寄せワンアプローチ

ラフからのアプローチ それって、うっかりミスです

投稿日:2020年5月6日 更新日:


 

 

上級者より、アベレージゴルファーの方が上手い人がいます

それは、グリーン周りのアプローチで深いラフの場合です

 

グリーン周りに限らず、ラフというのは沈んでいるように見えて、実は浮いていることがほとんどです。

どれくらい浮いているかが判断できない点にラフの難しさがあります、

そして、ボールとフェース面の間に芝が入るため、抵抗が大きくなり、距離感が難しくなります。

 

たとえば通常の感覚で打つと、ラフからでは同じ飛距離が出ないことになってしまいます。

打ち込み厳禁です

上から鋭角に打ち込んでしまうと、フェース面の上目に当たって、最も飛ばない結果になってしまい、グリーンに届かなかったり、バンカーにつかまったりします。

また、ウエッジを開いて打ったりすると、ラフの影響を受け芝に負けて、方向が狂ったりします。

ボールの手前で入念に素振りをして、ラフの抵抗がどれくらいあるのかをしっかりチェックしたら、

 

ヘッドをある程度低く長く動かします

それには、スタンスを広めにとっておくとうまくいきます。

インパクトゾーンを長く取ることで、方向性が良くなります。

極端な言い方をすれば、上級者でもボールに当てて終わり、のスイングになっています。

アプローチだけではなく、ミドルアイアンでもフォローを長く取れば球が安定し、強い球が出ると同時にコントロールが正確にできます。

-寄せワンアプローチ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アプローチ技 ③ 5番アイアンでストレートに狙う

  難しいクラブは使わない   アプローチはウエッジという感覚があって、サンドウエッジやアプローチウエッジを使いたくなると思いますが、   そういうときは決まってショート …

アプローチが苦手な人は、ハンドファーストをやめればよい

アプローチが苦手な人は、大概ハンドファーストで構えています。 その理由は、アイアンショットをおぼえる時、ハンドファーストをいやというほど、言われていますから、アイアンを持てばハンドファーストに構えてし …

ウエッジはソールで変わるんです

  プロ達は、ウエッジをいろいろ削ったりしているそうですアマもお助けクラブ的に利用できるなら、やってみたい気はします。操作性を求めるなら多面ソールですプロが好んで使うウェッジの多くは、ソール …

ウエッジの魔術 USGA人気インストラクターのウェッジコントロール

多くのゴルファーが両手を使いすぎる、グリップは硬いし空中にあげようと必死になります。 両手はクラブより先行するが小手先で何かしようとせず、クラブヘッドの働きを信じるべきである。 クラブは軽く握る クラ …

アプローチでバックスピンをかけ、ワンバウンドで止める

プロたちのアプローチで魅力的なのは、ピンの横に落ちてワンバウンドで停止するショットです 誰しもができれば真似したいと思っているはずです バックスピンまでは,いらないのですが、ピッチショットをした時、ワ …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス