寄せワンアプローチ

ランニングアプローチといえども技がある

投稿日:


 

 

 

受けグリーンで左足上がり、ピンまで20ヤード、グリーンのカラー近くのラフからの寄せです

 

この場合どんなよせをしたいですか

ランニングアプローチショットを選択する人が多いでしょう

その場合、グリーンの硬さが大事です

 

グリーンの硬さを足の裏で調べておいて、クラブ選択します

それは、ファーストバウンドでスピードがついて早まったり、しますから

逆に、グリーンが柔らかいとなると、アプローチウェッジっていうのは、ちょっと持ちにくくなるんですね

「ショートするかもしれない」と思うわけです

 

アプローチウエッジが得意な人は、AWでやりたくなります

そして、本能的にちょっと強く打ちたくなるんです

でインパクトで力を入れちゃうんです、たまにパンチが入って思ったより、オーバーしてしまいます。

 

アプローチでのランニングの原則は、絶対にインパクトで力をいれる必要のない
道具を選ぶということです。

ですから、インパクトでグリップをきつく握ったり、腕に力が入って強く打とうとしないことです。

さらっと打ちたいんです、インパクトに力を入らない打ち方で

ダンス狭くしておいて、ボールはダブったらいけないんで右のつまの少し前あたりです。

クラブの選択は、ピッチングウェッジとか9番です

PWで距離を合わせるだけなんです

さらに、9番にするとよりパター感覚で打てますし、わざはいらない

この状況だと、1メーターには寄せたい

パターをする前にやることは、グリーンに上がって、足の裏でグリーンの固さを確かめることだけです。

-寄せワンアプローチ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高度な技!アプローチでスピンをかけて止める

    アプローチでは、低い球でランニングで寄せていくのがアベレージゴルファーには安全確実ですが、砲台グリーンで、グリン面の傾斜がきついような場合は、スピンをかけて止めたい。 &n …

上手い人はひじでクラブが上がることを知っている

    アプローチで失敗している原因の一つに、腕が邪魔している場合があります。 「腕が邪魔しているって、腕を使わなければ打てないじゃないか」 グリーン周りのラフからの、5ヤードの普 …

ウエッジはソールで変わるんです

  プロ達は、ウエッジをいろいろ削ったりしているそうですアマもお助けクラブ的に利用できるなら、やってみたい気はします。操作性を求めるなら多面ソールですプロが好んで使うウェッジの多くは、ソール …

アプローチ技 ② 9番アイアンのトウで打つ

アプローチで距離も短いし、グリーン上のラインもストレートで昇り、カップインまでありそうなので、パットで狙いたいのだがラフでパターは使えない。 SW,AWなどを使う場合が多いと思います、しかしバウンドさ …

アプローチ&バンカーはこれ一つでOK

結論的には、小さい半径で速くシャープに振ればミスが少なく、バンカーでも砂を薄くとれる。   アプローチもバンカーも同じ振り方でOKです 上りでバンカー越えグリーンは受けていて、ピンは 旗しか …

ゴルフの裏技 グーグルアドセンス