた状態をキープしなければならず、そのためには右の上半身には開く動きを入れずに我慢しているということです。

もしも上体が開く方向に右の上半身がついていってしまったら、右肩が前に突っ込んでしまいクラブは、アウトサイドから下りてくることになります。

 

切り返しからダウンスイングにかけては、左右の上半身が同時に動くのではなく、それぞれが単独に動くことが重要になります。

それでは、左右の上半身が別々の動きをする切り返しを行うためには、どうすればいいのでしょうか?

そのひとつの答えとして有効なのが、バックスイングとダウンスイングの軌道を変えるという方法です。

具体的にはバックスイングは鋭角に上げて、ダウンスイングはフラットに下ろすということです。

つまり行きと帰りで同じスイングプレーンではなく、プレーンの角度に差をつけることにより、切り返しでシャフトを後ろに倒し、右の上半身の動きを遅らせずにはいられない状態を作ってやるということになります。

そうすれば、クラブは背中側から下りてきて、前や外に振られることはないわけです。

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レイトヒットを確認する方法

    レイトヒットはゴルフで最も難しい部分で、それだけ練習が必要ということになります、一言でいえば、両手を落とすことになるんですが、要領はダウンスウィングで右腕の内側に引き付けて …

手打ち防止の練習法と技

      下半身を軸にして、コマのようにターンして打ちたいが、 体のターンと腕が同調していないのが、手打ちです。 なおす方法は簡単ですが、一筋縄ではいきません &nbs …

【ゴルフの裏ワザ】ヘッドスピードを上げる最強の方法

      レッスンで、クラブを早く振るために、インストラクター がいつも言うことは 肩を回せ 腰を回せ、腰を切れ 腕を早く振れ 真下に落とせ、右足前でインパクトせよ こ …

【ゴルフの裏ワザ】カップを絶対に見に行かない方法

      パターのストロークを安定させるには上半身が動き過ぎないこと ですよね 他の人から、体が動いているよとか、カップを見に行ってますよとか言われたことはありませんか …

この場面では絶対に使いたいライン出し

      ピンまでの距離が短く、ショット地点のライも良いとなれば、誰もがピンに近づけたいと思うシチュエーションです。 ここで左へのヒッカケなんかが出ると、ガッカリです。 …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス