寄せワンアプローチ

ミドルアイアンはザックリしないのに、SWでざっくりするのはなぜ

投稿日:2020年3月19日 更新日:


 

 

 

三つの理由があります、ダウンブロー、フェースローテーションとクラブ選びです



ヘッドの重みを感じながらゆっくり振れとはよく聞くことですが、アプローチでプロのマネをして、ゆっくり振ることを意識しすぎるとグリーン周りでのザックリやトップが頻発しがちです。


薄い芝で苦労するアマに対し、プロはトップシーズンと同様に安定したアプローチショットを放ちます。


この差はどこから来るのでしょうか
クラブの使い方の違いで、プロはどんなライでもダフらないようにクラブを使っています。



ダフリの原因は、手前にクラブが先に落ちて、跳ねたクラブがボールの横を直接たたいて、トップするのは割と少なく、リーディングエッジが刺さったり手前にクラブが先に落ちて、キッチリコンタクトできないケースがほとんどです。




ゴルファーはこれを手でコントロールしようとします。


ミドルアイアンではダウンブロー気味に打てているのにアプローチになるとダフリが出てしまう上級者は何人もいます。




それはアイアンショットとアプローチで打ち方を変えてしまうからです。


アプローチでも、ダウンブローの縮小版ととらえ、ボールから先にコンタクトすれば、手前に落ちるリスクは避けられます。



ミドルアイアンより、余計に手を使ったり、右手と左手の使い方が変わってしまっている場合など、スイング自体がミドルアイアンとは違う打ち方をしています。



普通のショットではわかりにくいですが、片手で打つと割と簡単に理解できます。


左手にウエッジを持って、右手は左腕の上に置きます


このまま8時4時の幅で振ってみます


まーあるくゆっくり振りますと、クラブフェースがターンしてきますから、ボールを包み込むように動いて、クラブの一部がクラブの軸よりも前に出ればクラブは落ちません。



クラブの軸の後ろ側に、ヘッドがついていますから軸をしっかりしていないと、落ちよう落ちようとするわけです。




言い換えればフェースターンは、落ちないように、ダフらないようにクラブヘッドの先を回してやれば手前には落ちないというわけです。



アプローチで、SWとPWを比べてみると、はるかにPWの方がやさしくスイングできます。


それは、ある程度ロフトがたっていることと、バンスが少ないからです、なにもアプローチに難しいクラブを選ぶことはありません、AWかPWで十分距離をコントロールできます。


実際のプレイでは、AWでダウンブロー気味に構えて、フェイスがターンしてボールを包み込むように回ってくれば、ボールを拾う感じがつかめます。



-寄せワンアプローチ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バックスピンをかける

      プロたちのピンにするすると寄っていく、バックスピンは魅力的です。 誰しもができれば真似したいと思っているはずです。   アベレージゴルファーが、トミ …

【ゴルフの裏ワザ】アプローチのコツは 12

このアプローチのコツは、12の法則と呼ばれるもので アメリカのティーチング業界では有名な法則なのだそうです アプローチにおけるキャリーとランの比率から、クラブを選択する法則です 例えば、9番アイアンで …

アプローチ技 ③ 5番アイアンでストレートに狙う

  難しいクラブは使わない   アプローチはウエッジという感覚があって、サンドウエッジやアプローチウエッジを使いたくなると思いますが、   そういうときは決まってショート …

ラフからのアプローチ それって、うっかりミスです

    上級者より、アベレージゴルファーの方が上手い人がいます それは、グリーン周りのアプローチで深いラフの場合です   グリーン周りに限らず、ラフというのは沈んでいるよ …

ランニングアプローチといえども技がある

      受けグリーンで左足上がり、ピンまで20ヤード、グリーンのカラー近くのラフからの寄せです   この場合どんなよせをしたいですか ランニングアプローチシ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス